• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 「内陸のフロンティア」を拓く取組につながる地域づくり

ここから本文です。

更新日:平成25年7月3日

フード・ロジスティクスパーク構想の公表

要旨

県は、「内陸のフロンティア」を拓く取組の一つとして、新東名高速道路の開通により物流拠点としての可能性が高まっている内陸・高台部で、新東名高速道路インターチェンジ周辺等における物流拠点を核として、本県の強みである農林水産業、食品製造業、観光業を活かした新たな魅力ある地域づくりを市町に推進してもらうために、「フード・ロジスティクスパーク」構想を策定しました。

構想の概要

内容

地域における「食」の物流拠点機能、食品加工・製造機能、アミューズメント(観光)機能という三つの基本機能の充実とそれら相互の連携により、高付加価値商品の開発、新たな産業やサービスの創出を目指します。

また、基本機能に加え、防災減災対策や自然環境の保全・活用等を行うことにより、安全・安心で魅力ある地域づくりを目指します。

機能が配置される土地の形状や物流拠点のタイプによるモデルパターンを提示するとともに、「ふじのくに防災減災・地域成長モデル総合特区(内陸のフロンティアを拓く取組」において「食」と「物流」による地域づくりを進めている三市(三島市、藤枝市、袋井市)の地域モデルを作成しました。

構想実現に向けた県の支援

現在、国との協議を進めている「ふじのくに防災減災・地域成長モデル総合特区」における規制緩和や、拠点づくりに関するアドバイス等を行うことで市町の構想の実現を支援し、市町の物流拠点の誘致につなげていきます。

構想を進めることによって期待される効果

食品物流の効率化・高度化

農業や食品分野における新産業の創出・集積

「食」を通じた交流人口の拡大と賑わいの創出

 

フード・ロジスティクスパーク構想はこちら⇒フード・ロジスティクスパーク構想(本編・概要版)

 

 





お問い合わせ

経営管理部地域振興局地域振興課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-3201

ファックス番号:054-221-3609

メール:chiiki-shinko@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?