• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 組織別情報 > 経済産業部 > 水産振興課 > 駿河湾深層水トップページ > 静岡県・駿河湾深層水の一般給水

ここから本文です。

更新日:平成27年3月17日

駿河湾深層水の一般給水

1.給水日及び給水時間

毎週火曜日から土曜日まで(週5日間)の、午前10時から午後3時まで。

ただし、国民の休日及び年末年始(12月29日から1月3日まで)は休場します。

2.給水場所

駿河湾深層水取水供給施設

所在地:焼津新港(焼津漁港新港内)

JR焼津駅より車で約5分、徒歩で約25分程度、東名高速道路、焼津I.C.より車で約15分程度

(下図参照:図をクリックすると拡大したものが見られます)

取水供給施設地図

3.海洋深層水の種類

水深397mから取水した海洋深層水の原水(海水:約3.4%の塩を含みます)

本施設では、塩を取り除いた脱塩水の供給は行っていません。脱塩水の供給は、隣接する「焼津市駿河湾深層水脱塩施設」にて行っています。

4.給水料金

  • 一般利用:100円/200リットル
  • 水産利用:10円/トン

水産利用とは、漁業や水産物流通業など別に定めるものに対して特別に設けているものです。水産利用で給水を受けるには、事前申込みが必要となりますので、水産利用での給水を希望する場合は、県水産振興課へ相談してください。水産利用に該当するものは、以下の4つです。

  • (1)漁業者が漁船へ積みこむ水
  • (2)水産物卸売業者、仲卸業者及び小売業者が、活魚介類の蓄養、洗浄、輸送、保冷及び冷凍魚介類の解凍に用いる水
  • (3)水産物養殖業者が、魚介類の飼育及び輸送に用いる水
  • (4)水族館で用いられる魚介類の飼育水

5.給水の手続き

深層水ミュージアムで、給水カードを提示し(初めての方はその旨を告げ、深層水ミュージアムで申請を行い、カードの発行を受けてください。)給水台帳へ必要事項を記入し、給水量に応じ必要な料金を券売機でお支払い頂いた後、給水が受けられます。

6.駿河湾深層水を使用した商品の販売について

本格給水開始後の駿河湾深層水を使用した商品等の販売については、県水産振興課への販売申請等は必要ありません。また、駿河湾深層水を使用した商品のラベル等に使用した旨の表示をすることについても、自由となります。

ただし、静岡県が商標登録した「駿河湾深層水ブランドマーク」の使用を希望する場合は、駿河湾深層水を利用する企業、団体で組織する「駿河湾深層水利用者協議会」の会員であることが必要となります。

詳しくは、県水産振興課水産振興班(電話:054-221-2744)、もしくは駿河湾深層水利用者協議会(深層水ミュージアム内、電話:054-620-5782)までお問い合わせください。

7.その他、注意事項等

  • 海洋深層水を持ち帰るための容器は、各自で御用意下さい。現場での容器のお販売は行っていません。
  • 海洋深層水を利用する場合は、10℃以下で保存し、10日以内に使い切るようにして下さい。
  • 海洋深層水は、約3.4%の塩を含みますので、そのまま飲むことはできません。市販されている海洋深層水飲料は、塩分を取り除いたり、既存のミネラルウォーターに少量添加したりして、加工、製造されたものです。

駿河湾深層水給水要領は、下記で御覧いただけます。

駿河湾深層水給水要領(PDF:102KB)

 


 

駿河湾深層水トップページへ戻る

水産振興課トップページへ戻る

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

経済産業部水産業局水産振興課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2744

ファックス番号:054-221-3288

メール:suisanshinkou@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?