• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 県政情報 > 行政改革・情報公開 > 経営管理部/行政経営課トップページ > 静岡県の行政運営システム

ここから本文です。

更新日:平成29年8月10日

静岡県における行財政改革の取組-2静岡県の行政運営システム

   

静岡県が実践する行政改革の特徴

静岡県では、これまで「節約型」ではなく、「行政の生産性の向上」を目指して、「施策展開表」、「ひとり1改革運動」など、新しい行政経営の手法の導入に積極的に取り組んできました。

また、透明性の高い「見える」県政の実現を目指し、「事業仕分け(平成21~24年度)」、「事業レビュー(平成25年度~)」による事業の見直しを行うなど客観的視点を取り入れた行政改革に取り組んでいます。

【静岡県の行政運営システムのイメージ図】

plan

施策展開表

静岡県では、平成9年度から「業務棚卸表」を導入し、平成24年度からは「施策展開表」に名称を変更した上で、これを活用して、行政評価を行っています。

「施策展開表」は、各課が持つ目的・目標が明示され、その実現のため実施する日常業務が体系的に記述されており、各課が目的・目標を達成するため何をどこまでやるかを具体的に記した作戦書です。

各課が持つ目的・目標は、県の最上位計画である総合計画に示した目的・目標を設定していることから、総合計画を進めるための作戦書(単年度の「実施計画書」)としての役割も担っています。

「施策展開表」は、毎年、本庁全ての課で作成しており、人的・財政的資源を効果的に投入するための行政評価システムとして「予算の編成」や「仕事の再編」などに活用されています。

出先機関では、平成21年度からは「財務事務所」で、平成23年度からは「農林事務所」で、平成24年度からは「土木事務所等」で、平成25年度からは「健康福祉センター」においても「施策展開表」を作成しています。

県は、県行政の透明性を高め、説明責任を果たすため、「施策展開表」をホームページ等で公表するとともに、県民の代表である県議会の決算特別委員会に提出し、検証していただいています。

静岡県は、「施策展開表」を活用し、計画(Plan)、実施(Do)、評価(Check)、改善(Action)のサイクルを着実に繰り返すことで、行政の質と効率性の向上につなげ、「県民満足度の向上」を目指していきます。

事業レビュー

静岡県は、平成21年度に現在行っている事業の必要性や、その事業を本当に県が実施すべきかどうか等について、外部の専門家や県民が議論し、事業の見直しに活用していく「事業仕分け」を実施しました。平成25年度からは、事業仕分けの次のステップとして、対象事業の「施策を推進する効果」が高いのか、低いのかという効果判定に加えて、県の施策や事業を今後どのように展開していくかについても県民に議論していただくという「“ふじのくに”士民(しみん)協働事業レビュー」を実施しています。

ひとり1改革運動

静岡県では、「職員一人ひとりが行政改革の担い手である」との自覚を深め、それぞれが日々の業務の質を向上させていく取組を進めるため、平成10年度から「ひとり1改革運動」に取り組んでいます。

「ひとり1改革運動」では、「速く、ムダなく、いい仕事」をスローガンに、職員一人ひとりが身近なところから改革の実践に取り組むことで、日常的に自ら考え行動する組織風土の醸成を目指しています。

改革事例の中には、経費や時間の縮減を実現した事例や、行政サービスの向上が図られた事例が多数あり、“量”だけでなく“質”についても充実したものとなっています。

施策目的別組織

静岡県では、効率的な行政運営を的確に進めるため、組織を行政の目的別に編成しています。

 

お問い合わせ

経営管理部職員局行政経営課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2911

ファックス番号:054-221-2750

メール:gyoukei@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?