• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 県政情報 > 財政・県税・出納・監査 > 県税のしおり > 核燃料税のあらまし

ここから本文です。

更新日:平成30年3月20日

核燃料税のあらまし

核燃料税の概要

 静岡県では、中部電力株式会社浜岡原子力発電所の立地に伴う周辺地域の環境放射線監視、温排水影響調査、漁港や漁場の整備、非常時の避難路の整備などの財政需要に対応するため、昭和55年度から法定外普通税として、核燃料税を導入しています。
 平成27年度からの5年間は、課税方式を従来の発電用原子炉に挿入された核燃料の価額に対して課税する価額割に加えて、稼動しているかどうかに関わらず、発電用原子炉の熱出力に対して課税する出力割を併用しています。

 項目

内 容

課税方式

価額割、出力割併用方式

課税客体

価額割:発電用原子炉への核燃料の挿入

出力割:発電用原子炉を設置して行う発電事業

課税標準

価額割:発電用原子炉に挿入された核燃料の価額

出力割:発電用原子炉の熱出力

納税義務者

発電用原子炉の設置者(中部電力株式会社)

税率等

価額割:8.5%

出力割:一の課税期間ごとに1000kwにつき29,500円

「一の課税期間」は3ヶ月(年4回申告)

価額割換算8.5%相当、年額118,000円/千kw

(合計で税率17%相当)

収入見込額

(平成30年度)

価額割 0億円

出力割 12.4億円

  計 12.4億円

課税期間

平成27年4月1日から平成32年3月31日(5年間)

 

核燃料税に関する条例(PDF:117KB)

 

税収実績

 

更新期

課税期間

税率

税収

第1期

昭和55年4月1日~昭和60年3月31日

5%

27億3,640万円

第2期

昭和60年4月1日~平成 2年3月31日

7%

80億3,955万円

第3期

平成 2年4月1日~平成 7年3月31日

7%

79億7,272万円

第4期

平成 7年4月1日~平成12年3月31日

7%

71億7,911万円

第5期

平成12年4月1日~平成17年3月31日

7%

38億9,873万円

第6期

平成17年4月1日~平成22年3月31日

10%

62億5,434万円

第7期

平成22年4月1日~平成27年3月31日

13%

11億2,578万円

第8期

平成27年4月1日~平成32年3月31日

17%相当 

34億1,114万円

 (平成29年度見込みまで)

 

税収の使途

 

 今回の更新による核燃料税については、環境放射線監視センターの運営や避難路となる幹線道路の整備などの原子力安全対策、温水利用研究センターの運営や農道整備など農林漁業の振興を図る生業安定対策、海岸保全や河川整備など安全安心に生活できるための民生安定対策として、地域の安全と振興を図るための事業に、引き続き活用していくこととしています。

 今期(平成27年度~平成31年度)の使いみちの内訳(PDF:70KB)

 

 これまで核燃料税は、地域の安全と振興のため、次のような事業に活用されてきました。

 

 <原子力安全対策>

 浜岡原子力発電所の安全確保対策のための経費です。

 

環境放射線監視

 原子力発電所の周辺環境の安全確保のため、常時測定している放射線のデータを収集・解析し、周辺環境を監視しています。

環境放射線監視

【静岡県環境放射線監視センター(牧之原市)】 

 

 避難道路整備

 非常時に地域の方々が円滑に避難できるよう、道路を整備しています。 

避難道路整備

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 【国道150号(御前崎市)】

 
御前崎港整備

 港湾施設及び周辺の安全性を確保するため、防潮堤を整備しています。 御前崎港整備

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【御前崎港海岸防潮堤(御前崎市)】

 
防災行政無線維持管理

 非常時の重要な情報収集伝達手段である防災行政無線の維持管理を行っています。 防災行政無線

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 【防災行政無線中継所】

 

<生業安定対策>

 地域の農林漁業などの振興を図るための経費です。

 

温水利用研究センター

 魚介類の放流用種苗の生産・供給を行い水産業の振興を図っています。

温水利用研究センター水槽

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 【静岡県温水利用研究センター(御前崎市)】 

 
経営体育成基盤整備

 農作業の負担軽減と生産性の向上により農業経営の安定化を図るため、区画等の整備をしています。 経営体育成基盤整備

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 【菊川市上平川】 

 

<民生安定対策>

地域の方々が、原子力発電所と共生し、安心安全な生活を営むことができる地域づくりのための経費です。

 

急傾斜地崩壊対策

 がけ崩れから地域の方々の生命や資産を守るため、擁壁等を整備しています。 急傾斜地崩壊対策事業

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 【菊川市下平川】

 
河川整備

 風水害から地域の方々の生命や資産を守るため、堤防等を整備しています。

河川整備事業 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【筬川(御前崎市)】

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

経営管理部財務局税務課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2337

ファックス番号:054-221-3361

メール:zeimu@pref.shizuoka.lg.jp

知事直轄組織政策推進局財政課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2036

ファックス番号:054-221-2750

メール:zaisei@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?