• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 産業・雇用 > 農林業 > 富士農林事務所 > よくあるご質問と回答(FAQ) > ご質問への回答(森林整備課)

ここから本文です。

更新日:平成26年6月4日

よくあるご質問への回答(森林整備課)

森林に関連した仕事をしたいのですが、どんな方法がありますか?

山仕事を安全に行うには経験と技術が必要です。
林業労働力確保支援センター又は森林整備課までお問合せください。

お問い合わせ
林業労働力確保支援センター (054)255-4485
森林整備課 (0545)65-2202

野鳥を飼いたいのですが、許可がいるのですか?

野生鳥類は原則として飼うことができません。

お問い合わせ
富士市環境保全課 (0545)55-2773(代)
富士宮市花と緑と水の課 (0544)22-1153(代)

狩猟免許試験を受けたいのですが

毎年5月ごろ県広報により発表しますが、例年は8月下旬の日曜日及び2月中旬の日曜日です。
試験場所は県東部総合庁舎(沼津市高島本町)又は県富士総合庁舎(富士市本市場)です。
申請書の提出先は申請者の居住地を管轄する農林事務所(富士市、富士宮市は富士農林事務所)です。

お問い合わせ
森林整備課 (0545)65-2202

静岡県産の木で家を建てたいのですが?

静岡県産の木で家をお建てになる場合は、下記リンクより「しずおか優良木材供給センター・協力店」にお問い合わせください。
「しずおか優良木材供給センター・協力店」(外部サイトへリンク)

保安林内の木を伐採してはいけないのですか?

特別な場合を除き、基本的に伐採できます。ただし、市役所または農林事務所への手続きが必要です。

お問い合わせ
森林整備課 (0545)65-2203
富士市林政課 (0545)55-2783(代)
富士宮市花と緑と水の課 (0544)22-1153(代)

林地開発許可制度とはどんな制度ですか?

森林の土地の適正な利用を図るため、1ヘクタールを超える森林を開発するときは知事の許可が必要です。申請書の提出先は農林事務所です。
なお、1ヘクタール以下の林地開発については、市役所への伐採届出が必要になります。

お問い合わせ
森林整備課 (0545)65-2203
富士市林政課 (0545)55-2783(代)
富士宮市花と緑と水の課 (0544)22-1153(代)

林道の管理(修繕、通行止めなど)の問い合わせはどこにすればよいのですか?

林道の維持管理は市役所が行っています。問い合わせは下記にお願いします。

お問い合わせ
富士市林政課 (0545)55-2783(代)
富士宮市花と緑と水の課 (0544)22-1153(代)

木を伐採するときの届出はどうしたらいいですか?

森林の立木を伐採するときは、事前に市長への届出が必要です。
伐採開始前90~30日前までに、森林の所在する市長に「伐採及び伐採後の造林届出書」を提出し、許可を受けてください。
伐採届(伐採及び伐採後の造林届出書)の用紙は、各市役所の森林・林業関係業務担当課にあります。詳細については下記にお問い合せください。

お問い合わせ
富士市林政課 (0545)55-2783(代)
富士宮市花と緑と水の課 (0544)22-1153(代)

このページのトップへ

⇒富士農林事務所ホームページのトップへ

お問い合わせ

静岡県富士農林事務所 

〒416-0906 富士市本市場441-1 

電話番号:0545-65-2195

ファックス番号:0545-64-8430

メール:fuji-soumu@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?