• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 産業・雇用 > 農林業 > 林業振興課 > 静岡県産材証明制度

ここから本文です。

更新日:平成29年3月24日

静岡県産材証明制度の仕組み

「静岡県産材証明制度」は、県産材取扱業者が発行する静岡県産材販売管理票により、原木生産、加工・製造、流通、最終消費のどの位置からも、対象となる原木、製品が、静岡県産材であることを証明できる仕組みです。

静岡県産材証明制度の概要

1.「静岡県産材証明制度」で定める静岡県産材とは、次に掲げるものをいいます。

  • 静岡県内で伐採されたスギ、ヒノキ等の原木
  • 静岡県内で伐採されたスギ、ヒノキ等の原木を県内で加工・製造した加工丸太、製材品、加工品(県産材使用比率が10%以上のものに限る。)
  • 前号の加工丸太、製材品、加工品を、県外で加工・製造した加工品(県産材使用比率が10%以上のものに限る。)

2.木材生産者(素材生産者、森林組合等)及び原木市場は、原木購入者に対し、1次の静岡県産材販売管理票(副)を発行します。

3.加工業者(製材所等)は、原木を加工後、購入者に対し、2次以降の静岡県産材販売管理票(副)を添付して、製品を納品します。

4.最終消費者は、静岡県産材販売管理票(副)により、県産材であることを確認できます。

静岡県産材販売管理票の流れ

1.原木、県内で加工・製造した加工丸太、製材品、加工品の例

原木、県内で加工・製造した加工丸太、製材品、加工品の例

2.県外で加工・製造した加工品の例

県外で加工・製造した加工品の例

  • 製品流通の一例(基本的な考え方)を示しています。
  • 点線枠内の製品流通については、「静岡県産材販売管理票(県外委託加工)」を用います。

メリット

(林業・木材関係業界)

  • 県産材を求める消費者に、産地の明らかな木材を販売することができます。

(建築士・大工・工務店)

  • 確実に県産材を利用できます。

(県民・消費者・行政)

  • 県産材を指定することが可能になります。
  • 確実な森林資源の循環利用が促進され、身近な環境を守ることに参加できます。

静岡県産材証明制度に係る例規

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

経済産業部森林・林業局林業振興課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2612

ファックス番号:054-221-2751

メール:rinshin@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?