• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 産業・雇用 > 農林業 > 富士農林事務所 > 静岡県/富士農林事務所地域の話題平成25年4月分

ここから本文です。

更新日:平成25年5月24日

富士農林事務所地域の話題平成25年4月分

富士地域ときめき女性全体会を開催しました

4月23日に富士地域ときめき女性全体会を開催しました。

全体会では、富士駅近くの空き店舗に、ときめき女性の商品を扱った店を作る計画を検討しました。

また、富士地域ときめき女性のマークを作り、それぞれの販売所で自由に使うことも検討しました。

今年もときめき女性の魅力を発信していきます。

ときめき女性全体会

生活研究会「春の収穫祭」開催

富士地区農村生活研究会は、(株)静岡伊勢丹コリドーフジとの合同企画により「富士・富士宮春の収穫祭」を4月21日に開催しました。

当研究会は、富士市・富士宮市の農家女性18人のグループで、農産物の加工などを通して地産地消と食育に取り組んでいます。

今回のイベントでは、地元でとれた旬の野菜や農産物を使った加工品、惣菜などを20品以上販売しました。

コリドーフジとは今後、更に連携を深めていく予定です。

春の収穫祭

写真は売り切れ寸前の頃です

富士地域生活研究会総会が開催されました

4月12日柚野いづみ加工所(富士宮市下柚野)で富士地区農村生活研究会の総会が開催され、地域食文化の掘り起こしや情報発信、消費者との交流を柱に据え、本年度の活動を行っていくことが決まりました。

昨年は、親子伝承料理教室を4回行ったのですが、本年度はそれを8回に増やして開催することになりました。

また、会員相互の技術向上のため、これまで秘伝とされていた「くるみちりめん」の作り方が公開されました。

生活研究会1総会の様子生活研究会2くるみちりめん作り

【ふじのくに美農里プロジェクト】幼稚園児たちがレンゲの花摘みを行いました(富士市神谷南)

4月17日(水曜日)、富士市神谷南地区にて幼稚園児たちによるレンゲの花摘みが行われました。

「ふじのくに美農里プロジェクト」の活動組織である富士市東部地域の住民組織「富士山のふもとの郷を守る会」(以下、ふもと会)が管理する農地約3500m^2に咲いたレンゲを、近隣の須津幼稚園児約200名が花摘みを行いました。今年で7年目になります。

ふもと会は稲刈り後の水田を利用し、園児たちがレンゲの種まきや花摘みを行い、自然と触れ合う中で、地域の農地に親しみを持ってもらえる場を提供しています。

昨年10月に園児達によりまかれたレンゲの種が、春になり農地一面に咲き、新幹線と富士山のふもとを彩っていました。

摘んだ花は幼稚園に戻り、冠やブレスレットを作るそうです。

当日の様子は

4月18日(木曜日)静岡新聞朝刊

4月18日(木曜日)富士ニュース

4月17日(水曜日)とびっきりしずおか

4月18日(木曜日)19日(金曜日)東海ケーブルテレビ

で報道されました。

美農里れんげ摘み3美農里れんげ摘み1美農里れんげ摘み2

JA富士宮いちご部会の巡回指導を行いました

4月9日、JA富士宮と富士農林事務所でJA富士宮いちご部会を巡回し、栽培管理状況や親株準備の確認、指導を行いました。

収穫・出荷に忙しく、管理が行き届いていない生産者もいましたが、病害虫防除等の栽培管理はしっかり行われており、大きな問題はありませんでした。

農協も巡回指導はあまり行っていないようなので、農林事務所から積極的に働きかけ、今後も巡回指導を定期的に行っていきます。

イチゴ部会指導

富士宮内房(うつぶさ)地区の「ふじのくに美農里プロジェクト」が”花開く”

富士宮市内房地区では、「ふじのくに美農里プロジェクト」による地域ぐるみの農村環境保全活動を進めるため、平成24年度に「内房里づくりの会」を設立しました。

地区を流れる稲瀬川沿いは、約400本の桜が並ぶ桜の名所であることから「内房里づくりの会」では、昨年秋に稲瀬川沿いの水田に菜の花の種を播き、”桜と菜の花の共演”する美しい農村景観づくりに取組みました。

4月7日(日曜日)には「第3回内房たけのこ・さくら祭り」が開催され、桜並木沿いの会場では特産品のタケノコをはじめとする農産物の販売や各種の催しが行われ、多くの来訪者で賑わいました。

前日が大荒れの天候だったこともあり、残念ながら桜の花びらの多くは既に散ってしまいましたが、その中でも「内房里づくりの会」の咲かせた菜の花は、荒天にも負けず美しく咲き誇り行楽客の目を楽しませていました。


「ふじのくに美農里プロジェクト」の取組を契機に、美しい農村景観づくりと豊かな農産物を生み出す農地・農業施設の維持に積極的に取組む「内房里づくりの会」の活躍が今後も楽しみです。

内房美農里プロジェクト

本年から販売する「天下一品茶」初揉みを行いました

本年から全国で販売する「天下一品茶」の初揉みが4月7日(日曜日)に行われました。

天下一品茶とは、明治時代に富士で創られた手揉み茶であり、形状が針のように細長く、中国貿易商から「天下一品茶製所」の扁額が寄贈され、世界中に一世を風靡しました。しかし、その後天下一品茶製法は途絶え、長らく幻となっていました。

富士市茶手揉保存会では平成17年より天下一品茶の再現に取り組み、技術伝承と富士茶の地位向上及び販売促進のために天下一品茶推進部を組織しています。

初揉みでは、ハウス栽培の‘やぶきた’自然仕立て園から手摘みし、師範以上の手揉技術資格を持っている者が製造しました。

今後、この中から天下一品茶にふさわしい「6cm以上の長さで、味と香りが優れるもの」を選別し、販売していきます。

天下一品茶1天下一品茶2

天下一品茶3天下一品茶4

お問い合わせ

静岡県富士農林事務所 

〒416-0906 富士市本市場441-1 

電話番号:0545-65-2195  

ファックス番号:0545-64-8430  

メール:fuji-soumu@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?