• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 産業・雇用 > 農林業 > 東部農林事務所トップページ > 地域の特産物 > 地域の特産物(水かけ菜)

ここから本文です。

更新日:平成28年3月29日

組織と仕事
管内の概況
主要事業
地域の話題
地域の特産物
きのこ総合
センター
ここから本文です。

地域の特産物(水かけ菜)御殿場市・小山町

産地の歴史

水かけ菜御殿場市・小山町の富士山麓は、冬寒く夏涼しい準高冷地域です。この辺りでは、富士山の雪どけ水が湧き出した地下水が豊富で、年間を通して水温13度と安定した水温を保っています。冬季の水田に高畝を作り、湧水を流して保温し栽培する伝統野菜「水かけ菜」は、早春にしか味わえない御殿場・小山地域の特産物として多くの人たちに親しまれています。この地域では、「水を流す」ことを「水をかける」ということから、「水かけ菜」と呼ばれるようになりました。

水かけ菜の栽培風景栽培の歴史は、明治19年春、旧北郷村(現;小山町)阿多野の戸長である喜多氏が越後(現;新潟県)より種子を持ち帰り栽培したのが始まりとされています。明治中頃になり、東海道線(現;JR御殿場線)施設工事の労働者とともに来麓した越後の女性により水かけ菜の漬物が作られ、以来、御殿場・小山地域で広く栽培されるようになったと言われています。

栽培の概況

栽培面積 約3ha
栽培戸数 約37戸
栽培時期 収穫期〔新湧水菜;1月中旬~1月下旬〕
収穫期〔GR湧水菜;1月下旬~2月中旬〕
収穫期〔在来;2月中旬~3月下旬〕
品種 在来系統及び新湧水菜(早生品種)、GR湧水菜(中生新品種)
収量 10a当たり約1,000Kg

特色

水かけ菜のゆうパック

  • 手摘みで収穫した「とう」を漬物(水かけ菜漬け)に加工しています。
  • 水かけ菜漬けは、御殿場小山水かけ菜生産組合の共同販売により、統一パッケージ(500g)で、一般消費者向けに販売しています
  • 郵便局のふるさと小包「ゆうパック」により、全国へ発送ができます。→右の写真が「ゆうパック」
  • 水かけ菜漬けをフリーズ・ドライして加工したお茶漬けやふりかけが好評です。
  • 御殿場市グリーン・ツーリズム協議会では、御殿場市担い手育成支援協議会が実施する「水かけ菜オーナー制度」の畑を使って、消費者を対象とした水かけ菜の収穫体験や水かけ菜漬けづくり体験を行っています。

お問い合わせ

静岡県東部農林事務所 

〒410-0055 沼津市高島本町1-3(県東部総合庁舎7階)

電話番号:055-920-2159(生産振興課)

ファックス番号:055-924-8594

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?