• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 組織別情報 > 経営管理部 > 地域振興課 > 地方分権改革

ここから本文です。

更新日:平成29年5月17日

地方分権改革

地方分権改革とは

〇地方分権改革とは、住民に身近な行政を、地方公共団体が自主的かつ総合的に広く担うようにするとともに、地域住民が自らの判断と責任において地域の諸課題に取り組むことができるようにすることにより、個性豊かで活気に満ちた地域社会の実現を目指す取組です。

地方分権改革の取組

これまでの取組の総括

〇第1次地方分権改革では、平成7年7月に成立した地方分権推進法に基づく地方分権推進委員会の勧告事項を中心に地方分権一括法(※)が成立し、機関委任事務の廃止や国の関与等の見直しなどの改革が具現化されました。

(※)正式名称:「地方分権の推進を図るための関係法律の整備等に関する法律」

〇第2次地方分権改革では、平成18年12月に成立した地方分権改革推進法に基づく地方分権改革推進委員会の勧告に基づき、第1次から第4次までの一括法(※)が成立し、義務付け・枠付けの見直しや国から地方への事務・権限の移譲などの成果を挙げました。

(※)正式名称:「地域の自主性及び自立性を高めるための改革の推進を図るための関係法律の整備に関する法律」

⇒地方分権アーカイブ(内閣府)(外部サイトへリンク)

義務付け・枠付けの見直し

〇「義務付け・枠付け」とは、地方公共団体の自治事務について、法令により事務の実施やその方法を縛っていることを指します。第1次から第3次までの一括法により「義務付け・枠付け」が見直されたことにより、地方自治体自らの判断と責任において行政を実施することが可能となる分野が拡大しました。

〇例えば、「施設・公物設置管理の基準」は、今まで、法令で規定されていましたが、地方公共団体が条例等で規定することになりました。

⇒本県で整備した条例等はコチラ

⇒義務付け・枠付けの見直し(内閣府)(外部サイトへリンク)

条例による規定例

〇県道に設ける道路標識のローマ字の大きさを「漢字の大きさの『50%」⇒「漢字の大きさの『65%』」に拡大しました。

道路標識

(従来)ローマ字の大きさ:漢字の50%(見直し後)ローマ字の大きさ:漢字の65%

国から地方への事務・権限の移譲

〇政府は、国と地方の役割分担を見直すことで国と地方の機能を強化すること等を目的として、国から都道府県への事務・権限の移譲等について検討を行い、平成25年12月20日、48事項の事務・権限を都道府県に移譲することなどを内容とする見直し方針を閣議決定しました。

〇さらに、平成26年5月28日に第4次一括法を成立させ、平成26年6月4日に公布しました。

⇒国から地方への事務・権限の移譲等(内閣府)(外部サイトへリンク)

県から基礎自治体への権限移譲

〇「補完性の原則」に基づき、県から基礎自治体への事務・権限の移譲についても推進しています。

⇒静岡県経営管理部自治行政課のページ

道州制

〇本県では、国と地方自治体の双方を再構築し、真の地方分権型社会を実現するため、道州制を導入する必要があると考えていますが、現在は目指すべき国家像が示されておらず、議論が十分に尽くされているとは言い難い状況です。

〇道州制の導入には多くの論点があり、議論の進展には多大な時間と労力が必要です。将来の道州制を視野に入れた魅力ある地域づくりを実現し、他の地域のモデルとなることが、本県としての道州制の導入に向けた提案、戦略であると考えています。

 

お問い合わせ

経営管理部地域振興局地域振興課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2220

ファックス番号:054-271-5494

メール:chiiki-shinko@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?