• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 組織別情報 > 経営管理部 > 西部地域局 > 自分らしく暮らす。遠州移住ガイドブック『LA-SEEK(ラ・シーク)』が完成しました!

ここから本文です。

更新日:令和4年4月20日

"遠州"の魅力がたっぷり詰まった静岡県西部地域移住・定住ガイドブックを制作しました!

ラシークindex

地方だから叶えられる自分らしい理想の暮らし―

首都圏の一極集中や政府の地方創生政策の影響から、若者を中心に関心が高まっている地方移住。
「潮風を感じられる海辺暮らしがしたい」、「豊かな自然に囲まれた里山暮らしがしたい」、「地方都市に住みながら、ちょっぴり田舎の空気も感じたい」
―移住に対して抱える願望は十人十色ですが、ここ”遠州”ではそんなあらゆる希望が叶えられる、多種多彩なライフスタイルに出会うことができます。

遠州ってどこ?

州ってどこなの?そんな声が聞こえてきそうなので、ここで遠州について、地図を使ってご説明しましょう。

西部地域地図

遠州(えんしゅう)とは、かつて遠江国(とおとうみ)と呼ばれた現在の静岡県西部に当たる地域の呼称です。
右の地図で黄色に色づけされている地域が遠州で、西から湖西市・浜松市・磐田市・袋井市・森町・掛川市・菊川市・御前崎市の8つの市町から構成されます。
なぜ遠州と名付けられたかというと、その昔、都から遠い湖であった浜名湖が「遠淡海(とほつあはうみ)」と呼ばれており(※都から近い湖であった滋賀県の琵琶湖は「近淡海(ちかつあはうみ)」と呼ばれていたそうです)、それが転じて「遠江」になり、その地域一帯を「遠州」と呼ぶようになったそうです。

静岡県西部地域全体を「遠州」と呼ぶことから、特に西側の湖西市や浜松市を「西遠(せいえん)」、磐田市~御前崎市を「中遠(ちゅうえん)」や「中東遠(ちゅうとうえん)」と呼ぶこともあります。
遠州東海道新幹線(浜松駅・掛川駅)やJR東海道本線はもちろん、東名・新東名高速道路も通っており、交通の便に恵まれた地域でもあります。

7人の先輩移住者が教えてくれる"自分らしい"暮らし―『LA-SEEK』

移住を検討されている皆さんに、この遠州で自分らしい暮らし理想の暮らしを見つけて頂きたいという思いから、
『LA-SEEK(ラ・シーク)』は移住検討者向けの情報発信に徹底的にこだわりました。その注目ポイントを一挙にご紹介いたします!

1先輩移住者7人の"ナマの声"から、暮らし面も仕事面も多種多様なライフスタイルをたっぷり掲載!

「百聞は一見に如かず」ということわざがあります。ご存知のとおり、「他人から聞いたことより、実際に自分で見たインタビューページ写真
ものの方が確かである」という意味ですが、こと地方移住についても、そのまま当てはまることだと思います。現地に行って、実際にその場所の空気を吸ってみる、これができれば一番ですが、そんな時間もないとき、次に信頼できる情報は「実際に地方移住して現地に住んでいる人のリアルな言葉」ではないでしょうか。
『LA-SEEK』では、「暮らし編」と「仕事編」合わせて合計7人の先輩移住者にインタビューを行い、それぞれの暮らし方や移住に至った経緯、移住を決断するときに抱えていた不安や悩みなど、移住検討者が気になることをたっぷりと掲載しています。
「ものづくりに携わりたい・・・」、「サーフィンを毎日できる環境が・・・」、「里山で農業を・・・」――多種多様なライフスタイルを営む先輩移住者の様子から、きっとあなたの理想の暮らし方が見つかるはずです。
また、「移住前想像していたものと全然違った・・・!」というような先輩移住者の失敗談(?)も掲載しており、等身大の遠州が伝わる内容となっています。

2「暮らし」と「仕事」―移住検討者が本当に欲しい情報を手厚く掲載!

暮らし数値地方移住は人生において一大イベントになり得ることです。慣れ親しんだ土地を離れて、イチから生活をしていく訳ですから、「暮らし」と「仕事」の2つが非常に重要な判断材料になってくると思います。
「暮らし」については、先にご紹介した先輩移住者のインタビューに加え、暮らしに関係する項目を静岡県と首都圏で比較した〈数値de比較、シズオカで暮らしたら。〉を掲載しています。持ち家率や住宅の広さ、通勤時間、住居費などの項目について、「静岡県で暮らしたら・・・」という視点から、静岡移住のメリットをご紹介しています。

また「仕事」については、〈地域転職情報一覧〉ページに、地域の転職情報やU・Iターンの就職サポート関係機関、職種別の相談機関等を掲載し、移住を機とした転職・就職に対応できる構成となっています。移住者の中には、移住前に現地を訪れ、そこで先に就職先・転職先を決めてから移住するというパターンの方もいます。

3現地で実際に相談できる人を顔写真付きで掲載!

地方移住の際に、仕事や転職が不安で一歩踏み出せないという方は非常に多いですが、そんな方にこそ読んで相談機関写真
いただきたいページが、〈地域転職情報一覧〉のインタビューページです。遠州自分の理想とする働き方を実現したいのであれば、「まずこの人たちに相談してください!」と自信を持っておすすめできる、キャリアコンサルタントのインタビューが掲載されています。

また、こういったインタビュー記事で多いのが、「実際に掲載されている人に転職時にも相談したかった・・・」という声です。そういった声にも対応するべく、『LA-SEEK』では、「実際に移住する・された方が就職・転職相談の場で会える人」にインタビューを行っています。掲載している人たちは皆親身に相談に乗ってくれますので、遠州への移住を少しでも考えている人は、興味本位でもいいので一度連絡を取ってみてもいいかもしれません。

 

とはいえ、移住もやはり「百聞は一見に如かず」です。『LA-SEEK』を一度お手にとってお読みいただいた後は、実際に静岡県西部地域にお越しいただくのが、
一番いいと思います。少しでもご興味ありましたら、下記連絡先までお問い合わせください。

入手場所等について

静岡県西部地域移住・定住ガイドブック『LA-SEEK(ラ・シーク)』は、ふるさと回帰支援センター(東京交通会館8階、東京千代田区有楽町)や首都圏・中京圏をはじめとする移住フェア・移住セミナー、西部地域局などで配布していますので、ぜひお手にとって御覧ください。

静岡県西部地域移住・定住ガイドブックは下記リンクをクリック⇒

しずおかイーブックスバナー画像

静岡県西部地域7市1町の移住・定住関連サイト

浜松市バナー(外部サイトへリンク)磐田市バナー(外部サイトへリンク)

 

袋井市バナー(外部サイトへリンク)掛川市バナー(外部サイトへリンク)

 

湖西市バナー(外部サイトへリンク)菊川市(外部サイトへリンク)

 

御前崎市バナー(外部サイトへリンク)森町バナー(外部サイトへリンク)

移住関連サイト

ゆとりすと静岡バナー(外部サイトへリンク)30歳になったら静岡県バナー

だもんで静岡県バナー(外部サイトへリンク)静岡就職ネットバナー(外部サイトへリンク)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

静岡県西部地域局 

〒438-0086 磐田市見付3599-4 

電話番号:0538-37-2209

ファックス番号:0538-37-2764

メール:seibu-chiiki@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?