• 携帯電話向けページ
  • Other language
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • リンク集
  • サイトマップ
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 産業・雇用 > 農林業 > 西部農林事務所のホームページ > 都田川ダム(いなさ湖)情報

ここから本文です。

更新日:平成26年5月30日

都田川ダム(いなさ湖)

いなさ湖
都田川ダムは

洪水防止

みかん園などの畑地かんがい用水

水道用水の水源確保

の目的で,昭和61年度に完成したロックフィルダムです。
現在,農林水産省と静岡県企業局から静岡県がダム管理委託を受け,西部農林事務所において管理しています。

注意!都田川ダム施設周辺への立ち入りについて

ダム施設周辺(ダム堤体及び湖面のオレンジ色の浮きより南側)への立入りは,危険防止,水質保全のため禁止されていますのでご協力をお願いします。

注意!ダム放流に関する通知について

都田川では,大雨などによりダム下流の都田川の水位が急激に上昇することが予想される場合,下記の方法により下流地域にサイレンでお知らせします。

開始 吹鳴 休止 吹鳴 休止 吹鳴 終了
60秒 10秒 60秒 10秒 60秒

また,広報車を巡回させ,下流地域のみなさんに広報車に搭載したスピーカーにより,ダムの放流状況をお知らせします。サイレンなどで通報がありましたら川には近づかないようお願いします。

ダム放流前ダム放流後

 

ダム下流,天竜浜名湖鉄道横断部分の変化(H13年8月22日台風11号)

ダム建設事業の概要

都田川は,引佐町最北端にある鳶巣(とびのす)山を源とし,途中獺渕(おそぶち)川・川名川・井伊谷川等を合流し,浜名湖に注ぐ二級河川(長さ:約32km,流域面積:約118k平方メートル)です。上流部は流れが速く,中流部は川幅が狭いため,洪水により農地や施設に多くの被害をあたえてきました。
都田川ダムは,これらの洪水による被害を防ぐことを目的とし建設されました。以下に,事業計画採択から完成までの流れを示します。

都田川ダム完成までの道のり

昭和43年4月農地防災ダム事業計画採択
昭和46年4月進入道路工事着手
昭和49年度浜名湖北部農業水利事業及び遠州広域水道用水事業の水源地として利用開始
⇒防災単独ダムから多目的ダムへ変更
~昭和52年度仮排水路工事着手
昭和52年度堤体工事着手
昭和61年度都田川ダム完成

ダムの目的

洪水調節は流域118k平方メートルのうち56k平方メートルを負担し,標高101.2mから標高110.5mの間の容量546万立方メートルを利用して,ダム地点の計画洪水量563立方メートル/sのうち最大326立方メートル/sを自然調節します。また計画最大放水量は331立方メートル/sです。


昭和49年7月8日七夕災害・下流の落合橋を望む

 畑地かんがい用水(浜名湖北部農業水利用事業)みかんのイラスト

浜名湖北部に位置する三ヶ日・細江・引佐の3町及び浜松市都田地区のみかん園2,400haに対し,国営かんがい排水事業・県営畑地帯総合整備事業が実施されています。都田川ダムは,これに要する水量(最大1.48立方メートル/s)を確保し,その貯水量は346万立方メートルです。

 水道用水(遠州広域水道用水供給事業)

水道蛇口のイラスト2市4町(浜松市・湖西市・新居町・細江町・引佐町・三ヶ日町)の給水対象人口約21万人に対し,最大109,700立方メートル/日の水道用水を供給しています。都田川ダムは,このうちの都田川からの取水量(最大36,290立方メートル/日(0.42立方メートル/s)を可能にするために142万立方メートルを貯留しています。

 

都田川ダムのページの最初へ

ダム緒元

[ダム地点] 左岸:静岡県引佐郡引佐町東久留女木新田
右岸:静岡県引佐郡引佐町川名
[貯水池]
いなさ湖
集水面積:56k平方メートル
湛水面積:0.74k平方メートル(背水3.7km)
総貯水量:12,020,000立方メートル
有効貯水量:10,340,000立方メートル
防災:5,460,000立方メートル
農水:3,460,000立方メートル
上水:1,420,000立方メートル
[ダム] 形式:中央コア型ロックフィルダム
堤高:55.0m
堤長:170.0m
堤体積:707,620立方メートル
貯水効率:17(12,000,000÷700,000)
[放水設備] 放流管(オリフィス型):3.80m×2.50m×2門(EL101.20m)
常用洪水吐:幅13.5m(EL108.00m)
非常用洪水吐:幅72.347m(EL110.50m)

都田川流量配分図

都田川流量配分図

管理観測設備

1.水象、気象観測設備

水位観測(上流)・・・・・川合淵
(下流)・・・・・須部、落合橋
雨量観測・・・・・・・・・・渋川、ダム管理事務所
風速、風向、気温、気圧、湿度、蒸発量・・・・・ダム管理事務所
地下水位計

2.堤体観測設備

間隙水圧計(堤体内)29ヶ所,漏水揚圧力計(監査廊内)18ヶ所
表面沈下計(堤体表面4列)20ヶ所,層別沈下計(堤体内)1ヶ所
岩盤沈下計(監査廊内)11ヶ所,漏水量計3ヶ所(監査廊及び堤体下流)
土圧計(堤体内)9ヶ所,継目計(堤体)14ヶ所
鉄筋計(堤体内)15ヶ所,境界面すべり計3ヶ所
地震計8ヶ所,温度計3ヶ所

3.その他

警報告知板・・・・・・10ヶ所

事業経過

昭和年・月・日 事項


昭和41年3月22日
昭和42年7月18日
昭和43年3月27日
昭和43年4月24日
昭和43年10月中旬
昭和44年6月
昭和45年2月27日
昭和45年4月1日
昭和45年10月5日
昭和45年10月16日
昭和46年11月30日
昭和47年5月24日
昭和47年12月22日
昭和48年10月24日
昭和50年1月13日
昭和50年6月9日
昭和51年6月10日
昭和52年3月30日
昭和52~53年度
昭和52~61年度
昭和52~57年度
昭和55年7月25日
昭和56年6月8日
昭和57~61年度
昭和59年10月17日
昭和60年3月26日
昭和61年3月15日
昭和61年11月12日

都田川改修促進期成同盟会発足
都田川防災ダム事業計画発表・・・静岡県
地元説明会開始・・・浜松土地改良事務所
土地改良事業申請
県営防災ダム事業都田川地区採択(コンクリート案)
地元の一部に反対運動起こる
地元説明会を再開
計画案を基本的に合意
都田川農地防災ダム建設事務所開設
ダム全体実施計画承認
補償基準提示
補償調印完了(移転10戸、土地94ha)
付替県道工事着工~49年度まで
ダムタイプ変更協議開始(ロックフィルタイプ)
共同事業アロケート案協議開始(防災・農水・上水)
仮排水路着工~52年度まで
ダム計画変更申請(昭和51年5月6日確定)
防災・農水・上水三者基本協定調印
河川法第24・26・27条許可申請(許可昭和55年7月15日)
仮締切工
堤体工(昭和52年7月1着工)
洪水吐工
ダム定礎式
盛立完了祝賀式
管理道路工
貯水式、貯水池を「いなさ湖」と命名
常時満水位101.20mとなる
久留女木大橋完成(管理道路)
完工式

事業着手昭和43年度,完了61年度事業費約128億円

平面図

ダム平面図

標準断面図

都田川ダム標準断面図

貯水池容量配分図

貯水池容量配分図


 

いなさ湖利用のQ&A

Q1.東岸スロープは鳥獣保護及び近隣住民の方々の防火のために閉鎖されることは理解出来るし協力もしたいが、西岸スロープも車止めにより車両の進入が禁止されるのは何故ですか。

ダム水際に接するスロープ部については、管理者としては従来から東岸、西岸とも一般車両の進入を禁止してきました。この理由は従来からの意見交換会で説明してきましたとおり、本ダムは洪水調節用ダムのため、降雨状況によっては進入路の中段付近まで水位が上昇することがあり、本ダムの特徴を理解していない利用者が、車などを駐車したまま水没する危険性も想定されるからです。この場合、管理者としてはこのような、「危険性に対し最も理解度の少ない利用者」を想定した安全対策を講じておく必要があり、進入路は管理者のダム管理に使用する以外、一般車両の進入は禁止しているもので、これは今後とも変更することは困難です。また、東岸進入路についてはダム管理用とともに、地域の消防水利に利用することを目的としていますので同様に一般車両の進入は禁止しています。


【車止めの例】

Q2.西側スロープへの車両の進入が不可能ならば、ボートの上げ下ろしのための台車などを保管するスペースを、有償でも構わないので確保して欲しい。

現地のダム用地内には、台車などを保管する面積的な余裕はあるかもしれませんが、これらの用地は全て広義の意味でダム管理に必要な用地です。他の目的で使用する場合は、ダム管理に支障があるかどうかの判断をしなければなりません。また、県は特定の人に便宜を図ることは許されていないため、使用を認めることは困難です。
このような状況から種々の制限を設けざるを得ないことをご理解願います。

問い合わせ先

都田川ダム管理事務所
〒431-2202静岡県浜松市北区引佐町川名字八平2-1
TEL・FAX053-544-0324
※平日の午前中のみ

西部農林事務所担当
農村整備課調査計画係
TEL:053-458-7224/FAX053-458-7169
E-mail:seinou_nouson@pref.shizuoka.lg.jp

都田川ダムのページの最初へ

西部農林事務所のトップページへ

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?