• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 県政情報 > 財政・県税・出納・監査 > 県税のしおり > 県税のしおり-自動車保有関係手続きのワンストップサービスについて

ここから本文です。

更新日:平成29年4月3日

自動車保有関係手続きのワンストップサービスについて

自動車保有関係手続きのワンストップサービス(OSS)が、平成18年4月24日からスタートしました。

ワンストップサービスの概要

ワンストップサービスの対象手続き

ワンストップサービスの対象車両

自動車税、自動車取得税に関する事項

 ワンストップサービスの概要

自動車を保有するためには、各種申請や税金・手数料の納付などの手続きが必要です。

こうした手続をオンラインで一括して行うことを可能としたのが、「自動車保有関係手続きのワンストップサービス(OSS)」です。

このサービスを利用いただくと申請のために各行政機関の窓口に出向く必要がなくなり、パソコンを使ってインターネット上で手続きを行うことができます。

また、平成19年11月26日から、自販連((社)日本自動車販売協会連合会)または行政書士の代理申請に限り、住基カード(電子証明書付き)がなくても、ワンストップサービス(OSS)の利用が可能になりました。

「自動車保有関係手続きのワンストップサービス(OSS)」の詳しい内容や利用方法については、次のサイトをご覧ください。

自動車保有関係手続きのワンストップサービス(OSS)http://www.oss.mlit.go.jp/

イメージ画像:各種申請や税金・手数料の納付手続きなどがインターネットで一度に行うことができます。

このページの先頭へ

 ワンストップサービスの対象手続

  • 警察署で行う「自動車保管場所証明の申請」
  • 運輸支局等で行う「自動車の検査・登録の申請」
  • 財務事務所で行う「自動車税自動車取得税の申告・納付」

このページの先頭へ

 ワンストップサービスの対象車両 

  • 新規登録(新車)(自動車登録を受けていない自動車を登録する場合に行う手続)
  • 新規登録(中古車)(中古車でナンバープレートが付いていない自動車を登録する場合に行う手続)
  • 移転登録(既に登録されている自動車の所有者が変更になった場合に行う手続)
  • 変更登録(既に登録されている自動車の所有者氏名、名称または住所若しくは使用の本拠の位置を変更した場合に行う手続)
  • 一時抹消登録(既に登録されている自動車の運行を一時的に止める場合に行う手続)
  • 永久抹消登録(既に登録されている自動車の運行を完全に止める場合に行う手続)
  • 移転一時抹消登録(移転登録と一時抹消登録を同時に行う手続)
  • 移転永久抹消登録(移転登録と永久抹消登録を同時に行う手続)
  • 変更一時抹消登録(変更登録と一時抹消登録を同時に行う手続)
  • 記載事項変更(既に登録されている自動車の使用者の氏名、住所を変更する場合に行う手続)

  自動車の型式や車種、取得原因、課税区分等により申請に制限がありますので、詳しい内容については、次のサイトをご覧ください。

  自動車保有関係手続きのワンストップサービス(OSS)http://www.oss.mlit.go.jp/

  なお、課税免除や減免の対象となる車両については、ワンストップサービスの対象外となりますので、従来どおり窓口での申告をお願いします。

 

このページの先頭へ

 自動車税、自動車取得税に関する事項

[1]別送書類

自動車税、自動車取得税の申告・納付においては、別途、お送りいただくことが必要となる書類(「別送書類」)があります。

  • 「別送書類」が必要な場合 (例)新規登録(新車)
    「別送書類」が必要な場合 一般的な価額より、低い価額で自動車を購入した場合
    必要となる書類 売買契約書又は注文書の写しなど取得価額を証する書類
    別送書類コード 001
  • 「別送書類」が必要となる場合は、申請画面(自動車税、自動車取得税に関する入力2)において、該当の『別送書類コード』を入力してください。
    なお、申請画面からの入力がない場合でも、審査者からの補正通知により、「別送書類」が必要なことを通知される場合があります。
  • 「別送書類」をお送りいただく先は、次のとおりです。
    なお、お送りいただく場合には、受付番号を封筒に記載していただけますようお願いします。
    (受付番号は、申請時には到達番号として表示され、受付完了後には受付番号となります)
    区分 送付先(提出先)

    伊豆ナンバー該当区域

    使用の本拠が次の地域

    熱海市、三島市、伊東市、下田市、伊豆市、伊豆の国市、東伊豆町、河津町、南伊豆町、松崎町、西伊豆町、函南町

    〒410-0312
    沼津市原字古田2486番地の8
    静岡運輸支局
    沼津自動車検査登録事務所内
    静岡県沼津財務事務所自動車税分室(県税窓口)
    電話番号055-966-0626

    沼津ナンバー該当区域

    使用の本拠が次の地域

    沼津市、清水町、長泉町

    富士山ナンバー該当区域

    使用の本拠が次の地域

    富士宮市、富士市、御殿場市、裾野市、小山町

    静岡ナンバー該当区域

    使用の本拠が次の地域

    静岡市、島田市、焼津市、藤枝市、牧之原市、吉田町、川根本町

    〒422-8004
    静岡市駿河区国吉田2丁目4番25号
    静岡運輸支局内
    静岡県静岡財務事務所自動車税分室(県税窓口)
    電話番号054-261-4029

    浜松ナンバー該当区域

    使用の本拠が次の地域

    浜松市、磐田市、掛川市、袋井市、湖西市、御前崎市、菊川市、森町

    〒435-0007
    浜松市東区流通元町11番2号
    静岡運輸支局
    浜松自動車検査登録事務所内
    静岡県浜松財務事務所自動車税分室(県税窓口)
    電話番号053-421-4543

[2]ご利用いただける金融機関

自動車保有関係手続に係るワンストップサービスによる静岡県公金の収納ができる金融機関一覧

(指定金融機関)

静岡銀行

(指定代理金融機関)

スルガ銀行、静岡県信用農業協同組合連合会、清水銀行(平成23年1月4日から)

(収納代理金融機関)

みずほ銀行、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行りそな銀行ゆうちょ銀行、静岡中央銀行、中京銀行、愛知銀行、静岡信用金庫、静清信用金庫、浜松信用金庫、沼津信用金庫、三島信用金庫、富士宮信用金庫、磐田信用金庫、焼津信用金庫、掛川信用金庫、富士信用金庫、遠州信用金庫、豊橋信用金庫、島田信用金庫、静岡県内の農業協同組合、静岡県労働金庫

サービス範囲(インターネットバンキング・ATMなど)については、各金融機関にお尋ねください。

ATMで納付できるのは、太字で表示した金融機関のみとなっています。

ご利用いただけるATMの設置場所、稼働時間などは、各金融機関にお問い合わせください。

このページの先頭へ

お問い合わせ

経営管理部財務局税務課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2049

ファックス番号:054-221-3361

メール:zeimu@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?