• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 組織別情報 > 経済産業部 > 水産資源課 > 遊漁船事故に関する利用者の安全確保について

ここから本文です。

更新日:令和3年3月22日

遊漁船業に係る救命胴衣等の着用について(業務規程例の改定)

型船舶乗船者の海中転落による死者・行方不明者は、毎年80人前後であり、これらの者の救命胴衣等の着用率が低いという状況に鑑み、国土交通省は、原則として船室外にいる全ての乗船者にその着用を義務付けることを趣旨とした、船舶職員及び小型船舶操縦者法施行規則(以下「運輸省令」という。)の一部改正を行ったところです。

かし、都道府県知事の登録を受けた遊漁船業者で、遊漁船業の適正化に関する法律第11条の規定に基づき遊漁船業者の実施に関する規程(業務規程)を県等に届け出た遊漁船業者が当該業務規程にしたがって運行する船舶に乗船している者については、救命胴衣等の着用措置が適用されないこととなっています。

のため、遊漁船業者が遊漁船利用者の安全確保を図るため業務規程例(平成15年3月7日付け14水管第3670号水産庁長官通知)を定め、当該規程例において遊漁船業者が運輸省令と同等の条件で遊漁船乗船者に救命胴衣等を着用させることができるように当該業務規程の改定を実施しました。

改定された箇所

(1業務規程例の別表8(安全の確保のため周知すべき内容及び方法)に記載する以下の項目が変更されました。

変更前

アスタリスク黒(大))乗船中は船室内にいる場合を除き、救命胴衣等を着用すること。

 

変更後

アスタリスク黒(大))乗船中は船室内にいる場合を除き、救命胴衣等(船に備え付けられ、または持ち込まれた、船の種類や航行区域に応じて国土交通省が定める要件に適合するもの)を着用すること。

 

2業務規程例の別表9(安全の確保のため船及び業務主任者が遵守すべき事項)に記載する以下の項目が変更されました。

 

変更前

アスタリスク黒(大))海中転落の恐れがある作業をする場合は、救命胴衣等を着用します。

アスタリスク黒(大))利用者には、乗船中は、船室内にいる場合を除き、救命胴衣当を着用させるよう努めます

変更後

アスタリスク黒(大)乗船中は船室内にいる場合を除き、救命胴衣等(船に備え付けられ、または持ち込まれた、船の種類や航行区域に応じて国土交通省が定める要件に適合するものを言います。以下同じ)を着用します。

アスタリスク黒(大))利用者には、乗船中は、船室内にいる場合を除き、救命胴衣当を着用させます

 

改定された業務規程例はこちらを御覧ください

業務規程例(改定)(PDF:260KB)

業務規程例(改定)(ワード:286KB)

遊漁船業者の皆様が行うこと

  • 改定された業務規程例の別表8と別表9に必要事項を記載し、水産資源課に写しを郵送してください。
  • 営業所に保管する業務規程や、遊漁船に常備している業務規程に、今回修正した別表8と別表9を複写して追加してください。

国土交通省(ライフジャケットの着用義務拡大)外部リンク

http://www.mlit.go.jp/maritime/maritime_fr6_000018.html(外部サイトへリンク)

 

 

水産資源課トップページにもどる
経済産業部トップページへもどる

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

経済産業部水産・海洋局水産資源課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2696

ファックス番号:054-221-3288

メール:suisanshigen@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?