• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 県政情報 > 財政・県税・出納・監査 > 県税のしおり > ふじのくに応援寄附金(ふるさと納税) > ふるさと納税の実績・応援メッセージ

ここから本文です。

更新日:平成30年10月25日

ふるさと納税(寄附金)の実績・応援メッセージ

ふるさと納税(寄附金)の実績

皆様からいただいたご寄附は、県政の発展のために大切に使わせていただきました。心よりお礼申し上げます。ふじっぴー

今後とも静岡県への応援をどうぞよろしくお願いいたします。

 

年度 件数(実人数) 寄附金額
29年度 1,112件(1,013人) 15,790,954円
28年度 1,353件(1,199人) 19,151,000円
27年度 1,510件(1,451人) 24,595,000円
26年度 1,521件(1,505人) 21,489,000円
25年度 893件(884人) 15,539,260円
24年度 273件(264人) 5,456,001円
23年度 131件(128人) 3,670,514円
22年度 49件(49人) 4,178,000円
21年度 38件(38人) 1,347,500円
20年度 17件(9人) 290,750円

 

【29年度の内訳】

寄付金の活用分野

件数(件) 金額(円)

1.環境保全・環境教育の推進

77

990,000

2.世界遺産富士山の保全管理

187

2,450,000

3.スポーツの振興

77

940,000

4.芸術・文化の振興

29

420,000

5.観光振興の推進

55

780,000

6.「安心」の健康福祉の実現

72

1,070,000

7.世界水準の次世代産業の展開

42

550,000

8.津波対策の推進

125

1,720,954

9.教育の振興(グローバル教育の充実)

144

2,190,000

10県政全般

301

4,460,000

11.その他

3

220,000

1,112

15,790,954

ふるさと納税(寄附金)の活用について

平成29年度に皆様からいただいた寄附金を活用した主な取組を分野別に紹介させていただきます。 

環境保全・環境教育の推進

環境学習指導者の養成
学校や地域で環境教育を主体的に推進する人材の養成するため、環境学習指導員養成講座を開催し、17名の指導員を養成しました。

 

 

環境教育(養成講座)

【環境学習指導員養成講座の様子】

県民運動「ふじのくにエコチャレンジ」
自主的な地球温暖化防止の取組を促進する県民運動「ふじのくにエコチャレンジ」の取組に活用しました。
“地球温暖化防止に取り組む約束”の募集や省エネ・節電コンテスト、小学生向けの体験学習などを実施し、地球温暖化対策の啓発のため、優秀な取組については、発表と表彰も行いました。
これらの取組に約29万3千人が参加し、約3,350トンの二酸化炭素を削減することができました。
高山植物保護対策
南アルプスの高山植物保護対策として、ボランティアの方と協働し、ニホンジカの食害から植物を保護する防鹿柵の設置等を実施するとともに、伏工による土砂流出対策の実施しました。保護対策を実施した場所では、高山植物の開花が数多く確認されるようになり、植生の復元が見受けられました。

 

 

環境保全(伏工)

【伏工作業の様子】

【伏工とは】
斜面全体を植物由来の繊維で編まれたシートで覆い、金属などのピンで固定する工法です。斜面に固定したシートに周囲から飛来した種子が定着することで、草の根による斜面の安定を図ります。

 

世界遺産富士山の保全管理

富士の国づくりキッズ・スタディ・プログラム
富士(ふじ)の国(くに)づくりキッズ・スタディ・プログラムでは、富士山の文化的な価値に関する子どもたちの理解を促進するため、浮世絵を使った授業を実施しています。平成29年度は、山梨県と連携し、これらの授業のために作成してきた教材のデジタル化に寄附金を活用しました。今回のデジタル化により、ホームページを通じた閲覧、印刷が可能になり、より多くの方に教材を活用いただけるようになりました。

富士の国づくりキッズ・スタディ・プログラム
ホームページhttps://www.fujinokuni-kids-study.jp

富士山静岡ナビ
静岡県では、寄附金を活用し、富士山に関する総合案内窓口として、富士山の情報を提供する富士山静岡ナビを設置しています。 平成29年度は、1,164件の相談に対応しました。

富士山静岡ナビ
電話番号:0544-21-3220受付時間:午前9時から午後4時まで(※)
※静岡県富士山世界遺産センター内に設置されているため、休館日にはお問い合わせいただけません。

 

スポーツの振興

「県民スポーツ・レクリエーション祭」
生涯スポーツ振興のための取組に寄附金を活用しました。具体的には、平成29年の4月から11月までの期間に実施した「第24回県民スポーツ・レクリエーション祭」や、「ニュースふれあいフェスタ」に活用し、10,537人の方に参加していただきました。

 

 

スポーツ祭29

【第24回県民スポーツ・レクリエーション祭(ソフトバレー)】

芸術・文化の振興

「ふじのくに芸術祭」
芸術作品の発表や鑑賞の機会を広く県民に提供する「ふじのくに芸術祭」の開催に寄附金を活用しました。
平成29年度は、全部門合計12,713人から応募があり、多くの方に鑑賞いただきました。特に、文学部門の高校生短歌・俳句・川柳コンクールには約1万点の作品が寄せられるなど、若い世代からも多くの参加をいただきました。

 

 

ふじのくに芸術祭2017

【ふじのくに芸術祭2017の様子】

 

観光振興の推進

観光客の来訪と滞在を促進するための観光商談会
寄附金を国内外へのプロモーションや旅行商品造成促進、パンフレットの作成等に活用しました。
具体的には、首都圏、中京圏、関西圏において観光商談会を開催し、県外旅行者及びメディアに対し、最新の観光情報を提供するとともに、県内観光事業者等との商談の機会を提供するプロモーションを実施しました。
様々な観光施策実施の結果、平成29年度の静岡県の延べ宿泊者数は、約2,063万人泊となりました。(観光庁「宿泊旅行統計調査」より。)

 

「安心」の健康福祉の実現

疾病や発達に遅れのある児童等に対する相談事業
及び虐待予防のための親子教室
静岡県では、精神面又は身体面の発達に遅れのある児童や慢性疾患を抱える児童とその家族に対する相談事業や、子育てに関する正しい知識を伝え、虐待を予防するための親子教室を実施しています。
平成29年度には、医師、保健師、心理士等の専門職員による相談事業及び親子教室を実施し、7ヶ所の健康福祉センターにおいて延べ375名への支援を行いました。

 

世界水準の次世代産業の展開

人材育成セミナー
及び企業のマッチングや新製品開発に向けた活動
静岡県は、健康増進・疾病克服と県民の経済基盤の確立により、世界一の健康長寿県の形成を目指す「ファルマバレープロジェクト」の推進に向けた事業を実施しています。
この「ファルマバレープロジェクト」の中核支援機関である(公財)静岡県産業振興財団ファルマバレーセンターが実施する人材育成セミナーや企業のマッチング、新製品開発への支援等に寄附金を活用しました。
平成29年度は、医療機器など新たに12の製品が開発されるとともに、新たに11社が医療健康産業へ参入しました。

津波対策の推進

津波対策施設及び津波防御施設の整備
海岸や河川、漁港において津波を防ぐための施設と、内陸部において背後市街地への津波による浸水拡大を防ぐための施設を整備し、整備地域の発災時の安全性向上を図りました。

 

 

津波防御施設(H29)

【新設された沿岸部津波防御施設】

 

教育の振興(グローバル教育の充実)

高校生の海外留学や海外インターンシップ
及び教職員の海外研修
高校生の海外留学や海外インターンシップ及び教職員の海外研修等を支援するため、国際的な幅広い視野を有する人材の育成を目的とする「ふじのくにグローバル人材育成基金」に寄附金を活用しました。
平成29年度は213人の高校生と17人の教職員が海外に渡航し、語学研修やボランティア活動、海外工場における就労体験、専門分野の課題研究等を実施しました。
取組を開始した平成28年度と平成29年度の2年間で、本基金を活用した海外派遣人数は、延べ327人となりました。

 

 

カルフォルニア州大学連携留学

【アメリカ合衆国カリフォルニア州における大学連携留学の様子】

 

本県への応援メッセージ

平成29年度に本県に寄せられた応援メッセージの一部をご紹介します。ご声援ありがとうございました。

以前静岡市に住んでいたことがあり、海の幸山の幸が豊富で街の雰囲気も穏やかで大好きでした。頑張ってください。

山も海も川もあって住みよい街です。

お茶のイメージの静岡ですが、初めて納税させていただきました。いつかは訪ねてみたいと思っております。

よりよい町作りをお願いします。特に地震や津波対策をお願いします。

東南海地震のそなえ、頑張ってください。

三ヶ月に一回くらい伊東に遊びに行きます。地域に貢献できたら嬉しいです。

静岡県出身です。静岡に行くたびに、人や食べ物、自然等々の温かさに癒されています。ありがとうございます。この環境をこのまま将来に繋げていって下さい。いつもいつまでも出身者が誇れる静岡県であって欲しいです。

頑張れ静岡!富士山を守ろう!

静岡の自然の保護と活用を期待します。

県大出身者です。静岡頑張れ!素晴らしい街です。

サッカー王国静岡を応援しています。

故郷静岡を離れて50年近くになりますが、やはり東海地震が心配です。防災に力を入れてください。

県立がんセンターの陽子線治療で子供が大変お世話になりました。おかげ様で元気にしています。わずかですが感謝の気持ちでお送りします。これからもがん医療の推進に頑張ってください。

より良い街になりますよう応援しています。

雄大な駿河湾と富士山は日本の宝です。三保の浜には何度も行きました。

静岡県は観光資源が沢山あり、大好きで何度も行きたくなる魅力が沢山あり大好きな県です。いつも楽しく訪れています。ありがとうございます。

第一のふるさと静岡県。素晴らしいところが沢山!これからも素敵な静岡であってほしいです。

日本一の富士山を眺めながらその先の世界一の称賛に値するスポーツ振興を目指して頑張ってください。

仕事の都合で県外に住んでいますが、生まれ育った静岡が今も大好きです。静岡のシンボルである富士山をきれいに維持できるように使ってもらえたらいいなと思い、今年初めてふるさと納税をしました。

出身県です!ますますの発展期待しております。

頻繁に旅行に行きます。美しい街をいつまでも維持してください。

父の故郷があり幼少期は静岡に住んでおりました。微力ながら応援させて頂ければと思います。

 

お問い合わせ

経営管理部財務局税務課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2337

ファックス番号:054-221-3361

メール:zeimu@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?