• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 産業・雇用 > 農林業 > 富士農林事務所 > 富士農林管内地域の話題月別一覧 > 富士農林事務所地域の話題7月

ここから本文です。

更新日:平成23年1月19日

 富士農林事務所管内地域の話題(産業部情報バンク)

 平成22年7月の情報

6次産業化セミナー「食と農の挑戦者が未来を拓く!」が平成22年8月28日(土曜日)に開催されます

富士市産業支援センター "f-Biz"が、開設2周年記念セミナーとして「食と農の挑戦者が未来を拓く!」を、富士農林事務所、富士市農政課と共催で開催します。
主な内容は下記によりますので、興味のある方は参加してください。
なお、参加を希望される方は、開催案内や申込み用紙が富士農林事務所企画経営課にありますので連絡してください。


1セミナー名:食と農の挑戦者が未来を拓く!
                                       (富士産業支援センター開設2周年記念 f-Bizまつり)

2主催:富士市産業支援センター "f-Biz"
共催:富士農林事務所、富士市農政課

3開催日時:平成22年8月28日(土曜日)10:30~15:00

4開催場所:富士市民文化会館ロゼシアター4階会議室(富士市蓼原1750)

5参加費:無料

6内容
 (1) 午前の部10:30~12:00パネルディスカッション定員50人(先着順)

テーマ:「成功の隠し味を公開!!」
○ パネリスト
杉山フルーツ                     代表杉山清氏
株式会社ビオファームまつき 代表取締役松木一浩氏
富士宮やきそば学会会長          渡辺英彦氏
○ コーディネーター
富士市産業支援センター   センター長   小出宗昭氏

 (2) 午後の部 13:00~15:00トークバトル

杉山、松木、渡辺、小出の各氏が下記テーマで、1対1のトークバトルを繰り広げます。
○ 第1分科会「仕掛け人が語るヒットの舞台裏」限定30人(先着順)
・杉山×松木今だから話せる歩んできた道のり。「経営者の本音」
・小出×松木これからの成長産業はコレだ!「アグリビジネスの可能性」
・渡辺×松木A級グルメ VS B級グルメ「売れるものにある共通点」

第2分科会「次なるメガヒットを創り出す!」限定30人(先着順)
・小出×渡辺私ならこうする!ヒット商品の創り方。「仕掛け方の極意」
・杉山×渡辺次なるチャンスはここにある!「注目しているトレンド」
・小出×杉山ブームで終わってしまう商品では生き残れない。

                                     「売れ続ける商品づくりとは」

7問合せ先
富士市産業支援センター(Tel. 0545-30-6363)又は富士農林事務所企画経営課

県境を接する山梨県富士・東部農務事務所との情報交換会を開催しました

富士農林事務所は、ニホンジカを中心とした鳥獣被害や耕作放棄地解消の対策、国の農業農村整備事業予算の大幅な削減など共通の課題を持つ富士山北麓を管轄する山梨県富士・東部農務事務所と、平成22年7月21日(水曜日)に富士宮市(旧芝川町)のこみゅにてぃ黒門で情報交換会を開催しました。
交換会では、両事務所長をはじめ事務所職員13人が、それぞれの事務所が本年度進めている行政課題について、積極的な情報交換を行いました。
また、交換会の後、婦人グループが運営する柚野いづみ加工所、大倉川農地防災ダム、富士ミルクランドで現地研修を行いました。
今後は、年1回程度、情報交換会を開催することとしています。

コミュニティ黒門での情報交換会

コミュニティ黒門での情報交換会の様子

富士ミルクランドでの現地研修

富士ミルクランドでの現地研修の様子

【美農里プロジェクト】:園児がとうもろこしを収穫を行いました

農地・水・環境保全向上対策の活動組織である「富士山のふもとの郷を守る会」(富士市)では、遊休農地の解消を図るとともに、地域の幼稚園児に農業への関心をもってもらえるよう、平成19年度から農作業体験を実施しています。
本年度も7月20日(火曜日)に、幼稚園児190人と、先生や保護者、活動員を含めた約230人が4月に種まきをしたとうもろこし畑に集まり、収穫を体験しました。
園児は梅雨明けした青空の下、大きく成長したとうもろこしに驚き歓声を上げ、汗をかきながら一生懸命取り組みました。
とうもろこしはその場で大きな釜でゆでられ、園児にふるまわれました。園児は取れたてのとうもろこしの甘さに驚いたようで、口いっぱいにほおばり、ニコニコしながら食べていました。

とうもろこし収穫の様子

収穫に取り組む園児の様子

とうもろこしをほおばる園児の様子

耕作放棄地の解消にも一役、2010富士山・朝霧菊芋パワープロジェクト実行委員会(第3回)が開催されました

富士山西麓にキクイモを栽培し、9月に黄色い花を景観に活用し、収穫物は地域特産物として利用する「富士山・朝霧菊芋パワープロジェクト」が、富士宮商工会議所が中心となり富士農林事務所も実行委員会に参画し、本年度、行われています。
平成22年6月23日(金曜日)に富士山YMCAにおいて、第3回パワープロジェクト実行委員会が開催されました。
当日の実行委員会では、9月上旬に東京ビックサイトで開催される「第70回東京インターナショナル・ギフト・ショー秋2010」への出展計画や秋に富士山YMCA、富士ミルクランド、まかいの牧場、ふもとっぱらの観光施設で開催する菊芋まつりの計画などが検討されました。
本年度のキクイモの栽培面積は80a程度ですが、来年度以降の生産拡大に向けて耕作放棄地等を活用した作付けについて、今後、具体化する計画です。

富士山YMCAで開催された第3回パワープロジェクト実行委員会

富士山YMCAで開催された、第3回パワープロジェクト実行委員会の様子

キクイモの栽培状況(富士ミルクランド)

キクイモの栽培状況

先進経営研修の修了式が行われました。      

7月16日に畜産技術研究所会議室にて、先進経営研修の修了式が行われました。県農林大学校の2年生3名が富士宮市の酪農家のもとで泊り込みで2ヶ月間の技術習得研修を行ったものです。研修を終え、3名ともたくましくなり、充実した研修を送った様子でした。受入先の酪農家の方からは、今後の活躍に向け激励の言葉がありました。

修了式の様子

旧富士川地区の農業女性の研修会が開催されました。             

7月15日に旧富士川地区の専業農家女性団体「富士川農業研究女性の会」の研修会が開催されました。

研修会では、御殿場市の農家女性で組織する農産加工品生産組織「ふるさと工房」(御殿場市印野)を訪問し、加工技術、販売方法、運営方法など幅広い情報交換を行いました。

研修会の様子

富士地域の獣医師を対象とした口蹄疫の研修会を開催

 宮崎県で口蹄疫の発生を受け、平成22年7月13日(火曜日)に富士開拓農業協同組合(富士宮市)研修室で富士地域の産業動物獣医師を対象とした口蹄疫に関する研修会を開催しました。
本研修会には25名が参加し、中部・東部家畜保健衛生所から海外での口蹄疫発生事例、特徴的な症状、本県での対応状況等を説明し、宮崎県に派遣された職員からの報告を行いました。また、宮崎県の状況や今後の防疫対応などについての質疑応答や活発な意見交換が行われました。

平成21年度富士市農協苺部会総会が開催されました

7月9日(金曜日)、JA富士市本店にて苺部会の総会が開催され、約30名の生産者が参加しました。
平成21年度は、出荷量、出荷金額ともに平成20年度よりも低く推移し、厳しい年であったことが報告されました。
そのような厳しい状況の中、出荷量や金額が高かった部会員に対し、表彰状が贈呈されました。
また、総会の最後には、富士農林事務所から増収が見込める管理についての記念講演が行われました。

記念講演の様子

⇒このページのトップへ

⇒富士農林事務所ホームページのトップへ

お問い合わせ

静岡県富士農林事務所 

〒416-0906 富士市本市場441-1 

電話番号:0545-65-2195

ファックス番号:0545-64-8430

メール:fuji-soumu@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?