• 携帯電話向けページ
  • Other language
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • リンク集
  • サイトマップ
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 県政情報 > 行政改革・情報公開 > 経営管理部/行政改革課トップページ > 行政改革課/静岡県の行政運営システム > 行政改革課/ひとり1改革運動

ここから本文です。

更新日:平成28年8月2日

ひとり1改革運動 

   

平成28年3月18日に、平成27年度「ひとり1改革運動」事例発表・年間表彰式を開催しました。

当日は各部門の大賞に選定された優秀事例の発表を行い、その中から知事、秋山雅弘株式会社ダイ精研代表取締役会長、白井義博QCサークル東海支部静岡地区顧問、日詰一幸静岡大学教授、鈴木智子特定非営利活動法人静岡時代事務局・代表理事の審査により、最優秀賞、優秀賞、優良賞を決定しました。

開催概要

  1. 日時:平成28年3月18日(金曜日)午後3時15分から午後5時15分まで
  2. 場所:県庁西館4階第1会議室
  3. 次第
    ・年間表彰の受賞所属紹介
    ・優秀事例発表(10事例)
    ・ゲスト事例発表(株式会社キャタラー様)
    ・表彰式
    ・講評
◆発表を行った優秀事例と結果は下表のとおりです。

 

No.

表彰部門

取組名

受賞所属

 
 

1

フレッシュ(※)

生活保護変更決定通知の発送作業の見直しについて

賀茂健康福祉センター生活保護課生活保護班

 

2

IT活用・見える化・情報発信

NDVI解析を活用した効率的な森林実態の把握

交通基盤部森林計画課森林計画班

 

3

仕事の進め方の見直し

転入職員がすぐに活躍できる、実務に即した「スタートアップマニュアル」を策定

東部健康福祉センター育成課育成第1班

 

4

県民サービス向上・職場環境改善

元気いっぱい お子さま連れの 来庁者 相談室には おもちゃもいるよ!

中部県民生活センター総務担当、消費者行政班、労政班

 

5

予算節減努力

【優良賞】

(第3位)

ふじのくに自治体情報ネットワークを市町との共同で構築

企画広報部情報政策課情報政策班

 

6

連携・協働・みんなで取組

【優秀賞】

(第2位)

富士圏域で、妊産婦と赤ちゃんを救う支援ネットワークを立ち上げ

富士健康福祉センター福祉課 福祉こども班

 

7

やめる・へらす・かえる

会計書類の出納審査内容の見直し

出納局出納審査課県費第1班、県費第2班

 

8

地域活性化

【会場奨励賞】

ふじのくに少子化突破戦略事業

健康福祉部こども未来課少子化対策班

 

9

安全・安心・危機管理

CT撮影における医療被曝を大幅低減
~骨系統疾患を1/4の線量で撮影が可能~

県立こども病院 診療支援部放射線技術室

 

10

広報グランプリ

【最優秀賞】

(第1位)

ロダン館の魅力倍増!「ロダンウィーク」でにぎわいづくり

県立美術館総務課、学芸課

 

フレッシュ部門:採用6年目程度までの若手職員の取組

【インターネットでの中継について】

当日の模様は県ホームページで生中継を行いました。会場にお越しになれなかった方はぜひこちらを御覧ください。
インターネットによるライブ中継(外部サイトへリンク)

ひとり1改革運動とは

静岡県では、「速く」「ムダなく」「いい仕事」をスローガンに、職員一人ひとりが身近な業務を見直して改革・改善を行う「ひとり1改革運動」に平成10年度から取り組み、行政の生産性の向上に努めています。

  • 27年度は15,511件の取組があり、10年度の運動開始からの累計取組件数も約21万3千件となっています。
  • 改革事例の中には、経費や時間の縮減を実現した事例や、行政サービスの向上が図られた事例が多数あり、“量”だけでなく“質”についても充実したものとなっています。
  • 重点的に取り組むテーマについては推進月間を設け、改革成果の質の向上を目指しています。
  • 職員の改革意識の高揚と改革成果の共有化を図るため、年間の取組の中から特に優秀な事例について、毎年3月に事例発表及び年間表彰式を行っています。
  • 改革・改善運動の普及や事例の共有化に向け、事例集を発行(~22年度)しています。

取組件数の推移 

年度 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23
取組件数
5,353 5,467 7,237 8,005 7,848 7,110 9,787 12,392 12,590 12,368 17,048 15,722 14,597 14,431
うち改革成果
3,397 2,617 2,647 4,739 5,633 5,630 8,492 11,256 11,481 11,511 16,535 15,350 14,280 13,541
うち提案 1,956 2,850 4,590 3,266 2,215 1,480 1,295 1,136 1,109 857 513 372 317 -
うちアイデア - - - - - - - - - - - - - 890

 

年度 24 25 26 27
取組件数
15,063 16,443 16,795 15,511 213,767
うち改革成果
15,018 16,420 16,767 15,502 190,816

うち提案

- - - - 21,956
うちアイデア 45 23 28 9 995



 

 

 

単位:件数

「改革成果」自ら改革・改善を実施した件数
「提案」自らの所属では解決できない課題の解決策を提案した件数
「アイデア」自らの所属では解決できない課題の解決策を他所属に募集し提案のあった件数
torikumikennsuusuii

本文の先頭


 

取組の効果 

平成27度「ひとり1改革運動」の取組16,795件の効果を数値換算しました。

 27koukagaku

 ひとり1改革運動の取組成果については、「県庁のしごと改革ニュース」で御紹介しています。

本文の先頭へ

 運動の進め方

職員一人ひとりが身近な業務を見直して、常に改革・改善を行う「ひとり1改革運動」の推進を図るため、重点的に取り組むべきテーマについては推進月間を設け、改革成果の質の向上を目指しています。優秀な取組については、テーマ別改革賞として表彰しています。また、「ひとり1改革の手引き」を作成し、改革・改善に対する意識を高め、職場の活性化と組織力の向上を図っています。

平成28年度:推進月間テーマ

テーマ
5月  書類の山からサヨナラ!快適職場空間で効率UP!
7月  業務がラクラク!RAKUして効率化
9月  ヒヤリ・ハットや失敗から学んでより良い職場  ・  風通しの良い職場づくり
11月  地域の活力は現場にあり!創意工夫で地域を元気に  ・  みんなで力を合わせよう!市町や民間の皆さんと協力しよう!

 

推進月間における取組内容(テーマ別改革賞)はこちらから

 

優秀な取組を紹介します!
5月推進月間改革賞を受賞した 東部健康福祉センター 総務課 総務班 のみなさんに、ふじのくにづくり学生研究会(※)の学生さんと、インタビューを実施しました。
QCサークル静岡地区の指導者 アスモ株式会社 鈴木 徹 様 から取組について参考となるアドバイスもいただいております。
改善の内容が分かりますので、是非、御覧ください。

5月推進月間におけるインタビューとQCサークル指導者からのコメント(PDF:1,498KB) 

今年度から、推進月間優秀事例取組所属に対し、ふじのくにづくり学生研究会と連携して直接インタビューを行うこととしました。
優れた取組を職員間で共有して横展開を図るとともに、広く県民の皆様に情報発信して取組を認識していただくことにより、組織全体の活性化につなげます。
また、QCサークル静岡地区の指導者 アスモ株式会社品質管理部 鈴木 徹 様からコメントをいただくことにより、
民間企業の改善手法を日頃の業務に取り入れ、新たな発想やアイデアで効率的に業務を進める体制を目指します。 

 ※ふじのくにづくり学生研究会
   26年度事業レビューに県民評価者として参加した大学生のうち有志19人
 により組織されました。事業レビュー後も継続して地域課題について研究し、若者としての意見を県政に反映させるための活動を行っています。

 

本文の先頭へ

 

QCサークル静岡地区との連携

QC(『Quality(品質)Control(管理)』)サークルとは、「製品・サービス・仕事」などの質の管理・改善を目的に、企業、団体等が自主的に活動するサークルで、「QCサークル静岡地区」と静岡県は相互に連携を図り、改革・改善活動に取り組んでいます。

(QCサークル静岡地区との連携)

項目

内容

QCサークル静岡地区改善事例発表会

QCサークル静岡地区改善事例発表会へ参加し、企業、団体等の取組の共有を図っている

「ひとり1改革運動」事例発表・年間表彰式

QCサークル静岡地区改善事例を発表していただき、企業、団体等のノウハウの共有を図っている(県幹部職員出席)

「ひとり1改革運動」への助言等

QCサークル静岡地区より本県の取組に対する助言等をいただき、改革・改善運動のさらなる活性化を図っている

QCサークル静岡地区出前研修会

QCサークル静岡地区より講師をお招きし、民間企業等における業務改善手法や課題、問題解決の進め方を学び、日頃の業務改善に取り入れることで、より一層の行政の生産性を向上させるための研修を行っている

 

(外部サイトへリンク)※QCサークル静岡地区ホームページ(活動方針、事例発表会案内・資料等が掲載されています。)

事例集の発行 

平成22年度「ひとり1改革運動」事例集

平成22年度の改革事例の中から、表彰の対象となった優秀な事例や汎用性が高く共有化の容易な事例等を中心に80事例を選定し、カテゴリーごとに分類した事例集(~22年度)を作成しました。

平成22年度事例集(平成23年8月作成)(PDF:3,183KB)
平成21年度事例集(平成22年8月作成)(PDF:1,733KB)
平成20年度事例集(平成21年10月作成)(PDF:2,138KB)
平成19年度事例集(平成20年8月作成)(PDF:8,714KB)
改革事例の共有化事例集(平成19年4月作成)(PDF:182KB)
身近な改革事例集(平成18年12月作成)(PDF:319KB)

「やめた・かえた・へらせた」事例集

業務量や業務時間を縮減した取組をまとめた「やめた・かえた・へらせた」事例集を作成しました。

全職員で事例を共有化し県全体で業務量及び業務時間を縮減するとともに、身近な仕事を見直して業務のやり方改善を推進し、ゆとりを持った質の高い仕事につなげます。

「やめた・かえた・へらせた」事例集(2)(平成22年2月作成)(PDF:155KB)
「やめた・かえた・へらせた」事例集(1)(平成21年5月作成)(PDF:849KB)

本文の先頭へ

 

 

   
 
●行政改革課トップページ
1これからの行政改革への挑戦
2静岡県の行政運営システム
│├業務棚卸表(静岡県の行政評価)
│├事業仕分け
│├ひとり1改革運動
│└施策目的別組織
3地域主権を拓く執行体制の整備
4業務執行プロセスの見直し
 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

経営管理部職員局行政改革課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2911

ファックス番号:054-221-2750

メール:gyoukaku@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?