• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 産業・雇用 > 農林業 > 志太榛原農林事務所トップページ > 農作業時の熱中症に注意しましょう

ここから本文です。

更新日:平成29年5月30日

農作業時の熱中症に注意しましょう

nechusyou

農作業中の熱中症事故は、特に気温の高い夏期に多く発生しています。高温環境のもとでの作業時には、適切な対策をとり、熱中症を予防しましょう。

熱中症は、適度な休憩、こまめな水分補給、服装の調節等により予防できます。また、次第に気温が上がってきたときの体調管理は極めて重要です。睡眠不足・前日の飲酒・朝食の未摂取等は熱中症の発生に影響を与えます。十分注意しましょう。

 

ここをクリックするとチェックシートが御覧になれますので御活用ください。→熱中症チェックシート(PDF:1,269KB)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

農作業中の熱中症予防のポイント

1作業時間の工夫

  • 日中の気温の高い時間帯を外して作業を行いましょう。
  • 高温多湿な場所での作業を、長時間、連続して行うことのないよう、作業時間を短くする等の工夫をしましょう。

2こまめな休憩、水分補給

  • のどが渇いていなくても20分おきに休憩し、毎回コップ1~2杯を目安に水分補給しましょう。
  • 大量に汗をかく場合は、塩分も補給しましょう。

3作業場所の工夫

  • 作業場所に日よけを設け、できるだけ日陰で作業しましょう。
  • 気温が著しく高くなりやすいハウス等の施設内で作業するときは、風通しをよくし、換気をしましょう。
  • 遮光や断熱材の施工等により、施設内の温度が著しく上がらないよう工夫しましょう。
  • 作業施設内に熱源がある場合は、熱源と作業者との間隔を空けるか断熱材で隔離し、加熱された空気を屋外に排気するようにしましょう。

4服装の工夫

  • 帽子を着用し、汗を発散しやすい服装で作業しましょう。
  • 吸汗、速乾素材の衣服や換気ファン付きの衣服の利用も検討しましょう。
  • 熱がこもりやすい長袖で作業をする場合は、休憩時には脱ぐ等、体温調節をしましょう。

5単独作業を避ける

  • 作業は2人以上で行うか、時間を決めてお茶を運び合うなど、定期的に確認し合うようにしましょう。
  • 体調不良時は我慢ぜず、不調を伝えましょう。

6万が一に備えて

  • 携帯電話を身につけ、緊急連絡先を登録しておきましょう。
  • 熱中症症状がみられたら、応急処置(PDF:336KB)を行い、医療機関にかかりましょう。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

静岡県志太榛原農林事務所 

〒426-0075 藤枝市瀬戸新屋362-1 

電話番号:054-644-9212  

ファックス番号:054-644-9209  

メール:AFO-shidahai-kikaku@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?