• 携帯電話向けページ
  • Other language
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • リンク集
  • サイトマップ
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > くらし・環境 > ユニバーサルデザイン > 静岡県ユニバーサルデザイン・トップページ > UD+(ユニバーサルデザイン・プラス)inはままつ

ここから本文です。

更新日:平成26年9月11日

 

UD+(ユニバーサルデザイン・プラス)inはままつ

多くの皆様にご来場いただきまして、誠にありがとうございました。

誰にとっても「楽しい・魅力的」といった付加価値をプラスした先進の「ユニバーサルデザイン・プラス(UD+)」の製品や取組みを広く情報発信するイベントを産学官の協働で開催しました。

■主催

UD+(プラス)inはままつ実行委員会

(静岡県、浜松市、静岡文化芸術大学)



シンポジウムUDプラスちらし(表)

 

1.シンポジウム

低炭素社会、超高齢社会に向けて、街なかでの快適な移動を助けるパーソナルモビリティが期待されています。静岡県は全国屈指のパーソナルモビリティの開発・製造拠点ですが、その普及には未だ多くの課題が残されています。講演、シンポジウムを通じて、街づくり、モノづくりの視点からパーソナルモビリティの魅力と可能性について考えます。

テーマ

誰もが快適に移動できる、パーソナルモビリティの未来

日時

平成26年8月21日(木曜日)14時00分~16時30分

場所

静岡文化芸術大学(所在地:浜松市中区中央二丁目)

講演会

『パーソナルモビリティ活用の課題と可能性』

講師:磯村歩氏(株式会社グラディエ・代表取締役社長)

ユニバーサルデザイン研究のための欧州滞在経験、日本における地域振興、パーソナルモビリティ普及活動の実績などから、新しいパーソナルモビリティの可能性と課題について、欧州や国内での実例を見ながら解説します。

パネルディスカッション

パーソナルモビリティの現状と展望、展開における課題から、新しい産業育成と街づくりに向けたパーソナルモビリティの新たな可能性について考えます。

コーディネーター

谷川憲司氏(静岡文化芸術大学デザイン学部・教授)

パネリスト

磯村歩氏(株式会社グラディエ・代表取締役社長)

林邦宏氏(スズキ株式会社次世代車両開発部第二課長)

米光正典氏(ヤマハ発動機株式会社IM事業部JWビジネス部長(兼)JW営業グループリーダー)

橋本秀比呂氏(協同組合ハミング・理事長)

  • パネルディスカッション終了後、大学構内にてパーソナルモビリティの試乗体験会を開催。
    • 募集定員:150人
    • 手話通訳、要約筆記、託児(要事前予約)があります。

     

    2.「パーソナルモビリティ」展示体験会

    誰もが快適に使えるUDに配慮された乗り物を主として、広くUDを市民に紹介する展示体験会を開催しました。

    日時 平成26年8月24日(日曜日)10時~16時
    場所 浜松市ギャラリーモール(ソラモ)
    出展企業一覧
    • ASTI株式会社
    • 伊藤機工株式会社
    • 株式会社協栄製作所
    • 株式会社グラディエ
    • KMXカーツジャパン
    • 株式会社榛葉鉄工所
    • スズキ株式会社
    • 橋本エンジニアリング株式会社
    • フランスベッド株式会社
    • ヤマハ発動機株式会社
    • 合資会社横田輪業

     

    お問い合わせ

    くらし・環境部県民生活局県民生活課

    〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

    電話番号:054-221-3153

    ファックス番号:054-221-2642

    メール:shohi@pref.shizuoka.lg.jp

    より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

    このページの情報は役に立ちましたか?

    このページの情報は見つけやすかったですか?