• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 産業・雇用 > 農林業 > 農芸振興課水田農業班 > 誉富士

ここから本文です。

更新日:平成26年9月25日

「誉富士(ほまれふじ)」

「誉富士(ほまれふじ)」とは?

  • 「誉富士」は平成10年に、「山田錦」の種籾にガンマ線を照射し、突然変異育種法によって静岡県農林技術研究所が選抜した、静岡県初のオリジナル酒造好適米品種(酒米)です。
  • 平成17年に種苗登録を申請し、平成21年3月19日に正式に品種登録が許可されました。

「誉富士の特性」

  • 静岡県では晩生品種に分類され、平坦地から準高冷地までの栽培に適します。60%精白米
  • かん長(茎長)が短く、耐倒伏性が極めて優れる。
  • 収量は一般の飯米品種より少ない。
  • 病害などに弱く、穂発芽しやすい。栽培は一般の飯米品種より難しい。
  • 米粒は飯米品種よりかなり大きく、米粒の中央にやや大きめの心白が安定して現れる。
  • 米のタンパク質含量が低く、雑味のない酒が作りやすい。
  • 端麗ではなく、ふくよかで味のある酒になりやすい。醸造方法や酒造会社によって味の差を出しやすいとともに、新酒~貯蔵酒までに対応できるため、幅広く酒を醸造できる。

注)心白とは…米粒の中央部に白く見える酒米に特徴的な組織。デンプンがしっかり詰まっていないため、麹菌や酵母菌が繁殖しやすい。

「誉富士」のお酒

「本物の静岡の地酒を作りたい!」という酒造会社の積極的な取組から、現在は県内23(平成24年度)の酒造会社で「誉富士」を用いた日本酒が醸造されています。静岡県の豊かで清らかな水、軽くさわやかな香りの「静岡酵母」そして醸造適性が高い「誉富士」からつくられた静岡づくしのお酒は、ふくらみがあってまろやかと評価され、人気上昇中です。

販売、流通、醸造及び米生産関係者を構成員とする「静岡県誉富士普及推進協議会」では、「誉富士」で醸造した地酒の消費拡大を通じて、県内の醸造とお米の生産振興を図っています。

「誉富士」を100%使用した地酒には、静岡文化芸術大学の学生がデザインしたシンボルマークが貼られています(静岡県酒造組合の商標登録)。

 

誉富士認証マーク

「誉富士」ハンドブックの発行

「誉富士」の生産振興とその地酒の消費拡大を目的に、「誉富士」ハンドブックを発行しました。下記リンク先から電子書籍で見られます。

内容:静岡の食文化、水、杜氏の紹介、誉富士を醸造する24蔵(25年産米)の紹介、寄稿、日本酒プチ講座等

「誉富士」ハンドブック(外部サイトへリンク)

平成25年度の主な消費拡大イベント

「誉富士」おもてなしセミナー(終了)

12月5日(木曜日)に静岡県ホテル旅館生活衛生同業組合女性部(女将さん会)と共催で、ホテル・旅館の女将さんを対象に、地産地消のおもてなしセミナーを開催しました。女将さん方は、「誉富士」の地酒を活かしたメニューや、お客様への「誉富士」の勧め方など、熱心に学んでいました。

日時:12月5日(木曜日)

場所:神沢川酒造場、割烹旅館西山(静岡市清水区)

講師:山本洋子氏(地域食ブランドアドバイザー)山本洋子氏ブログ(外部サイトへリンク)

内容:神沢川酒造場見学、講演テーマ「今、お客さまは純米酒志向!静岡の酒米「誉富士」の純米酒で心をつかむ」

神沢川酒造蔵見学 神沢川酒造場2 おもてなしセミナー
麹室で望月社長のお話を聞く 日本酒ができるまでを望月専務が説明 割烹旅館西山で、講師山本洋子さんの講演

 

しずカパ乾杯イベント

富士山の日(2月23日)に酒米「誉富士」を使った地酒(なければ他品種の静岡の地酒)で乾杯しましょう。イベントへの参加には登録が必要です。

詳しくは静岡県小売酒販組合連合会(外部サイトへリンク)ホームページをご覧ください。

主催:静岡県小売酒販組合連合会(電話:054-209-2010)

 

平成24年度の主な消費拡大イベント

「誉富士」の地酒で女子会(終了)

「第9回お米日本一コンテストinしずおか2012」の関連行事として、女性又は男性を同伴した女性100人を対象に開催。酒米生産者、JA、蔵元のほか地域食材を使った料理提供でNPO法人とうもんの会の御協力をいただきました。

日時:平成24年11月17日土曜日

場所:大日本報徳社大講堂(掛川市)

主催:静岡県、静岡県誉富士普及推進協議会

講師:山本洋子氏(地域食ブランドアドバイザー)

内容:田んぼの多面的機能、酒米「誉富士」の特徴等の講義、生産者、蔵元の紹介、5銘柄の試飲(地域食材のおつまみ付)等

山本氏の講義の様子

講師山本氏のわかりやすく楽しい講義

蔵元初亀醸造社長

初亀醸造の橋本社長挨拶(後ろは二宮金次郎像)

生産者、蔵元

左から焼津酒米研究会梅原会長、会員の松村氏、神沢川酒造場望月社長

会場の様子

会場の様子(舞台前で料理を、奥で地酒と仕込水の提供)

酒蔵見学と静岡地酒の魅力を学ぶ会(終了)

24年産の新酒の醸造に合わせ、酒米「誉富士」の地酒を中心とした静岡地酒の魅力を学ぶ会を実施しました。普段なかなか見ることができない仕込み中の蔵見学も好評でした。

日時:平成24年12月15日土曜日

場所:神沢川酒造場(静岡市清水区由比)、蒲原の味どころ「よし川」

主催:静岡県、静岡県誉富士普及推進協議会

講師:神田えり子氏(フリーアナウンサー、日本酒きき酒師)

内容:神沢川酒造場見学後、会場を「よし川」に移し、酒米「誉富士」についての説明、自分に合った酒の選び方、新しい飲み方等の講義、4銘柄の試飲(地域食材のおつまみ付)等

 

神沢川酒造場見学

神沢川酒造場見学の様子

講師神田えり子氏

講師の神田氏

試飲、試食の様子

「よし川」での試飲、試食の様子

誉富士応援ブログ(外部サイトへリンク)

お問い合わせ

経済産業部農業局農芸振興課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-3249

ファックス番号:054-221-1351

メール:nogei@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?