• 携帯電話向けページ
  • Other language
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • リンク集
  • サイトマップ
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > くらし・環境 > 食生活 > 農芸振興課ホームページ > ふじのくに花の都しずおか情報館ホーム > 花の都しずおか情報館/地域に広がる花のまちづくり > 花の都しずおか情報館/地域に広がる花のまちづくり/東部の花のまちづくり

ここから本文です。

更新日:平成27年6月25日

ここから本文です。

東部の花のまちづくり

 
まーく

富士宮市「芝川花そう会」

  芝川町内のボランティアグループ「芝川花そう会」は、町内花壇11箇所での花の植栽を始め、ぼかし作り講習会を開催しました。
年度始めには大型バスを貸し切って県内花壇を見て回り、会員相互の融和を図りながら、町内花壇をいかにすばらしいものにするかを考える研修会を実施しました。
また、小学生と一緒に美しい花を咲かせようと、今年度も芝川町柚野小学校近辺の花壇に、秋花の植栽を実施。子供達へ花の種類や植え方を説明し、花を通じての交流をおこなっています。
まち
   
まーく

富士宮市「富士宮花の会」

 

富士宮花の会は、花を愛好し栽培する有志で組織され、“楽しく明るい平和な住みよい社会をつくること”を目的として、昭和40年に設立されました。歴史あるこの会は、本年、静岡県花の会連合会から永年会員表彰を受けています。
主な活動は、市内各地にある12支部がそれぞれ管理している花壇を維持管理することです。年2回所有する2箇所のビニールハウスで種まきをして育てた苗を、約180名の会員がポット植え替え作業をした後、管理するそれぞれの花壇へ植え付けをおこなっています。このほか、各種イベント等の際には市域を花で飾りつけ、来客者に楽しんでもらえるよう努めています。

富士宮
   
   
このページの最初へ
 
 
まーく

東伊豆町「東伊豆町花の会」

ようこそ東伊豆町へ

画像:東伊豆町「東伊豆町花の会」
私たち東伊豆町花の会では、年に3回、町内に7カ所ある花壇や各地区のフラワーボックスに、花の苗の植え替えを行っています。町民や訪れた観光客の方々に喜んで頂けるよう、デザインも毎回工夫しています。「花を身近に感じられるまちづくり」を目指し、各支部の仲間とともに活動し、町内の美化活動にも積極的に参加しています。
このページの最初へ
 

河津町「かわづ花の会」

かわづ「河津の町を花でいっぱいにしよう!」をモットーに、地域花壇の管理を主体に活動しています。お花が好きな方、いろいろな人と交流したい方、地域の奉仕作業に興味のある方、お待ちしています。楽しみながら、一緒に河津を飾りましょう!

平成24年度活動実績

  • 年2回(5月、11月)会員への花苗配布
  • 年2回グリーンバンクの球根、種子の支給
  • 6月さくら幼稚園との花植え交流会
  • 6月ひまわりの種まき
  • 8月町内花壇コンクール
  • 12月河津桜の剪定作業
  • 3月花壇管理の講演会
このページの最初へ
 

 

沼津市「沼津市花の会」

花いっぱいの街に!!

私たち「沼津市花の会」は、平成元年7月に“ゴミを無くして花を”のキャッチフレーズのもと、「沼津の街を花いっぱいにと考える方、花いっぱい活動に参加出来る方」と呼びかけ、ボランティアとしての会を発足させていただきました。
人の大勢集まる場所、人通りの多い道路沿いに、一年を通して花の植え替え、手入れ等を行っております。発足から25年目を迎えている現在、少しづつ花壇やプランターへの花植え箇所も増え、沼津駅前南北の花壇やプランター等、10箇所を越えて花いっぱいの街づくりに力を注いでいます。又、幼・小学生や、一般の皆様に呼びかけて、寄せ植え教室や、花づくり講習を行ったり、福祉施設などに出向いて、一緒に花植えを行い、花育てで優しい心が育つ様、花のある優しい施設作りのお手伝いをさせていただきました。大変喜んでいただき、春の植え替え時には、「花の会のお手伝いがしたい」等の声もありました。
「花いっぱいの街」をめざして頑張っておりますが、鳩に食べられてしまったり、虫に根を食べられてしまったりで、思うように咲いてくれません。そんな中で、お互いの健康を気遣いながら、楽しく努力を重ねております。高齢化社会のきびしい現状を熟知し、花の持つさまざまな効果を生かして、環境づくり、健康づくり、仲間づくりの輪をもっともっと大きく広げていけたらと願っています。
(沼津市花の会 会長 大石千鶴子)
このページの最初へ

 

熱海市「熱海花の会」

熱海花の会

熱海花の会は昭和40年4月設立以降、花を愛する人々が集まり、花の活動を通じて会員同士及び社会とのつながりを大切にしてきました。

具体的には、公共花壇植栽・除草ボランティア、小学校での花育活動、市民対象の寄せ植え教室開講、専門家を招いた勉強会等を行い、花と緑のあふれる街の実現を目指しています。

花やボランティア活動に興味のある方からのご連絡をお待ちしております。

(連絡先:熱海市役所都市整備課公園緑地室 0557-86-6217)

このページの最初へ

 

三島市「三島花の会」

画像:三島市「三島花の会」
三島花の会は、昭和55年に「愛と平和の象徴である花を通して住みよい環境づくり文化の向上に資すること」を目的に、花の好きな仲間が集まり発足しました。現在では市内17地区、170余名の会員が活動し、花づくり講習会、先進地視察等を通じて、花づくりの輪を広げています。
花壇管理活動においては、国道1号線沿いの南田町花壇や錦田花壇、水上柳通り花壇など公共花壇の維持管理にも積極的に参加し、花の会が管理する花壇は、ひときわ綺麗な花壇だと市民の間で好評です。
また、年2回の市内メインストリートの清掃奉仕活動も花の会発足時から続けており、環境美化活動にも積極的に取り組んでいます。
このページの最初へ

 

 

御殿場市「御殿場市花の会」

御殿場市花の会は平成元年に発足しました。現在の会員数は約300人の団体です。主な活動は御殿場インター前にある花壇の管理と秩父宮記念公園内の除草作業を行っています。また各会員は地区内の花壇の管理において中心的な役割を担っています。花壇等の管理以外にも、春には、会員を対象としたフラワーコンクールや視察旅行、秋には種苗交換会というように、会員の花に関する知識、育成・管理の勉強のため、また会員相互の親睦を深めるため、各種行事を行っています。
このページの最初へ

 

伊豆市「伊豆市花の会」

伊豆市を花いっぱいに

伊豆市
 

平成16年5月、旧4町(修善寺町・天城湯ヶ島町・土肥町・中伊豆町)の花の会が合併し「伊豆市花の会」が誕生しました。伊豆市花の会の活動の原動力となっているのは、「自分たちの手で地域が花いっぱいになってうれしい。地域が花いっぱいになってたくさんの人に喜んでもらえてもっとうれしい。」そんな気持ちです。

修善寺・中伊豆・土肥の各支部で、育苗や花壇への植栽、花づくり講習会の開催等、伊豆市を花いっぱいにする活動を続けています。

伊豆市と共催で行っている「伊豆市花いっぱいコンクール」も今年で第9回目になります。各地域の花壇や家の庭先から伊豆市を花いっぱいにしようと頑張っているたくさんの皆さんの参加をいただいています。

市内にある伊豆市花の会花壇(9箇所、約1,500平方メートル)はいつも花いっぱいです。

 

 

 

 

このページの最初へ

 

 

伊豆市「伊豆市花の会土肥支部」

元気な花の源は土づくり

画像:伊豆市「伊豆市花の会土肥支部」
平成17年秋、伊豆市花の会土肥支部ではEMボカシづくりの講習会を開催しました。きれいな花を咲かせる元気な苗の源となるのは、やはり土や肥料です。家庭から出る生ゴミを堆肥に変身させるEMボカシを、伊豆市環境衛生課の指導を受けながら、実際に作ってみました。
米ぬか、もみがら、EM菌などの材料を順番に混ぜていきます。材料が米ぬかなので、手がつるつるになるというメリットも。混ぜた材料を密閉して発酵させ、2週間でできあがり。
伊豆市花の会土肥支部では、できたEMぼかしをつかって家庭の生ゴミから堆肥を作り、育苗などに利用していく予定です。
このページの最初へ

 

伊豆市「伊豆市花の会修善寺支部・桂友会・修善寺東小学校」

初めての共同作業

画像:伊豆市「伊豆市花の会修善寺支部・桂友会・修善寺東小学校」
平成17年秋、伊豆市花の会では桂友会(伊豆市介護予防の会)から、「花壇にお花を植えたいので、植え方を教えてほしい」との依頼をうけました。そこで、花壇がある城山活動センターへ花の会修善寺支部の会員がおじゃましました。当日は、伊豆市修善寺東小学校の3年生もお手伝いしてくれました。
花の会修善寺支部の会員が植え方のアドバイスをしながら、パンジー、葉ボタンの苗やチューリップ、スイセンなどの球根をみんなで一緒に植えました。春になってお花がたくさん咲くのが楽しみです。
このページの最初へ

 

伊豆市「伊豆市花の会中伊豆支部」

大見グリーンツーリズムフェアに出店

画像:大見グリーンツーリズムフェアに出店
大見グリーンツーリズムフェアに出店
11月13日(日曜日)、伊豆市中伊豆地区の有志たちによる手作りの秋のお祭り「第1回大見グリーンツーリズムフェア」が六仙の里で開催されました。「自分たちで育てたお花の苗でたくさんのみなさんのお家を飾ってもらおう」ということで、伊豆市花の会中伊豆支部も出店しました。
会場はたくさんのお客さんで賑わい、たくさん用意したパンジーやハボタンの苗はあっというまに売り切れてしまいました。
このページの最初へ

 

裾野市「裾野市花の会」

 

裾野市花の会は、平成2年11月に「花を愛し花を育てる趣味を持ち、会員相互の親睦と花を通じて住みよい地域づくりをすること」を目的に発足されました。

花や緑は私たちに自然を感じさせてくれる最も身近な対象物であり、私たちの目を楽しませてくれ、心に安らぎを与えてくれます。

本年度は、5月に公共花壇にサルビアを植栽し、6月には駿河湾沼津SAのコンテナガーデン講習会に参加しました。その他にも視察研修会や講習会も予定しております。

裾野市

裾野市2

 

このページの最初へ

 

清水町「清水町花の会」

画像:八幡の花壇への植え込み作業
八幡の花壇への植え込み作業
清水町では、平成17年度「花の都しずおか」運動シンボル花壇整備事業として、11月13日に清水町花の会が、八幡の花壇(国道1号線箱根伊豆方面と県道三島市街地への交通の分岐点)への植え込み作業を行いました。
多くのドライバーや歩行者が、信号待ちの間に、パンジーやビオラ等を眺め心を和ませているようです。通勤やドライブ等でお出掛けの際は、美しい花で飾られた清水町のシンボル花壇をお楽しみください。
このページの最初へ

 

小山町「小山町花の会」

小山町花の会では、町内の各地域花の会をはじめ、学校、企業等と協力しながら花と緑のまちづくりを推進しています。なかでも須走花の会は、富士登山や紅葉狩りなどに訪れる人々の目を楽しませようと県道150号線沿線にプランターを配置し、美化清掃を含めた管理を行っています。
県のアダプトロード制度の里親として登録し、その活動は地域全体を含めた幅広いもので、町内外の多くの人々に潤いのある時間を提供しています。
このページの最初へ

 

富士宮市 富士宮市立富士根北中学校周辺の「かたくりの里」

画像:「かたくりの里」
「かたくりの里」
学校周辺は自然にあふれ、すぐそばの林には「カタクリ」が自生しています。生徒は林の遊歩道に生える「カタクリ」を安全な場所に移植したり、8年後の開花を心待ちに富士根北小学校と合同で種から育てたりと、「カタクリ」を通じた活動の中で植物や花に触れ合う楽しさと興味を膨らませています。活動の様子は「かたくり新聞」にまとめ、富士根北地区の地元の人達との触れ合いの輪が広がっています。
また、学校花壇は美化委員会が中心に活動しており、デザインは全校生徒から募集しコンクールを実施しています。平成17年度秋花壇はフラワーブラボーコンクールで奨励賞を受賞しました。
このページの最初へ

 

富士市 富士市花の会と鷹身工芸社(小規模通所授産施設)との協働作業

画像:富士市花の会と鷹身工芸社(小規模通所授産施設)との協働作業
平成16年11月より、富士市花の会と鷹身工芸社が、協働で富士西公園内の花壇の植付け作業をしています。富士市の依頼を受けて、無償で花壇管理する富士市花の会と、地域へ何か還元していきたいという鷹身工芸社とが、園芸作業を通した交流の輪を育んでいます。植替えは、年に2回です。
また、17年9月からは、一歩前進して、管理作業も協働で取り組んでいます。管理作業は、奇数月の第2・4月曜日に協働で行っています。
花と緑にあふれた潤いのある社会づくりに向けての大きな歩みです。
   
枠 このページの最初へ

 

棒 棒

富士市 「富士ばら会」

棒 棒
棒
画像
富士ばら

富士ばら会は、ばら愛好者をもって組織し、そのボランティア活動を通じて会員相互の親睦を図り、ばら栽培の知識と技術の向上を目指し、ばら文化の普及発展に寄与することを目的にしており、会員数は65名です。

現在富士市中央公園内にある約1,000株のバラの手入れをしています。

毎月第1日曜日全体の定例作業、後毎日曜日班別作業で年間管理をしています。

毎年5月中旬に、富士ばら会主催の「富士ばらまつり」を開催、県内外から大勢の人が見学に訪れています。

事務局:井出英子 TEL0545-35-1480: Eメールbaranoie@sf.tokai.or.jp

※駐車場あり、バスの駐車不可:但しツアーバスに限り駐車可(要予約)

問い合わせ:富士山観光交流ビュ―ロ:0545-64-3776

   
       
リンク このページの最初へ
花の都しずおか情報館ホームへ
  このページの最初へ

お問い合わせ

経済産業部農業局農芸振興課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2679

ファックス番号:054-221-1351

メール:nogei@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?