• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 産業・雇用 > 農林業 > 富士農林事務所 > 富士農林管内地域の話題月別一覧 > 平成30年2月の話題

ここから本文です。

更新日:平成30年3月16日

 平成30年2月の話題

経営支援セミナー経営計画発表会の開催

2月1日、富士総合庁舎で経営支援セミナー第7回を開催し、経営改革計画の発表を実施しました。

受講生5名が計6回のセミナーを通し作成した5ヶ年の経営計画が発表され、講師の杉井先生からそれぞれアドバイスを受けました。

先生からは、他と違う付加価値をつけ、周りから知ってもらうことで、収益性の高い強い会社づくりを、とアドバイスされました。

また、儲ける戦略にあわせ、経営者として人を惹きつける魅力をつけていくことも重要であることを学びました。

農林事務所では、今後は受講生を重点支援経営体と位置づけ、地域の中心的経営体に育っていくように支援していきます。

「富士山に向かって歩こう」を開催しました

「富士山の日」の2月23日(金曜日)、地元地区やグリーンツーリズム施設等及び富士農林事務所で構成する実行委員会は、

富士宮市朝霧高原の牧草地帯で、第9回「富士山に向かって歩こう」ウォーキングイベントを開催しました。

今年は天候にも恵まれ、雲一つない素晴らしい富士山を満喫しながら、休日となった小学生や諸外国の留学生など82名が

約2時間をかけて、牧草地帯7.5kmを歩きました。

午後には8名が参加し、富士山世界文化遺産の構成資産である人穴富士講遺跡へのウォーキングを実施、

地元中学生による説明を受け、富士講遺跡について学びました。

農林事務所では、今後も農業・畜産業の理解促進や都市農村交流の拡大に貢献する事業として継続していく予定です。

大淵笹場ガイドツアー養成研修を開催しました

2月24日、富士山大淵笹葉茶園景観活用推進協議会が、県の美しい茶園でつながるプロジェクト事業の一環として、

ガイドツアー養成研修を実施しました。大淵笹場地区では、29年度(2月末現在)実績で65台、

来年度も、4月~5月だけで40台近くのバスツアーの予定が入っております。

このため、即戦力となるガイドの養成が急務であり、今回の研修を実施しました。

講習には、地元住民をはじめ、市の観光ボランティアや茶娘など15名が参加しました。

本研修は全2回開催し、1回目となる今回は、「笹場の魅力」を探ることを目的に、受講生が笹場を歩き、

魅力や疑問などをあげていき、その内容を共有しました。

次回は、今回あげられた魅力・疑問をもとに講師が模擬的なガイドを行い、実践的なガイド育成を行います。

 

なお、本研修に留まらず、次回以降も継続的な研修を検討していく予定です。

お問い合わせ

静岡県富士農林事務所 

〒416-0906 富士市本市場441-1 

電話番号:0545-65-2195  

ファックス番号:0545-64-8430  

メール:fuji-soumu@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?