• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 飼養衛生管理基準における定期報告について

ここから本文です。

更新日:平成30年1月24日

飼養衛生管理基準における定期報告について

家畜伝染病予防法の一部を改正する法律(平成23年法律第16号)が平成23年10月1日に完全施行されました。これに伴い、家畜飼養者が遵守すべき飼養衛生管理基準についても見直され、家畜の飼養状況を毎年、都道府県知事に報告することが義務付けられました。

1.報告対象

家畜を1頭・1羽以上飼養している人は報告の必要があります。家畜とは、牛、水牛、馬、鹿、めん羊、山羊、豚、いのしし、鶏、あひる、うずら、きじ、だちょう、ほろほろ鳥及び七面鳥をいいます。

2.報告の方法

毎年2月1日時点の飼養状況を報告様式に記入し、添付書類と一緒に提出してください。小規模所有者は、小規模飼養者用の報告様式があります。
報告書類の作成の際は、定期報告にあたっての提出書類の注意事項を参照してください。

区分 畜種 PDFファイル エクセルファイル
報告様式 牛、水牛、鹿、めん羊及び山羊用 (PDF:173KB) (エクセル:89KB)
  豚及びいのしし用 (PDF:176KB) (エクセル:89KB)
  鶏、あひる、うずら、きじ、だちょう、ほろほろ鳥及び七面鳥用 (PDF:167KB) (エクセル:89KB)
  馬用 (PDF:146KB) (エクセル:82KB)
  小規模飼養者用※ (PDF:75KB) (エクセル:39KB)
添付書類様式 各畜種共通 (PDF:95KB)  
  添付書類について (PDF:81KB)  
その他 定期報告にあたっての提出書類の注意事項 (PDF:53KB)  
  報告様式と添付書類の記入例 (PDF:349KB) (エクセル:404KB)

※小規模飼養者とは、以下の飼養頭羽数の家畜の所有者をいいます。添付書類は不要です。

  • 牛、水牛、馬…1頭
  • 鹿、めん羊、山羊、豚、いのしし…6頭未満
  • 鶏、あひる、うずら、きじ、ほろほろ鳥、七面鳥…100羽未満
  • だちょう…10羽未満

3.報告期限

  • 牛、水牛、鹿、めん羊、山羊、豚、いのしし…その年の4月15日まで
  • 鶏、あひる、うずら、きじ、ほろほろ鳥、七面鳥、だちょう…その年の6月15日まで

4.提出先

「家畜衛生に関するお問合せ・提出先」に提出してください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

経済産業部農業局畜産振興課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2702

ファックス番号:054-273-1123

メール:chikusan@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?