• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > くらし・環境 > 食生活 > 農芸振興課ホームページ > ふじのくに花の都しずおか情報館ホーム > 花の都しずおか情報館/四季のしずおか花マップ > 花の都しずおか情報館/四季のしずおか花マップ/東部花マップ > 花の都しずおか情報館/四季のしずおか花マップ/東部花マップ/伊豆市

ここから本文です。

更新日:平成27年4月6日

ここから本文です。

四季のしずおか花マップ(伊豆市)

 

天城グリーンガーデン (春)

画像:天城グリーンガーデン
【品目】
シャクナゲ
【見頃】
4月下旬~6月下旬
【住所】
伊豆市湯ヶ島892-6
【お問合せ先】
道の駅「天城越え」(昭和の森会館、天城グリーンガーデン)
0558-85-1110

天城グリーンガーデンのシャクナゲ園には、山の斜面54,000m2に、500種、13,000本が植えられています。毎年4月ごろから花をつけ始めます。やがて、木にいっぱいに咲く赤や白、ピンクなどの花は、まるで互いに美を競いあっているかのよう。見ごろの時期は山の一角を鮮やかに染め上げます。
4月下旬~5月上旬ごろには「シャクナゲ祭り」を開催しています。お問合せのうえ、ぜひおでかけください。お待ちしています。
東部見出しへ このページの最初へ

 

市立公園「六仙の里」 (初夏)

画像:市立公園「六仙の里」
【品目】
アジサイ
【見頃】
6月中旬~7月中旬
【住所】
伊豆市城1041番地
【お問合せ先】
市立公園「六仙の里」
0558-83-4670

市立公園「六仙の里」は遠く天城山や富士山を望むことができるとても眺めの良い公園です。園内の遊歩道沿いには、約4千本のアジサイが植えられています。お花をながめながらゆっくりとお散歩などいかがでしょうか。
東部見出しへ このページの最初へ

 

ハマボウの群生 (夏)

画像:ハマボウの群生
【見頃】
7月中旬~8月
【住所】
伊豆市八木沢1361-1
【お問合せ先】
丸山スポーツ公園
0558-99-0798

ハマボウは、アオイ科に属する熱帯・亜熱帯系の落葉低木で、暖かい海岸に育ちます。土肥は自生するハマボウの北限であるといいます。丸山スポーツ公園には水路沿いに100本ほど自生しています。夏の青空によく映える黄色の美しい花をぜひ見にきてください。
東部見出しへ このページの最初へ

 

 

アロエの花 (冬)

画像:アロエの花
【見頃】
12月~3月
【場所】
伊豆市八木沢
【お問合せ先】
伊豆市観光協会土肥支部
0558-98-1212

「医者いらず」の愛称で親しまれているアロエ。暑さや乾燥には強い反面、寒さや霜には弱い植物です。伊豆市の海岸線沿いは冬でもほとんど霜が下りない地域ですので、アロエも元気に育ちます。
この地域の道沿いにたくさん植栽されたアロエは、冬場の花が少ない時期に、鮮やかな朱赤色のトーチのような花を咲かせて私たちの目を楽しませてくれます。
東部見出しへ このページの最初へ

 

わさびの花 (冬)

画像:わさびの花

【見頃】
1月~3月
【場所】
伊豆市筏場、地蔵堂、貴僧坊、湯ヶ島地区  等
【お問合せ先】
伊豆市観光協会天城支部
0558-85-1056
伊豆市観光協会中伊豆支部
0558-83-2636

国内で最高級の品質をほこる伊豆市産のわさび。1月~3月ごろには白く可憐な花を咲かせます。花の季節には、わさびまつりやわさびの花まつりなどが開催されます。
お問合せのうえ、ぜひ伊豆市におでかけください。お待ちしています。

東部見出しへ このページの最初へ

 

修善寺梅林 (冬)

画像:修善寺梅林

【見頃】
1月下旬~3月初旬
【場所】
伊豆市修善寺
【お問合せ先】
伊豆市観光協会
0558-85-1883

修善寺梅林は修善寺温泉場の北側の修善寺自然公園の中にあり、樹齢100年を越える古木や樹齢30年程度の若木を合わせて20種3,000本の紅白梅が植えられています。花の季節には総面積30,000m2の丘稜地いっぱいに梅の花が咲き乱れます。

東部見出しへ このページの最初へ

 

月ヶ瀬梅林 (冬)

画像:月ヶ瀬梅林
【見頃】
2月~3月
【場所】
伊豆市月ヶ瀬
【お問合せ先】
伊豆市観光協会天城支部
0558-85-1056
農事組合法人伊豆月ヶ瀬梅組合
0558-85-0480

天城連峰を望む月ヶ瀬梅林では、花の時期は山全体が薄紅色に染まります。その広さは、東京ドームより広い6.2ヘクタールと、伊豆半島で一番を誇り、広大な園地には、10種類の品種1,500本が混植されて、さまざまな香りを楽しませてくれます。
2月下旬~3月上旬には梅まつりが、6月上旬ごろには梅狩りが開催されます。お問合せのうえ、ぜひ伊豆市におでかけください。お待ちしています。
東部見出しへ このページの最初へ

 

修善寺虹の郷 (通年)

【場所】
伊豆市修善寺4279-3
【お問合せ先】
修善寺虹の郷 0558-72-7111

しゃくなげの森 (春)


【見頃】
4月~5月

日本庭園にある『しゃくなげの森』では、西洋種や日本種など世界各地の原種・交配種あわせて150種類2,100本が早咲き・中咲き・遅咲きと順次開花し、森全体がしゃくなげ色に包まれます。
画像:修善寺虹の郷「しゃくなげの森」

藤棚 (春)


【見頃】
5月上旬

日本庭園北側に位置する『藤棚』は、全長300m、幅5mにわたって薄紫の花を咲かせます。開花期わずか2週間ほどの風情をお楽しみください。
画像:修善寺虹の郷「藤棚」

あじさい (初夏)


【見頃】
6月中旬~7月中旬

虹の郷の初夏を彩るあじさいは『花しょうぶ園』を取り囲むように植えられています。「ガクアジサイ」や「ヤマアジサイ」など10種・1,500株があり、花しょうぶとともに梅雨の季節の日本庭園を落ち着いた雰囲気に誘ってくれます。
画像:修善寺虹の郷「あじさい」

花しょうぶ園 (初夏)


【見頃】
6月

日本庭園にある『花しょうぶ園』は、菖蒲ヶ池を中心に江戸系・伊勢系・肥後系など300種7000株が紫色や、桃色・白色の花を咲かせます。また池にかかる太鼓橋や水車小屋なども花しょうぶに趣きを添えます。
画像:修善寺虹の郷「花しょうぶ園」

菊花まつり (秋)


【見頃】
10月下旬~11月中旬

「菊花まつり」の開催期間中、虹の郷では、地元の菊愛好家たちが丹精こめて育てた菊を中心に園内に趣向をこらした演出が施されます。
画像:修善寺虹の郷「菊花まつり」

水仙の小径 (冬)


【見頃】
1月上旬~2月上旬

日本庭園北側に面した『水仙の小径』では、20,000本の水仙が300mの遊歩道に沿って一斉に咲き広がり、思わず見とれてしまうほど、心を和ませてくれます。
画像:修善寺虹の郷「水仙の小径」

ロイヤル・ローズ・ガーデン (通年)


【見頃】
5月~10月

カナダ村に隣接する『ロイヤル・ローズ・ガーデン』は、100種2,300株のバラが彩りを競う西洋庭園式バラ園です。園内にあるオブジェやカフェテラスも優雅な雰囲気を感じさせてくれます。
画像:修善寺虹の郷「ロイヤル・ローズ・ガーデン」
東部見出しへ このページの最初へ

 

世界一の花時計 (通年)

画像:世界一の花時計
【見頃】
通年
【場所】
伊豆市土肥
【お問合せ先】
伊豆市観光協会土肥支部
0558-98-1212

土肥温泉のシンボル花時計は、直径が31mで、ギネスブックにも記載された世界一の花時計です。まわりを取り囲むように敷き詰められた石の上を素足で歩けば足裏のマッサージができます。
人によってはぜんぜん痛くない人、痛くて歩けない人などいろいろです。季節ごとに植え替えられる一万本の花々を眺めながら、チャレンジしてみてください。
花の都しずおか情報館ホームへ
  このページの最初へ

お問い合わせ

経済産業部農業局農芸振興課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2679

ファックス番号:054-221-1351

メール:nogei@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?