• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > くらし・環境 > 食生活 > 農芸振興課ホームページ > いちごトップ > いちご品種

ここから本文です。

更新日:平成29年3月30日

静岡県のいちごの品種

静岡県のいちご品種の変遷

 

いちご

時期 主な品種
大正時代 エキセルショア、モナーク、ビクトリアなど
昭和初期 マーシャル
昭和30年代 幸玉、ダナー、ニューダナー
昭和45年 福羽(38%)、堀田ワンダー(34%)、はるのか(20%)
昭和55年 宝交早生(87%)、麗紅(4.1%)
平成5年 女峰(70%)、章姫(12%)、久能早生(11%)
平成8年 章姫(75%)、女峰(18%)、アイベリー(3%)
平成12年 章姫(96%)、女峰(2%)、アイベリー(2%)
平成17年 章姫(79%)、紅ほっぺ(21%)
平成22年 紅ほっぺ(82%)、章姫(18%)
平成27年 紅ほっぺ(76%)、章姫(13%)、きらぴ香(11%)

 

参考資料:「静岡いちごのあゆみ」1966年静岡県経済部「静岡のいちご」昭和57年静岡農林統計情報協会発行。平成17年~JA静岡経済連調べ

いちごの品種

品種   説明
章姫 章姫

長い紡錘型の果実。果実が大きく、酸味も少ない。

現在静岡県で最も多く栽培されている品種。

静岡市の民間育種家、故萩原章弘氏が育成した。

紅ほっぺ

紅ほっぺ

果実が大きく、酸味とバランスが良いうえ、痛みにくく、香りが高い品種。

平成6年に静岡県農業試験場(現静岡県農林技術研究所)で育成された。

きらぴ香

 きらぴ香

「きらきらとした宝石のような輝き」「みずみずしくなめらかな口当たり」「品の良い甘味と香り」が特長。

静岡県農林技術研究所で、28万株の中から選抜され、平成26年に「きらぴ香」と命名。

 

イチゴトップ

みかん園芸課ホームページへ

お問い合わせ

経済産業部農業局農芸振興課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2732

ファックス番号:054-221-1351

メール:nogei@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?