• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 産業・雇用 > 農林業 > 中遠農林事務所 > 南遠州とうもんの里 トップページ > 南遠州とうもんの里 ふるさと南遠州

ここから本文です。

更新日:平成19年12月6日

南遠州とうもんの里 ふるさと南遠州

 
田園空間博物館 南遠州とうもんの里
総合案内所 運営組織
コンセプト
ふるさと南遠州
とうもんとは?
とうもんの歴史と自然
とうもんの自然
みどころ検索
活動と歩み
サイトマップ
ふるさと南遠州
南遠州の概要

ふるさと南遠州は日本列島のほぼ中央部、東京と大阪の中間点に位置し、静岡県西部の遠州灘に面した遠州地方南部にあります。旧福田町、旧浅羽町、旧大須賀町からなる広さ80平方キロメートルのこの地域には、約5万人の人々が暮らしています。

北には緑豊かな小笠山丘陵、南には白い砂浜と3層の松林が続く遠州灘、そしてその間には山から海へ流れ込む川と広大な田畑が広がっており、集落が点在しています。この比較的小さな地域に山と海、川・田畑・集落がバランスよく揃った自然環境に恵まれた土地です。

南遠州マップ
クリックで拡大表示します
厳しい自然との共生の歴史

この南遠州の平野部はもともと海中にあった土地が長い年月の土砂の堆積や土地の隆起によって陸地へと形成された低湿地帯であったため、川の氾濫、大潮、洪水、津波などの水害にたびたび襲われ、多くの人々が命を落としています。また、その一方で田畑を潤す用水として取水していた河川は流域が浅く、水がすぐに涸れてしまい収穫ができなくなるという干ばつの被害もありました。

また遠州灘から吹き付ける強風「遠州の空っ風」も田畑や家に砂を運び入れ人々を悩ませました。

南遠州が1000町歩もの広大な水田が広がる田園空間になるまでには、南遠州の先人たちが水や風という厳しい自然と日々闘い、共生を模索した気の遠くなるような歴史が刻まれています。

そんな厳しい水や風という自然と闘い、共生を模索しながら営まれてきた農業は遠州人の政治・経済・暮らしに深く関わりながら民話や民謡、 祭りなどの文化を生み、森を作り、川を引き、田畑を作ることにより新たな自然を生むという南遠州固有のとうもん文化と歴史を築くこととなりました。

このページのトップへ
Copyright© DENEN KUKAN MUSEUM. All rights reserved.

お問い合わせ

静岡県中遠農林事務所 

〒438-8558 磐田市見付3599-4 

電話番号:0538-37-2290

ファックス番号:0538-37-2294

メール:nourin-chuen-nouson@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?