• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 産業・雇用 > 農林業 > 富士農林事務所 > 富士農林管内地域の話題月別一覧 > 富士農林事務所地域の話題平成23年8月

ここから本文です。

更新日:平成23年9月1日

 富士農林事務所平成23年8月の話題

農業土木行政最前線ツアーが開催されました

農業土木の行政マンを目指す方々に県職員が活躍する最前線を見ていただくことで、静岡県の農業土木行政と仕事の内容をより具体的に理解いただくことを目的に、農業土木行政最前線ツアーと題し、視察研修を行いました。
この研修には大学生5人が参加し、中山間柚野の里地区事業概要や、安居山用水路の機能診断、大倉川農地防災ダムの管理について、県の各担当から現地で説明を受けました。農業土木行政の中で様々な取組が行われていることに関心を持ったようで、様々な質問を投げかけていました。

視察研修の様子その1

視察研修の様子その2

視察研修の様子その3

花咲くしずおか花と緑のふれあい指導者講習の開催

平成23年8月25日に富士総合庁舎会議室で花咲くしずおか花と緑のふれあい指導者講習を開催しました。
当日は学校関係者3名、花の会会員9名、花咲くしずおかアドバイザー3名計15名が参加しました。
富士市内で花壇苗、鉢花生産を行う後藤環さん(県農業経営士)を講師に、「花壇苗生産者の種まき、苗づくりを学ぶ」と題し講義と実習を行いました。
セルトレーを用いた育苗方法の他、種まき後の管理方法を学びました。
生産者の職人的な管理方法に驚きの声が上がり、また学校の先生からは異動で花壇担当になり、わからないことばかりで悩んでいたが、今回の参加により楽しく感じるようになったという感想もありました。
農林事務所では花と緑にあふれた県づくりに向け、継続的にこのような講習会を行っていきます。

セルトレーを用いた播種方法についての講習セルトレーを用いた播種方法について

植物による種子の大きさの違いについての講習植物による種子の大きさの違いについて

酪農地域で鳥獣被害対策研修会を開催しました

平成23年8月25日に富士宮市荻平公民館で、荻平地区の酪農家を対象に、鳥獣被害対策研修会を開催しました。
当日は酪農家9名、農協、富士宮市が出席し、農林技術研究所森林技術研究センター大竹主任研究員から「朝霧地区の採草地でのニホンジカの被害状況について」と、農林事務所から、「鳥獣被害対策の進め方」についての研修を行いました。
採草地は広大で、柵の設置にコストがかかるため対策を進めることは難しいと話す方や捕獲を重視する人が多い中、「出来ることから取組んでいきたい」、「このような勉強会を継続的に行っていきたい」といった前向きな意見を話してくれる酪農家もいましたので、これらの人を上手く巻き込みながら取組を進めていきたいと思います。
酪農家からは10数頭からは30頭くらいのシカの群れが、夕暮れから夜間に、林地から出てきて食害をしているとの情報や、酪農家の中にはわな猟免許を持っている人がおり、効率的に捕獲する方法を勉強したいといった話が出されました。
農林事務所では今後も継続的に酪農地域での鳥獣被害対策を進めていきます。

研修会の様子

「富士梨」品評会が開催されました

8月11日、第25回の「富士梨」品評会が開催されました。
当日は富士市農協梨部会員から28点の幸水が出品され、消費者代表、市役所、農協、農林事務所の職員が審査(審査長 富士農林事務所農業振興部長)を行いました。
最高賞には、時田正倫さんの出品物が入賞しました。
本年は成熟が少々遅れている中で、それぞれの出品物は平均糖度が13.2度と高く、また外観も素晴らしいものでした。

審査風景審査風景

金賞に輝いた時田さんの梨金賞に輝いた時田さんの梨

愛鷹農道工事進捗報告

8月1日に吉永地区、8月10日に須津地区の町内会長会議に出席し、愛鷹農道の工事進捗状況を報告し、現道の交通規制や残土の有効利用について協力をお願いしました。
今後の農道やその周辺の活用について積極的な意見が出されました。

【美農里】:天子ヶ岳の郷保存の会と日大生物資源科学部協働で農作業実習を行いました

美農里プロジェクトの活動組織「天子ヶ岳の郷保存の会(富士宮市半野・佐折)」と「日本大学生物資源科学部」が、8月2日に協定を締結した、「良好な農村環境の保全と地域活性化を目的とする協働活動」の最初の活動として、8月7日に農作業実習を行いました。
活動には保存の会より8名、日大生物資源科学部より学生21名と教員等15名の36名、合計44名が参加しました。
学生たちは、ほ場整備事業白糸地区により整備された農道脇の草刈作業を、保存の会から指導を受けながら実習として行いましたが、思ったよりも大変な作業だったとの感想でした。
今後、実習を9月3日、9月8日にも活動を行う予定です。

実習の様子その1 実習の様子その2

  

お問い合わせ

静岡県富士農林事務所 

〒416-0906 富士市本市場441-1 

電話番号:0545-65-2195  

ファックス番号:0545-64-8430  

メール:fuji-soumu@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?