• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 県政情報 > 行政改革・情報公開 > 静岡県の個人情報保護制度 > 保有個人情報開示請求

ここから本文です。

更新日:平成26年9月25日

静岡県の個人情報保護制度

自分の情報を確認できます!

開示請求、訂正請求、利用停止請求

開示請求権 県(実施機関)が保有している自己の個人情報を、本人であれば誰でも開示請求することができます。
*未成年者又は成年被後見人の法定代理人は、本人に代わって開示請求することができます。

開示請求権 開示を受けた自己の個人情報が事実と違うと思うときは、その情報の訂正を請求することができます。

開示請求権 開示を受けた自己の個人情報が適正に取り扱われていないと思うときは、その情報の利用の停止、消去又は提供の停止を請求することができます。

 

開示請求の流れ

 





請求書の提出

  ↓


↓
    窓口で開示請求書を提出していただきます。そのとき、本人であることを示す書類(運転免許証・パスポート等)が必要になります。

→提出窓口や必要なものなどの詳細情報

←原則として15日以内

開示の決定

  ↓

↓
    県(実施機関)は請求された個人情報を開示できるかどうかについて決定をし、書面で通知します。
請求のあった個人情報は、原則としてすべて開示することになっていますが、次のような場合は開示されないことがあります。

法令等の規定により、本人への開示が禁止されている場合
請求に係る個人情報に請求者以外の方の個人情報が含まれている場合
県の機関等が行う事務又は事業に支障を及ぼすおそれのある場合



開示の実施

    自分の情報が記録されている公文書を閲覧し、写しの交付を受けることができます。開示を受けるときにも、本人であることを示す書類(運転免許証・パスポート等)が必要になります。

→閲覧場所や必要なものなどの詳細情報

↓ ↓
 
不服申立

    請求した文書中、自分が確認したいと考えていた箇所が開示されなかったとき。



訂正請求・利用停止請求

    開示された内容(記載されていた内容)が事実と違うとき。
  自分の情報が適正に取扱われていないと思ったとき。





お問い合わせ

経営管理部総務局法務文書課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2910

ファックス番号:054-221-2099

メール:houmubunsyo@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?