• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 産業・雇用 > 農山村・農地 > 農地整備課 > 静岡県/ふじのくに歴史的土地改良施設 > 静岡県/中部地域土地改良施設一覧 > 静岡県/中部地域施設概要 牧之原開拓

ここから本文です。

更新日:平成31年3月28日

中部地域施設概要:牧之原開拓

トップ東部土地改良施設中部土地改良施設西部土地改良施設土地改良施設分類別一覧牧之原開拓


施設の概要

牧之原開拓は、特定の施設や場所を示しているのではなく、島田市、牧之原市、菊川市にまたがる牧之原台地の一面に広がる開拓地全域を指しています。
現在、私達が目にする牧之原台地の伸びやかで広がりのある茶畑の景観は、長年の努力の積み重ねによって築かれてきたものです。

牧之原開拓の先駆者である中條景昭は、江戸幕府第15代征夷大将軍の徳川慶喜が江戸城を明け渡した後、徳川慶喜に従い駿府に移り住みました。そこで、徳川慶喜が江戸城を出て駿府に入るまで警護にあたった幕臣の集団とともに当時幕府領であった牧之原の開拓を決めています。明治2年(1869年)には、面積1,400haとも言われている開墾に着手しましたが、刀を鍬に持ち替えての作業は苦労の連続であったようです。
こうしたことから、不毛の地を5,000ha余の大茶園へと変貌させ、静岡県の誇るべき財産の一つとなり、美しい景観を提供しています。大井川や島田市が見渡せる高台には中條景昭公園が整備され、中條景昭像や石碑が建立されています。

施設の写真


写真:中條景昭の像 写真:「中條景昭の像」に隣接する記念碑
中條景昭の像 「中條景昭の像」に隣接する記念碑
写真:よく整形された茶園 写真:牧之原台地高台より
よく整形された茶園 牧之原台地高台より

施設までの交通アクセス

車をご利用の場合
東名高速道路:吉田ICより約11分
公共交通機関をご利用の場合
JR島田駅から徒歩約50分

 

お問い合わせ

経済産業部農地局農地整備課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2641

ファックス番号:054-221-2809

メール:nouchiseibi@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?