• 携帯電話向けページ
  • Other language
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • リンク集
  • サイトマップ
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 県政情報 > 財政・県税・出納・監査 > 県税のしおり > ふじのくに応援寄附金(ふるさと納税) > 「ふるさと納税」による税軽減のしくみ

ここから本文です。

更新日:平成27年10月21日

「ふるさと納税」による税軽減のしくみ

「ふるさと納税」によりご寄附をいただいた方は、寄附金の2,000円を超える金額について、所得税と個人住民税から一定額を上限に軽減を受けることができ、ふるさとに納税したのと同じ効果となります。

税の軽減の試算・自己負担額が2,000円となる寄附額の目安

総務省のホームページを参照ください。→総務省ホームページ(外部サイトへリンク)
※総務省掲載資料につきましても、あくまでも目安です。正確な計算は、寄附翌年1月1日にお住まいの市区町村にお尋ねください。

税の軽減額の計算方法

所得税の限界税率a%、X円を寄附した場合の控除税額は、次のア、イ、ウの合計額となります。

所得税 (X円-2,000円)×a%・・・ア
個人住民税(基本控除) (X円-2,000円)×10%・・・イ
個人住民税(特例控除) (X円-2,000円)×(100%-10%(基本控除分)-a%)・・・ウ
  • 所得税の限界税率は、年収により0%~45%の間で変動し、平成26年度から平成50年度については、復興特別所得税を加算した率となります。
  • 所得税の控除対象限度額は総所得金額等の40%、個人住民税(基本控除)の控除対象限度額は総所得金額等の30%です。
  • 総所得金額等とは、サラリーマンの場合は、給与収入から給与所得控除額を控除した金額、年金受給者の場合は、年金収入から公的年金等控除額を控除した金額です。
  • 個人住民税の特例控除額は、個人住民税所得割額の20%が限度です。

年収700万円で夫婦・子なしの計算例

30,000円の寄附をした場合

所得税の限界税率20%/寄附金30,000円

所得税 (30,000円-2,000円)×20%=5,600円・・・ア
個人住民税(基本控除) (30,000円-2,000円)×10%=2,800円・・・イ
個人住民税(特例控除) (30,000円-2,000円)×(100%-10%-20%)=19,600円・・・ウ
税の軽減額 ア+イ+ウ=28,000円
自己負担額 30,000円-28,000円=2,000円
ふるさと納税控除計算例
 
  • 所得額、家族構成、寄附額、その他の控除等によって、税の軽減額や自己負担額は変わります。
  • 他の地方公共団体に対する寄附がある場合には、それらを合算した額で計算されます。

 

お問い合わせ

経営管理部財務局税務課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2337

ファックス番号:054-221-3361

メール:zeimu@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?