• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 産業・雇用 > 農林業 > 地域農業課 > 鳥獣害対策 > 豚コレラ経口ワクチンを接種したイノシシ肉の食品安全性について

ここから本文です。

更新日:令和2年3月25日

野生イノシシへの豚コレラ経口ワクチンは、ジビエ利用において食品安全性に問題はありません。

岐阜県や愛知県、長野県などで発生している豚コレラは、豚、イノシシの病気であり、人に感染することはなく、仮に豚コレラにかかった豚の肉や内臓を食べても人体に影響はないことが内閣府食品安全委員会から示されています。

内閣府食品安全委員会のHPはこちら(外部サイトへリンク)

県では、豚コレラウイルスへの県内への侵入を防ぐため、野生イノシシに対する経口ワクチンの散布を令和元年9月から県西部地域で行っています。

この経口ワクチンを摂取したイノシシ肉についても、安全性に影響がない(人の健康に影響を与える可能性は無視できる程度であると考えられる)ことが内閣府食品安全委員会から示されています。

内閣府食品安全委員会のHPはこちら(外部サイトへリンク)

 

お問い合わせ

経済産業部農業局地域農業課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2749

ファックス番号:054-273-1123

メール:chiikinou@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?