• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > くらし・環境 > 食生活 > 農芸振興課ホームページ > ふじのくに花の都しずおか情報館ホーム > 花の都しずおか情報館/県産オリジナル品種の紹介

ここから本文です。

更新日:平成27年4月6日

ここから本文です。

県産オリジナル品種の紹介

 
鉢物用マーガレット「カーニバルクィーン」
鉢物用マーガレット「ファイアークラッカー」
鉢物用マーガレット「おぼろ月」
鉢物用マーガレット「ラブリーフレンド」
鉢物用マーガレット「ホットベリー」
鉢物用マーガレット「風恋香」
鉢物用マーガレット「サンデーリップル」
鉢物用マーガレット「キューティーマイス」
鉢物用マーガレット「ムーンライト」
切花用マーガレット「サザンエレガンスホワイト」
切花用マーガレット「フェアリーライトピンク」
切花用マーガレット「スーパーレモネード」
スプレーギク「グリーンドリームナース」
スプレーギク「古都の夢」
 

鉢物用マーガレット「カーニバルクィーン」

画像:鉢物用マーガレット「カーニバルクィーン」

育成の経過(手法)

鉢物用品種「ムーンライト」を種子親に黄色のハナワギクの花粉を交配し、選抜・育成しました。平成24年11月に品種登録されました。

品種の特徴

一重咲きの花型で鮮やかな黄色の大輪品種です。無花粉品種で、開花期間が長く、長い期間花を楽しむことができます。コンパクトな草姿で鉢物や花壇への利用が適しています。また、花はグラスブーケや押し花などにも利用できます。

生産の状況

静岡県の東部地域を中心に産地化されており、11月から5月まで出荷されています。

 

鉢物用マーガレット「ファイアークラッカー」

画像: 鉢物用マーガレット「ファイアークラッカー」

育成の経過(手法)

伊豆農業研究センター保存系統同士の交雑実生から選抜・育成を行いました。品種登録を出願し、平成25年7月に出願公表されています。

品種の特徴

小輪タイプの八重咲きで、センターの育成品種では初めての赤色品種です。開花後は中心部分が徐々に開花するため、花型の変化を楽しめるとともに、中心部分が満開になるとボリューム感あふれる花になります。また、満開時でも花びらは色あせにくい特徴を持っています。

生産の状況

平成25年から静岡県の東部地域を中心に本格的に生産が開始され、11月から5月まで出荷される予定です。

 

鉢物用マーガレット「おぼろ月」

画像:鉢物用マーガレット「おぼろ月」

育成の経過(手法)

伊豆農業研究センター育成系統の自然交雑実生から選抜しました。品種登録を出願し、平成25年7月に出願公表されています。

品種の特徴

中輪タイプの黄花で、丁字咲きの品種です。外側の花びらが開いた後に中心部分の花びらが徐々に開花していくため、花型の変化を楽しめるとともに、満開時には品種名のおぼろ月を連想させるようなボリューム感あふれる花になります。

生産の状況

平成25年から静岡県の東部地域を中心に本格的に生産が開始され、12月から5月まで出荷される予定です。

 

鉢物用マーガレット「ラブリーフレンド」

画像:鉢物用マーガレット「ラブリーフレンド」

育成の経過(手法)

伊豆農業研究センター育成系統の自然交雑実生から選抜しました。品種登録を出願し、平成25年7月に出願公表されています。

品種の特徴

一重咲きの花型で鮮やかな桃色の中輪品種です。花数が多く、次々と開花してくるため、長い期間花を楽しむことができます。花が咲き進んでも花びらが色あせません。また、コンパクトな草姿で鉢物や花壇への利用が適しています。

生産の状況

平成25年から静岡県の東部地域を中心に本格的に生産が開始され、10月から5月まで出荷される予定です。

 

鉢物用マーガレット「ホットベリー」

画像:鉢物用マーガレット「ホットベリー」

育成の経過(手法)

伊豆農業研究センター育成系統の自然交雑実生から選抜しました。品種登録を出願し、平成25年7月に出願公表されています。

品種の特徴

極小輪タイプの一重咲きで、センターの育成品種では初めての赤色品種です。花粉が出ないため、開花後に花が汚れて見えることはありません。花数が多く、次々と開花してくるため、長い期間花を楽しむことができます。また、コンパクトな草姿で鉢物や花壇への利用が適しています。

生産の状況

平成25年から静岡県の東部地域を中心に本格的に生産が開始され、10月から5月まで出荷される予定です。

 

鉢物用マーガレット「風恋香」

画像:鉢物用マーガレット「風恋香」

育成の経過(手法)

鉢物用「サンデーリップル」を母親に桃色のハナワギクの花粉を交配し、選抜・育成しました。平成24年2月に品種登録されました。

品種の特徴

「風恋香」はラベンダーの芳香成分(酢酸ラバンジュオール、ラバンジュオール、リナロール)を有する世界初のマーガレットです。無花粉品種で、開花期間が長く、花はグラスブーケや押し花などにも利用できます。花色は咲き始めはほんのりピンク色になりますが、開花が進むと白になります。 

生産の状況

静岡県の東部地域を中心に産地化されており、11月から5月まで出荷されています。

 

鉢物用マーガレット「サンデーリップル」

画像:鉢物用マーガレット「サンデーリップル」

育成の経過(手法)

保存品種の自然実生から選抜しました。平成17年2月に品種登録されました。

品種の特徴

「サンデーリップル」は小輪タイプの一重咲きの白花で、開花開始が9月と極めて早い品種です。また、丈夫で栽培しやすく、小鉢から大鉢、花壇の植栽や寄せ植え等利用範囲が広いのが特徴です。

生産の状況

静岡県の東部地域を中心に産地化されており、9月から5月まで出荷されています。

 

鉢物用マーガレット「キューティーマイス」

画像:鉢物用マーガレット「キューティーマイス」

育成の経過(手法)

保存品種の自然実生から選抜しました。平成21年3月に品種登録されました。

品種の特徴

「キューティーマイス」は草丈がコンパクトな鉢物向けの丁字咲き、ピンクの花色で、花壇の植栽や寄せ植え等利用範囲が広い品種です。ピンク色のマーガレット品種としては抜群に長い開花期間を誇ります。

生産の状況

静岡県の東部地域を中心に産地化されており、9月から5月まで出荷されています。

 

鉢物用マーガレット「ムーンライト」

画像:鉢物用マーガレット「ムーンライト」

育成の経過(手法)

保存品種の自然実生から選抜しました。平成23年3月に品種登録されました。

品種の特徴

「ムーンライト」は小輪タイプの一重咲きで、静岡県が育成した鉢物・花壇用品種で初めての淡黄色花の品種です。小鉢から大鉢、寄せ植えに適しています。

生産の状況

静岡県の東部地域を中心に産地化されており、12月から5月まで出荷されています。

 

切花用マーガレット「サザンエレガンスホワイト」

画像:切花用マーガレット「サザンエレガンスホワイト」

育成の経過(手法)

県育成品種「ホワイトジュエル」を種子親に同じく県育成品種の「アーリーホワイト」の花粉を交配して得られた実生から選抜しました。平成20年10月に品種登録されました。

品種の特徴

「サザンエレガンスホワイト」は一重咲きの白花の切花品種で、マーガレットとしては最もオーソドックスな花型です。草姿のまとまりが良く、従来の品種よりも開花が早いことが特徴です。あわせて切り花の水あげや日持ち性も従来品種より大幅に改善しました。

生産の状況

静岡県の伊豆地域で産地化されており、10月から5月まで出荷されています。

 

切花用マーガレット「フェアリーライトピンク」

画像:切花用マーガレット「フェアリーライトピンク」

育成の経過(手法)

保存品種の自然実生から選抜しました。平成17年2月に品種登録されました。

品種の特徴

「フェアリーライトピンク」は淡桃色の小輪一重咲きの切花品種で、側花から頂部の花までまとまって咲くのが特徴です。

生産の状況

静岡県の伊豆地域で産地化されており、11月から4月まで出荷されています。

 

切花用マーガレット「スーパーレモネード」

画像:切花用マーガレット「スーパーレモネード」

育成の経過(手法)

保存品種の自然実生から選抜しました。平成24年2月に品種登録されました。

品種の特徴

「スーパーレモネード」は一重咲きで、明るい黄色の切花品種です。花数が多く、草姿のバランスも良く、水あげおよび日持ちの良い品種です。秋から初夏まで開花するため、切り花として長く出荷することができます。

生産の状況

静岡県の伊豆地域で産地化されており、10月から5月まで出荷されています。

 

スプレーギク「グリーンドリームナース」

画像:スプレーギク「グリーンドリームナース」

育成の経過(手法)

本県西部地域で主力品種である「ドリームナース(花色:白)に浜松特花園育成の「グリーンフレンド」(花色:緑)を交配し、選抜・育成しました。平成22年3月に品種登録されました。

品種の特徴

「グリーンドリームナース」の花色はその名前のとおり緑色で、親品種である「ドリームナース」に似た小輪多花性のスプレーギクです。「ドリームナース」の仲間には、花色が白、黄色、ピンクの品種が育成されており、これらに「グリーンドリームナース」を加えドリームナースシリーズとして販売されています。

生産の状況

静岡県の西部地域で産地化されており、10月から6月まで出荷されています。

 

スプレーギク「古都の夢」

画像:スプレーギク「古都の夢」

育成の経過(手法)

本県西部地域でオリジナル品種である「赤利休」(花色:赤)に草丈の伸びが良く、開花日数が短いの「ゴールデンシルク」(花色:黄赤覆輪)を交配し、選抜・育成しました。平成22年9月に品種登録されました。

品種の特徴

「古都の夢」は花色が「赤利休」に似た桃色で、和風のイメージを持つスプレーギクです。花が上向き咲くことから、収穫、調整時に花同士がからみにくく作業性の改善も見込める品種です。

生産の状況

静岡県の西部地域で産地化されており、年末に出荷されています。

花の都しずおか情報館ホームへ
  このページの最初へ

お問い合わせ

経済産業部農業局農芸振興課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2679

ファックス番号:054-221-1351

メール:nogei@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?