• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 組織別情報 > 経済産業部 > 水産振興課 > 静岡県立漁業高等学園 > 授業と実習

ここから本文です。

更新日:平成29年5月17日

静岡県立漁業高等学園

授業と実習

大型漁船の運航に必要なことを学ぶ授業

大型漁船の幹部になるためには海技士資格が必要です。

海技士資格には航海と機関があり、それぞれの専攻に分かれて五級以上の筆記試験合格を目指します。

大型漁船授業

主な教科

航海術:海図の使い方、航海の方法

運用術:操船技術、航海当直

航海術算法:距離などの計算方法

内燃機関:エンジンなどの構造や運転

舶用電気:電気の知識、電気設備

執務一般:機関当直や船内作業

水産技術:資源管理ほか水産全般

現場の即戦力に必要な技術を徹底反復する実習

三十種類以上のロープワーク、網や竿などの作り方、当直作業など、漁船で実際に使われる技術を学びます。特にロープワークは周年、繰り返して覚えます。ただ「できる」のではなく「どんな体勢でも、素早く、確実にできる」ことを目指します。

ロープワーク1

ロープワーク2

 

 

 

 

 

お問い合わせ

静岡県立漁業高等学園
〒425-0033 焼津市小川3747-2
電話番号:054-627-0219
ファックス番号:054-626-1056
メール:gyogaku@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?