• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > くらし・環境 > 食生活 > 農芸振興課ホームページ > ふじのくに花の都しずおか情報館ホーム > 花の都しずおか情報館/花の豆知識

ここから本文です。

更新日:平成27年4月6日

ここから本文です。

花の豆知識

 

質問一覧

質問をクリックすると回答をご覧いただけます。

花の豆知識イメージ
Q1. 「クリスマスローズ」って、春に咲くのに、なぜクリスマスなの?
Q2. 「パンジー」と「ビオラ」はどう違うの?
Q3. 「黒いバラ」ってありますか?
Q4. なぜ、母の日にカーネーションを贈るのですか?
Q5. トルコギキョウはキキョウの仲間ですか?
Q6. 「キンギョソウ」は金魚と関係あるのですか?
Q7. アヤメとカキツバタ、ハナショウブはどこが違うの?
このページの最初へ

Q&A

 
Q 1.「クリスマスローズ」って、春に咲くのに、なぜクリスマスなの?
A
画像:クリスマスローズ(ヘレボルス・オリエンタリス)
クリスマスローズ(ヘレボルス・オリエンタリス)
店頭でも良く見かける、春に花が咲く「クリスマスローズ」は、正式にはヘレボルス・オリエンタリスといいます。
ヘレボルスの仲間はたくさんあり、もともとクリスマスローズと呼ばれていた種はヘレボルス・ニゲルといいます。このニゲル種は12月頃に開花するのでクリスマスの名前がつけられました。
今ではオリエンタリス種とニゲル種が混同されて、まとめて「クリスマスローズ」と呼ばれるようになってしまいました。
このページの最初へ
 
Q 2.「パンジー」と「ビオラ」はどう違うの?
A 一般的には花の大きいものをパンジー、花が小さくたくさん咲くものをビオラと呼んでいますが、その基準はあいまいです。しかしながら両者とも同じViola属の花で、分類学的には区別はありません。
今では、花の大きさが中くらいで、たくさん咲く中輪系の品種がガーデン用に重宝されています。

画像:パンジー
パンジー
画像:ビオラ
ビオラ
このページの最初へ
 

Q 3.「黒いバラ」ってありますか?
A 近年の品種改良技術はかなり進んでおり、夢の青いバラはもうすぐ実現しそうです。それに対して、黒いバラについては「黒」という色素自体がありませんので実現は不可能です。
自然界で黒っぽく見えるものはすべて、濃い赤色や紫色です。限りなく黒に近い、濃赤黒色や濃黒紫色のバラならば実際に存在します。
このページの最初へ
 

Q 4.なぜ、母の日にカーネーションを贈るのですか?
A
画像:カーネーション
カーネーション
5月の第2日曜日の「母の日」に、アメリカのある少女が亡き母親の愛情を偲び白いカーネーションを捧げたことがはじまりと言われています。1914年にアメリカ議会で正式に制定され、その後、日本にも「母の日」には感謝の気持ちとしてカーネーションなどの花を贈る習慣が伝わりました。「母の日」に贈る赤いカーネーションには、「健康を祈る愛」という花言葉があります。
このページの最初へ
 

Q 5.トルコギキョウはキキョウの仲間ですか?
A
画像:トルコギキョウ(リンドウ科)
トルコギキョウ(リンドウ科)
トルコギキョウは近年急速に人気が出てきた切花で、もともとは北アメリカ中央部が原産の植物です。
キキョウ科ではなく、リンドウ科に属し、花の形や色もどことなくリンドウに近いようです。
トルコ国とは何の関係もありませんが、名前の由来は、一説には花の色がトルコ石のようであるとか、花の形がトルコのターバンに似ているからとか言われ、はっきりしたことはわかっていません。


画像:キキョウ(キキョウ科)
キキョウ(キキョウ科)
画像:リンドウ(リンドウ科)
リンドウ(リンドウ科)
このページの最初へ
 

Q 6.「キンギョソウ」は金魚と関係あるのですか?
A
画像:キンギョソウ
キンギョソウ
キンギョソウの花を1つ1つ観察すると、リュウキンが尾びれをふりふりして泳いでいる姿にみえませんか?また、1つの花の両脇を軽く押さえると、あたかも金魚がパクパクしているように花が動きます。このような様子からキンギョウソウという名前がつけられたようです。
このページの最初へ
 

Q 7.アヤメとカキツバタ、ハナショウブはどこが違うの?
A すべて「アヤメ科」の植物ですが、それぞれ微妙に異なります。
以下にまとめました。

  生えている環境
アヤメ 花の付け根部分に網目状の模様がある。 すべすべした剣状 畑地
カキツバタ 花の色は主に青や青紫色。一般的に地味な感じ。 すべすべした剣状 湿地~水辺
ハナショウブ 品種改良が進み、多彩な色や形がある。 葉の中央に、1列の盛り上がり(中脈)がある。 湿潤な畑地(水中は好まない)

端午の節句には、ショウブ湯に入る習慣がありますが、本来の「ショウブ」はサトイモ科の植物です。地味な花しか咲きませんが、根っこに良い香りがあるので、薬湯として重宝されたようです。
ハナショウブは葉っぱがショウブに似て、花が美しいことから名づけられました。残念ながら根っこには香りはありません。いつの間にかショウブとハナショウブが混同され、今では端午の節句にはハナショウブが流通するようになりました。
花の都しずおか情報館ホームへ
  このページの最初へ

お問い合わせ

経済産業部農業局農芸振興課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2679

ファックス番号:054-221-1351

メール:nogei@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?