• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 産業・雇用 > 農林業 > 静岡県の森林・林業 > 森林計画課 > 森林認証制度について

ここから本文です。

更新日:令和4年5月25日

森林認証制度について

森林認証制度とは、独立した第三者機関が、適切かつ持続的な森林経営が行われている森林または経営組織などを審査・認証し、そこから生産された木材や木材製品等にラベルを付けることにより、消費者の選択的な購入を通じて、持続可能な森林経営を支援する仕組みです。

森林認証制度は、森林管理を対象とした認証「FM(Forest Management)認証」と、山林から製材、加工、建築設計及び工場までの流通加工を対象とした認証「CoC(Chain of Custody)認証」の2種類があります。

国際的な認証制度は、平成4年に世界自然保護基金(WWF)を中心に発足したFSC(森林管理協議会)と平成10年にヨーロッパ11か国の認証組織が設立したPEFCの2つがあります。

また、日本独自の森林認証制度としては、平成15年に日本の林業団体、環境NGO等により発足したSGEC(「緑の循環」認証会議)があり、平成28年にPEFCとの相互認証が認められています。

ninsyorin

森林認証林(川根本町)

県内における森林認証の取得状況

県内のFM認証面積は、FSCとSGECあわせて約71,059haで、CoC認証は156事業体が取得しています。(R2.3.31現在)

 

認証機関

国内

認証面積

県内

認証面積

取得地域

CoC認証

取得事業体

FSC

414,628ha

55,022ha

天竜、中遠、大井川、

静岡、伊豆半島

136事業体

SGEC

2,158,285ha

16,492ha

天竜、静岡、富士富士宮、

駿東、伊豆半島

14事業体

PEFC

天竜、富士富士宮

6事業体

合計

71,059ha(注)

 

156事業体

(注)重複面積除く(国内認証面積は、FSC:2020年7月時点、SGEC:2020年9月時点)

ninsyoumensekisuii

県は、平成30年度までに県内全域で森林認証管理団体が設立され、どの地域でもグループに参加することで森林認証(FM認証)取得が可能となっており、管理団体からなる静岡県森林認証推進協議会が中心となって認証林の拡大に取り組んでいます。

森林認証管理団体等については、静岡県森林認証推進協議会HP参照(外部サイトhttps://s-sinsuikyou.jp/

 

県内における森林認証材の使用事例

県内の様々な公共建築物で、県産森林認証材が使用されるとともに、民間の建物などでの利用が拡がっています。

fujisanshizuokakuko tyanomiyakomyuziamu 富士山世界遺産センター

富士山静岡空港の旅客ターミナル

ふじのくに茶の都ミュージアム

富士山世界遺産センター

 

 

お問い合わせ

経済産業部森林・林業局森林計画課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2666

ファックス番号:054-221-2829

メール:shinrinkeikaku@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?