• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 産業・雇用 > 水産業 > 魚ッチングしずおか > 直売所案内 > あまご養漁場あまごの里

ここから本文です。

更新日:平成30年6月20日

魚ッチングしずおかロゴ

井川漁協あまご養漁場あまごの里

あまごの里外観

画像はクリックすると別ウインドにて拡大表示されます。

店舗紹介

大井川の清流が育てた井川のアマゴ

静岡市街地から車で2時間半、井川湖の上流にある養殖場。養漁場の滝浪さんは、毎年20万尾以上のアマゴを愛情込めて育てている。冷水で育てたアマゴは病気に強く身が締まっていて美味なのが特長。「養魚場」というだけあって店こそ構えていないが、個人でも注文があればアマゴの鮮魚、乾き(干物)を通年で販売している。温泉旅行や登山の思い出に買い求めてみたい魚。

あまごの里

あまご養殖池

あまごの里

養殖池のあまご

 

主な取扱商品

  • あまご鮮魚
  • あまご乾き

ここに注目!

アマゴの鮮魚売ります

あまご鮮魚
あまご鮮魚

養魚場では鮮度重視のため、生簀で泳ぐアマゴをその場で水揚げ・販売する。このため、購入時には養魚場へ連絡の上、保冷剤・保冷箱(クーラーボックス)の用意が必要。養魚場へ行くには県道60号線沿いの看板を目印に右折のこと。

 

 

アマゴの乾き(干物)

あまご乾き

腹を開いて肝を抜き、炭火で炙って乾燥させたアマゴの乾き(干物)は、魚が傷む心配をせずに味わえる、保存の利く珍味。酒の肴に、また乾きにすることで旨味が増すという人もいる。ただし新鮮なものを食卓に、という考えのもと、この乾きについても受注生産方式を取っているため、購入の際には事前に電話予約が必要だ。

店舗情報

【所在地】
〒428-0505静岡市葵区田代東中尾1213
TEL:054-260-2519

【営業時間】9時00分~14時00分(土日は9時00分~12時00分)
【定休日】不定休

【駐車場】あり

【アクセス】
・東名静岡ICより車で180分
・新東名新静岡ICより車で150分
・静岡市井川地区自主運行バス白樺荘下車
徒歩70分

【通信販売】なし

お問い合わせ

経済産業部水産・海洋局水産振興課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2694

ファックス番号:054-221-3288

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?