• 携帯電話向けページ
  • Other language
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • リンク集
  • サイトマップ
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 産業・雇用 > 企業支援 > しずおかの元気な企業 > しずおかの元気な企業/業種別でさがす > 御菓子司南岳堂【しずおかの元気な企業】

ここから本文です。

更新日:平成24年9月4日

[食料品]

御菓子司南岳堂

ブログ発出会い系スイーツ

所在地 富士市中之郷820-2

御菓子司南岳堂

代表者名 望月里志
創業 昭和24年
資本金 -
従業員数 3人
主要製品 和菓子製造
電話 0545-81-0274
FAX 0545-81-0274
URL http://nangakudou.i-ra.jp/e149902.html

街の小さなお菓子屋さん

南岳堂は、昭和24年(1949年)創業、今年で62年目を迎える家族3人で営む老舗和菓子店だ。初代が、富士市吉原の南岳堂から暖簾分けしてもらい、JR富士川駅前の現在地に店を開いた。望月隆之さんは、3代目である。

今、街のお菓子屋さんをめぐる情勢は厳しい。

端午の節句の柏餅、中秋の名月のお月見団子、昔から和菓子は日本人の暮らしを彩ってきた。しかし、時代の移り変わりとともに、和菓子の需要は減っている。建前をやらない家が増え、紅白の餅まきも見かけなくなった。お葬式のお饅頭は、いつしかお茶にとってかわられ、人々の嗜好の変化とともに洋菓子が幅を利かせるようになった。社会は情報化が進み、流行の移り変わりも速く、今や「街のお菓子屋さん」の競争相手は、同業者ではなくコンビニだ。

奮闘。三代目。

御菓子司南岳堂小さな店が生き残るためにはどうしたらよいか。

隆之さんは、オリジナリティあふれる商品を作ること、作りたて、作り手が見えるあたたかさを大事にすることが重要だと考えた。

そこで、まず地域ブランドを打ち出した。

例えば、ほんのりみかんの香りが漂う「富士川みかん最中」は、もともと作っていた「みかん最中」を改良し、富士川町商工会(現富士商工会)で作った「富士川特産まるごとしぼり」ジュースを使い、みかんの色と香りを強調したものだ。名前にも「富士川」を入れて地域色を出した。御菓子司南岳堂御菓子司南岳堂

また、若い人を店に呼び込もうと、釜出しシュークリーム、バウムクーヘン、レモンケーキなど洋菓子も手がけるようにした。店頭の大きな釜で焼き上げられる作りたてのシュークリームは、午前中に売り切れる人気商品となった。

隆之さんがブログをはじめたきっかけは、お客さんの勧めだという。ホームページがなくても店のPRができると勧められたものの、「毎日、更新するなんて面倒だ」と、なかなか手をつけなかった。催促に負けてやっと重い腰をあげたというが、以来、ほぼ毎日、季節のお菓子や本日のおすすめなど、店の魅力を発信し続けている。

そして、出会いが訪れた。

ブログが取り持つ出会い

御菓子司南岳堂平成20年のある日、ブログを見た木嶋こうじ店(静岡市清水区袖師)6代目の木嶋康貴さんが訪ねてきた。よもやま話をするうちに、歳が近いせいもあって意気投合。「うちの味噌を使って何か作ってほしい。」翌々週には、コラボ第1号、味噌饅頭が誕生した。

平成21年、木嶋さんを通じて、テレビの味噌スイーツ特集の話が舞い込んできた。木嶋さんと二人三脚で開発したのは、ちょっぴりしょっぱくてコクのある「みそみそプリン」。平成21年5月の放送以来、売り上げは20,000個を超えた。木嶋こうじ店店頭でも、多いときは1日50個ほども売れたという。また、木嶋こうじ店の顧客が、南岳堂に足を運んでくれるようになった。御菓子司南岳堂

ブログがあったから木嶋さんや新しいお客さんに出会えた、と隆之さんは言う。多額の資金をかけなくても出来ることからはじめたこと、継続することで店の存在を知ってもらうことができたこと、作り手の顔を見せたことで異業種のパートナーや新規顧客の開拓に結びついたこと、などがポイントと言えよう。

隆之さんは、今後も高齢者が増加することから、和菓子の需要はなくならないと考えている。

ブログでの出会いから生まれた新商品と新たな南岳堂ファン。南岳堂のお菓子が運ぶ次の出会いと笑顔。将来、その中心に4代目の笑顔があることを期待したい。

(文責:企業立地推進課)

お問い合わせ

経済産業部商工業局商工振興課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2181

ファックス番号:054-221-3216

掲載企業へのご質問等につきましては、ページ先頭に掲載されてる連絡先へお問い合わせください

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?