• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 県政情報 > 行政改革・情報公開 > 経営管理部/行政経営課トップページ > 業務執行プロセスの見直し > 行政改革課/アウトソーシング

ここから本文です。

更新日:平成29年4月3日

アウトソーシング

   

外部の人材やノウハウを活用

厳しい行財政事情の中で、組織を肥大化することなく、時代の変化に対応した良質な行政サービスを提供していくためには、自前の人的資源に、外部の人材やノウハウを組み合わせることによって何倍もの活動を展開していく「アウトソーシング」が有効です。

静岡県では「アウトソーシング」の積極的な活用により、行政需要の増が見込まれる行政部門について、増員することなくサービスの充実を実現しようとしています。

「アウトソーシング」の効果

質の高いサービスの提供
外部の専門性の高い良質な労働力を活用することによって、質の高いサービスを提供することが可能となります。

自前の人的資源の有効活用
外部のマンパワーを活用することにより、自前の人的資源を組織が最も重視する分野へ集中投入していくことが可能となります。

固定的な労働力の抑制
外部の資源を有効活用することにより、固定的な労働力を最低レベルに抑え、スリムな経営体質が実現可能となります。

これまでの主な取組

道路維持作業、公用車の運転などの業務や高度な専門技術、ノウハウを要する調査、電算システムの開発などについて民間委託を推進してきました。

平成14年度以降は、「総務事務センター」(本庁)や出納室(出先機関)に集中化する総務事務の一部の民間委託などを実施しました。

民間委託による定員削減の主な事例(平成24年度までの実績)

    業務の種類

    内容

    開始年度

    削減数
    道路維持補修 県道の維持・補修
    S62
    70人
    動物保護 放浪犬等の保護及び収容
    H3
    15人
    公用車運転 公用車の運転、管理
    H4
    35人
    用地取得 用地交渉、土地・物件現地調査、契約締結補助
    H10
    23人
    総務事務 給与及び旅費等の支給
    H14
    44人
    守衛業務 守衛業務 H21
    4人
    その他  
    73人
    合計  
    264人
 
行政経営課トップページ
1.これからの行政改革への挑戦
2.静岡県の行政運営システム
3.地域主権を拓く執行体制の整備
4.業務執行プロセスの見直し
 
  総務事務の集中化
公用車の一元管理
アウトソーシング
外郭団体等の改革
│├各外郭団体等の点検評価表の公表
││(外郭団体)
││(その他の県出資法人)
│├静岡県外郭団体改革計画
│└外郭団体の経営に関する指針
指定管理者制度

お問い合わせ

経営管理部職員局行政経営課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2911

ファックス番号:054-221-2750

メール:gyoukei@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?