• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 県政情報 > 財政・県税・出納・監査 > 県税のしおり > ふじのくに応援寄附金(ふるさと納税) > ふるさと納税の実績・応援メッセージ

ここから本文です。

更新日:平成29年2月24日

ふるさと納税(寄附金)の実績・応援メッセージ

ふるさと納税(寄附金)の実績

皆様からいただいたご寄附は、県政の発展のために大切に使わせていただきました。心よりお礼申し上げます。ふじっぴー

今後とも静岡県への応援をどうぞよろしくお願いいたします。

 

年度

件数(実人数)

寄附金額

27年度

1,510件(1,451人)

24,595,000円

26年度

1,521件(1,505人)

21,489,000円

25年度

893件(884人)

15,539,260円

24年度

273件(264人)

5,456,001円

23年度

131件(128人)

3,670,514円

22年度

49件(49人)

4,178,000円

21年度

38件(38人)

1,347,500円

20年度

17件(9人)

290,750円

 

【27年度の内訳】

寄付金の活用分野

件数(件) 金額(円)

1.世界遺産富士山の保全管理

518

7,170,000

2.芸術・文化の振興

41

640,000

3.観光振興の推進

70

1,220,000

4.津波対策の推進

161

2,625,000

5.「安心」の健康福祉の実現

84

1,698,000

6.「ものづくり」の振興

55

900,000

7.地球環境保全の推進

43

760,000

8.NPO活動の推進

31

313,000

9.教育の振興

196

3,684,000

10.県政全般

307

5,255,000

11.その他

4

330,000

1,510

24,595,000

ふるさと納税(寄附金)の活用について

 平成27年度に皆様からいただいた寄附金を活用した主な取組を分野別に紹介させていただきます。

○世界遺産富士山の保全管理

  富士山の普遍的価値を後世に継承するための取組の一環として、富士山総合案内の設置や下山道の安全対策などに活用しました。
  富士山総合案内によって円滑な情報提供を実施するとともに、登山者の安全確保を図るために下山道の安全対策を実施しました。

 

 下山道安全対策

○芸術・文化の振興

  芸術作品の発表や鑑賞の機会を広く県民に提供する「ふじのくに芸術祭」の開催に活用しました。
  特に、学生(高校生、専門学生、大学生)のアート作品の展示会や、高校生の短歌俳句の作品公募等、若年世代を対象とした事業に活用し、「ふじのくに芸術祭」の内容の充実を図りました。

 

○観光振興の推進

  各種パンフレットの作成、観光展への出展、国内外の旅行会社へのセールスコール等に活用しました。
  観光振興施策の効果もあって、平成27年の静岡県の延べ宿泊者数は、前年同期比7.2%増の約2,253万人泊となりました(観光庁の「宿泊旅行統計調査」より)。

 

 観光商談会

○津波対策の推進

  津波対策施設及び津波防護施設の整備に活用しました。
  海岸や河川、港湾、漁港において津波を防ぐための施設と内陸部において後背市街地への津波による浸水拡大を防ぐための施設を整備し、整備地域の発災時の安全性向上を図りました。

 

 津波対策堤防

○「安心」の健康福祉の実現

  女性特有の健康状態の保持増進を図るための健康教育と子どもの虐待を防止するための学習会やグループ活動のために活用しました。
  女性特有の病症や妊娠出産に関する知識についての講演会等を開催し、健康管理に役立てていただく機会を提供するとともに、効果的な虐待予防に繋げるために親に対するグループケア活動を実施しました。

 

 女性のための健康教室

○ものづくり振興

  産業成長のための企画・調整及び新たな事業展開に積極的に挑む地域企業を官民協働でサポートする組織「オープンイノベーション静岡」による支援に活用しました。
  企業の課題の解決策を検討する「アドバイザリー・ボード」の開催により地域企業を支援するなど、本県独自の産業成長戦略に官民一体となって取り組みました。

○地球環境保全の推進

・環境学習活動・環境保全活動を促すため、活動を自発的にリードする人材の育成や「環境学習フェスティバル」などの開催に活用しました。具体的には、環境学習指導員養成講座を開催し、17名の指導員を養成したほか、環境関連イベントを開催し、環境学習の機会創出しました。また、地球温暖化防止の取組の”約束”募集や省エネ・節電コンテスト、小学生向けの体験学習なども実施し、約164千人の方に参加いただくとともに、優秀な取組については、発表と表彰を行い、温暖化対策に関する啓発を図りました。
・南アルプスの高山植物をニホンジカの食害から保護するため、防鹿柵の設置や土砂流出対策などの植生保護対策の実施に活用しました。保護対策を実施した箇所においては、高山植物の開花が数多く確認されるようになり、植生の復元が確認されました。

 

 H27実績(地球環境保全の推進)

○NPO活動の推進

  NPOの活動資金の調達や組織運営力強化のため、先駆的なNPO活動に対する助成に活用し、県民、企業、NPO、行政など多様な主体が協力して社会を支える仕組みづくりに寄与しました。

 

 

 NPO活用実績

○教育の振興

 教育の振興の一環として、児童生徒の情報活用能力の育成と、国際理解教育の充実を図るため、教員のICT活用指導力向上研修と海外派遣の推進に活用しました。
 研修には、ICT活用指導力を一層向上させるため、延べ1,000人を超える教職員が参加しました。
 海外派遣では、教育課題に対する諸外国の先進的な取組の調査研究が行われました。

 

本県への応援メッセージ

平成27年度に本県に寄せられた応援メッセージの一部をご紹介します。ご声援ありがとうございました。

  • さらに魅力ある街づくり頑張って下さい。
  • 高校時代まで静岡県で育ちました。故郷である静岡県に他県の方が観光で訪ねてくれることが増えるように寄附を活用してください。
  • 飛行機や新幹線では必ず富士山側の席を指定します。富士山を見るとなぜかホッとして元気になれます。すばらしい富士山をみんなで大切に守っていきたいです。
  • 美しい富士山、また観たいです。最高の観光地として守り続けてください。
  • 静岡県出身です。静岡の発展を願っています。
  • 果物や野菜、どれも品質のいいものをありがとうございます。静岡には日本の誇れるものがたくさんありますね。応援しています。
  • 静岡県内の病院に勤務していました。静岡の方々のあたたかさを今でも有り難く思っています。
  • 静岡出身です。よりよくなるように寄附を利用してください。
  • 高校卒業までお世話になった故郷に感謝しています。静岡県は自然や社会的条件に恵まれ、とても住みやすい土地です。県外に住んで一層その感を強くしています。
  • 沼津市出身です。静岡大好き!がんばって!
  • 海に山にと、どちらから見ても最高のロケーション!!どこに行ってもおいしいものを食べさせてくれる静岡、おいしいものを今まで以上においしく育ててください。静岡の名産品はどれも最高です!!!
  • 高齢者が生き甲斐を持って暮らせる街づくりをしてください。
  • 富士山は日本の宝!!登りたい!!
  • 頑張れ静岡!!
  • 良い教育で人材育成に力を入れてください。
  • 戦後すぐ、故郷へ向かう途中、電車賃が無くなり静岡で降りることになりました。そのときにお世話になった交番のお巡りさんと駅職員の方のおかげで故郷にたどり着くことができました。受けた恩が忘れられません。

お問い合わせ

経営管理部財務局税務課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2337

ファックス番号:054-221-3361

メール:zeimu@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?