• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 産業・雇用 > 農山村・農地 > 農地整備課 > 静岡県/ふじのくに歴史的土地改良施設 > 静岡県/歴史的土地改良施設用語集

ここから本文です。

更新日:平成29年7月14日

歴史的土地改良施設用語集

あ行か行さ行た行な行は行ま行や行

あ行

語句 読み 解説
青野川 あおのがわ 伊豆半島最南端の南伊豆町に位置する流路延長約17.2kmの二級河川で、南伊豆町の総面積110.58㎢の67%を青野川流域が占め、平地の少ない南伊豆町における農作物の生産と観光の場を提供している。
秋葉ダム あきはだむ このダムは、1級河川天竜川の中流部に昭和29年~33年にかけて築造された、高さ89mの重力式コンクリートダムで、電源開発株式会社が管理をしている。農業用水(三方原台地等の農地へのかんがい用)の他、浜松市を始めとする遠州地域への上水や工業用水の供給等、治水機能を有しない多目的ダムとして重要な役割を担っているダム。
四阿 あずまや 庭園、公園など設けた眺望、休憩などの目的で設置された簡素な建屋。柱と屋根だけの簡素な休憩所。
暗渠 あんきょ 水路が鉄道、道路、堤防など他の構造物を横断する場合に設ける埋設構造物。
圦樋 いりひ 水を入れたり出したりするために設けられた水門の樋(とい)。
一級河川 いっきゅうかせん 国土保全または国民経済上、特に重要な水系で河川法により指定された河川のこと。
右岸 うがん 川の上流から下流に向かって右側の堤防や提内地
越訴 えっそ・おっそ 江戸時代には領主をとびこえて幕府に訴え出ることは厳しく禁じられていた。
堰堤 えんてい 川の水を利用するために川に設けられた横断形状の構造物。
円筒分水 えんとうぶんすい 図:円筒分水流水をパイプ等によって導き、円形の分水工の中央部に噴出させ、周縁のセキ頂を越流あるいは欠口から噴出させて分水する方式のもの。越流するセキ頂の長さ、あるいは欠口の大きさ・数によって分水量を決定する。
大井川用水 おおいがわようすい 静岡県のほぼ中央の8市1町に位置する県内でも有数の規模を誇る用水路で、一級河川大井川の水を水源とし、国営大井川農業水利事業にて昭和22年~43年にかけて整備されている。
大井川右岸地区 おおいがわうがんちく 一級河川大井川より取水された水は、島田市の神座にある分水工で志太榛原方面と金谷,掛川,小笠方面の2方向に分けて配水される。この2方向の内、金谷,掛川,小笠方面一体に配水する水路などの施設や地域を総称して大井川右岸地区と呼んでいる。/td>
小笠幹線 おがさかんせん 大井川右岸幹線のうち、神座分水工から松島分水工までの区間。

ページの先頭へ戻る

 

か行

語句 読み 解説
開削 かいさく 土地を切り開いて、道路や河川を造ること。
開拓・開墾 かいたく・かいこん 未開の地に分け入り住居や農地を造り、森を林に変え、社会基盤である道路、鉄道や治水また安定的な水の供給を図り最終的に社会や街や都市を形成していく初期の過程を指す。
かんがい かんがい 農作物に水をやり、水田に水を引くこと。農業用水を引くこと。
乾田化 かんでんか 湿田の地下水位を下げて乾田に替えること。農業機械の導入が可能となり、生産性が向上する。
菊川嶺田井堰 きくがわみねだいせぎ 嶺田用水の起点部で一級河川菊川に設置されている。菊川を流下する水を農業用水として嶺田用水に取入れるための施設。
金原明善 きんぱらめいぜん 現在の浜松市東区安間町出身で明治時代の実業家。天竜川の治水事業、北海道の開拓、植林事業などを手がけた。
特に西部地域では、天竜川の水を南部地域に導水する計画を立てたが、この計画こそが、近代においての天竜川農業用水事業の基となっている。
グラウト工事 ぐらうとこうじ 空間や隙間を埋めるための液体を注入する工事のこと。
護岸 ごがん 海岸や川岸の堤防を保護し浸食や水害を防ぐこと。
固定堰 こていぜぎ 門扉などの可動部がない。水中に石積みやコンクリートなどの構造物を設けて水をせき止めるだけの単純なもので、歴史的に古くから設置されてきた。流量などを随意に制御することはできない。
国営天竜川農業水利事業 こくえいてんりゅうがわ
のうぎょうすいりじぎょう
静岡県西部の1級河川天竜川や太田川沿いに開ける農地に、安定した農業用水を供給配水するために、昭和46年~59年度にかけて国営事業として施工されている。水源は天竜川で、浜松市天竜区の船明(ふなぎら)ダムより取水し各地域に配水されている。
国営三方原農業水利事業 こくえいみかたばら
のうぎょうすいりじぎょう
三方原台地とその周辺の水田地帯を包括するこの地域は、安定した用水の供給が確保されていなかったことから、不安定な農業経営を余儀なくされていた。このことから、用水の確保は、この地域の悲願となっていた。
また、天竜川からの引水計画は、明治28年の金原明善による企画以来数度に及んでいたが、諸制度の不備や軍治目的等のため実現されなかった。
このような経緯を経ながら、数多くの人による努力の積み重ねにより、国営事業によって昭和35年~45年にかけ、取水口、導水幹線、南部幹線等の水路が整備された、これを、国営三方原農業水利事業と呼んでいる。本事業により、今では本地域は静岡県を代表する農業地帯となっている。
コンクリート三面張り こんくりーとさんめんばり 水路断面の三面(底版、両側壁)ともに、コンクリートで作られた構造物。

ページの先頭へ戻る

 

さ行

語句 読み 解説
左岸 さがん 川の上流から下流に向かって左側の堤防や提内地
四ヶ郷用水 しかごうようすい 四ヶ郷用水は、かつては富士川用水とか四ヶ村用水とも呼ばれていたが、用水を利用していた森島村、森下村、宮下村、五貫島村の四ヶ村を四ヶ郷と呼んでいたことから、この名をとって四ヶ郷用水となったと伝えられている。
また、富士地区の農業用水は、4路線の用水により賄われているが、その中でこの四ヶ郷用水だけが富士川の水を利用している。
静岡県都市景観賞 しずおかけんとしけいかんしょう 静岡県及び関係団体で構成する「美しいしずおか景観推進協議会」は、昭和63年度から「静岡県都市景観賞」を制定し、優れた都市景観を創出している地区などを表彰してきている。平成20年度からは名称が「静岡県景観賞」に改められ、都市景観だけでなく自然や農山漁村など幅広い景観が対象とされている。
静岡県棚田等十選 しずおかけんたなだとうじゅっせん 静岡県が、平成11年に、多くの人に棚田等の有する機能の理解促進を図ると共に、棚田等を核とし、都市との交流を図り中山間地域の活性化を推進することを目的として、県内より、国土保全・農山村景観・歴史的文化価値等に優れた棚田等を10地区選定している。
射流分水 しゃりゅうぶんすい 水の流れは常流と射流に分けられる。水深が浅く、流速の速い流れは射流であると推定でき、射流では、流れの速度が波の伝わる速度より大きいため、下流からの影響を受けることが少ない。よって、射流分水工も下流の影響を受けにくく、正確な水量での分水が可能となる。
朱印状 しゅいんじょう 朱印が押された命令文書のこと。主に戦国時代から江戸時代にかけて発給された。
取水工・取水口 しゅすいこう・しゅすいこう 河川や湖などから水を上水道・発電用水路・かんがい用水路などへ取り込むための口。また、そのための設備、構築物。
隧道坑門 ずいどうこうもん トンネルの出入り口に設置される土留め壁。
水門 すいもん 水流や水量を調節する門。また、その施設。
水路橋 すいろきょう 図:水路橋水路等が河川、くぼ地などを横断する場合にかける橋。
素掘り すぼり 土留め、コンクリート等を施工せずに掘ったままの状態のこと。
スルースゲート するーすげーと 長方形版状の扉体を戸みぞにはめ込んだだけのもので、開閉は扉体を垂直方向に上げ下げすることにより行う。一般的に、小規模のゲートに使用される。
駿府城 すんぷじょう 静岡市の中心街に存在していたお城で、現在その土地は公園化(駿府公園)されている。
築城主:徳川家康、築城年:天正13年(1585年)、廃城年:明治2年(1869年)、
遺構:石垣と堀、再建造物:櫓と門
せき 水をせき止める目的で河川などに設けられる構造物。せき止めによって水位を上げ、用水路への取水を容易にする。
千框 せんかまち 千枚の田を意味している。また、この地方では、水田の1枚を呼ぶのに框(かまち)と言う言葉を用いています。

ページの先頭へ戻る

 

た行

語句 読み 解説
棚田 たなだ 傾斜地にある水田、稲作地のこと。田んぼが段々となっていることから、段々畑とも呼ばれている。
玉石練石 たまいしねりいし 直径が10~30cmの天然石の丸石を用いて、石積みしたもの。
ダム だむ 発電、水利、治水などの目的で川をせき止めるために作られた堤防。
ため池 ためいけ 農作物の生育に必要な農業用水を貯えることのできる取水設備を備えた人工の池。
ため池100選 ためいけひゃくせん 全国のため池の中から、農業用の水源として秀でた特徴を有する100地区を選定したもの。
湛水被害解消 たんすいひがいかいしょう 農地が長時間浸水し、農作物ができなくなることを防ぐこと。
調整池 ちょうせいち 需要に応じて放出流量を調節するために造られる池。かんがい用水の場合には、流入水量に応じ、1日ないしは数週間の周期で調整する場合が多い。
町歩 ちょうぶ 農地などの昔の広さの単位。大きさは106m×106mでha(ヘクタール)とほぼ同じ広さ。1,000町歩は約1,000haとなる。
提敷 ていしき・ていじき 堤防の底辺のこと。あるいは底辺の幅のこと。
提内地 ていないち 堤防で守られるべき場所。堤防から見ると川の反対側にある市街地、農地など。
提外地 ていがいち 堤防から見て川側。川の水が流れるべきところ。
定比分水 ていひぶんすい 流量の多少にかかわらず、同じ比率で分水すること。
天竜川農業用水の左岸地区 てんりゅうがわ
のうぎょうようすいのさがんちく
天竜川農業用水は、天竜川下流地区の天竜川や太田川沿いに開ける農地に、農作物の育成に必要な水を安定的に供給するために整備されている。水源は一級河川天竜川で、県内でも有数の規模を誇る用水である。
また、この用水は船明(ふなぎら)ダムの右岸側で取水された後に、天竜川の右岸側と左岸側の2方向に分岐し、天竜川を挟んで水路が左右に流下している。この、天竜川の左側のエリアを左岸地区と呼んでいる。
頭首工 とうしゅこう 河川などから農業用水を用水路へ引き入れるための施設。
用水の取水にかかわる一連の施設全般を指す言葉で、用水路の「頭首」に存在する取水用の堰と用水の取り入れ口、魚道などを総括している。

ページの先頭へ戻る

 

な行

語句 読み 解説
那賀良くする会 なかよくするかい 近年地域の美しい景観が、遊休農地化の進展とともに損なわれてきたことから、農業者と非農業者が協同して、水田の景観や農地・農業用施設の保全を図ることを目的に組織されている。
農道橋 のうどうきょう 農業のために造られた道路に設置された橋梁。

ページの先頭へ戻る

 

は行

語句 読み 解説
排水路 はいすいろ 特に農業農村整備事業では、田んぼからの水や雨水を流すための水路を指す。
馬踏 ばとう・うまふみ 堤防上面の平坦面のこと。あるいは上面の幅。
汎用耕地化 はんようこうちか 水田を畑作地としても利用できる耕地のこと。
樋管・樋門 ひかん・ひもん 川から水を取り入れるため堤防に空けた穴。区分はなく、機能は同じですが一般的に堤防の下をくぐる部分の構造が丸い管で比較的小さなものを樋管、箱型等の構造で規模が大きなものを樋門と呼ぶ。
引上堰 ひきあげぜぎ 頭首工の堰止め部に上下に開閉する扉を持つ。下に降ろし水を堰き止めることによって、堰の上流側の水位を上昇させ、用水路への引き入れを容易にする。
富士川用水事業 ふじかわようすいじぎょう 富士川左岸下流域、富士市内の水田へのかんがい用水と、富士臨海地区の工業用水補給を目的に、昭和32年から昭和39年に農工共同事業として施工された。
元来この地域のかんがい用水は、潤井川と富士川に求めていたが、潤井川については、関東大震災後の地殻の変動により自流が減少してきており、富士川については、富士川の洪水により取水施設が流失し、取水困難な状況にあった。
一方、工業用水についても、従来から地下水を利用していたが、さく井の乱掘により、相互干渉と塩水の被圧となって現れ、地盤沈下の恐れがあった。
伏せ越し ふせこし 水路が河川等の障害物に遭遇したとき、一旦水路を下げた形で敷設する構造のもの。現在は逆サイホンと呼んでいる。
プレストレストコンクリート ぷれすとれすとこんくりーと コンクリートは圧縮には強いが、引張りに弱いため、ピアノ線によりあらかじめストレスが与えられたコンクリート。
分水工 ぶんすいこう 流水を所定の地域あるいは目的に、それぞれの必要な量を配分するための構造物。
堀込式 ほりこみしき ため池とは、主として農業用の小規模な貯水池をさすが、その形態には谷池と皿池という2種類に分けることができる。
谷池とは、谷渓部の下流側に堤を造り、川をせき止めるようにして造られた池をさし、皿池とは、池の周囲を堤で囲み、底を掘り下げて造られた池で、平野部に多く造られている。
堀込式は皿池に属するが、中新井池は掘り下げただけの池であり、堤はない。

ページの先頭へ戻る

 

ま行

語句 読み 解説
三方原用水 みかたばらようすい 三方原台地とその周辺の農地に農業用水を供給するための水路です。用水を水路に取り入れるための取水工や、その用水を受益にまで配水するための導水幹線や南部幹線、北部幹線等の幹線水路は、国営三方原農業水利事業により昭和33年度~45年度にかけて整備されている。
木工沈床 もっこうちんしょう 長さ約2.5m、末口12~15cmの丸太を、中心間隔2.0mの井筒に積み重ね、これを縦横所要の長さに連結し、枠内に沈石を充填したものである。

ページの先頭へ戻る

 

や行

語句 読み 解説
野猿 やえん 1人乗りの人力による乗り物(人力ロープウェイ)で「やえん」と呼ばれています。
谷渓水 やけいすい 細長く窪んでいる部分または、山と山との間の低い部分を流れている水。
余水吐 よすいばけ ため池等で、水路などに流入する洪水を排除し、構造物の安全を確保するための施設。水路では下流側での通水量が減じたとき、水が水路壁を越流しないよう、強制的に水路外に排除する構造物。

ページの先頭へ戻る

 

お問い合わせ

経済産業部農地局農地整備課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2641

ファックス番号:054-221-2809

メール:nouchiseibi@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?