• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > くらし・環境 > ユニバーサルデザイン > 静岡県ユニバーサルデザイン・トップページ > ふじのくにUD特派員トップページ > 2016年度UD特派員の活動記録 > 平成28年度内閣府バリアフリー・ユニバーサルデザイン功労者表彰

ここから本文です。

更新日:平成29年1月4日

平成28年度内閣府バリアフリー・ユニバーサルデザイン功労者表彰

<平成28年度バリアフリー・ユニバーサルデザイン推進功労者表彰で、株式会社静岡新聞社・静岡放送株式会社メディア・ユニバーサルデザインプロジェクトチームが内閣総理大臣表彰を受賞>

 

「平成28年度バリアフリー・ユニバーサルデザイン推進功労者表彰」(内閣府実施)において、このたび「株式会社静岡新聞社・静岡放送株式会社メディア・ユニバーサルデザインプロジェクトチーム」が最高賞となる内閣総理大臣表彰を受賞しました。

平成28年12月20日火曜日に中央合同庁舎において表彰式が執り行われ、同チーム代表に、加藤勝信国務大臣・内閣府特命担当大臣から表彰状が授与されました。

本県における取組が内閣総理大臣表彰を受賞するのは、平成14年度に同表彰が始まって以来、初めてです。

内閣府バリアフリー・ユニバーサルデザイン功労者表彰授与内閣府バリアフリー・ユニバーサルデザイン功労者表彰受賞者

今回の表彰は、静岡新聞・静岡放送両社にまたがるプロジェクトチームを発足させ、このチームが中心となって、テレビ放送や新聞報道におけるユニバーサルデザインへの取組を行っていることが評価されたものです。

一般的に、メディアにおけるユニバーサルデザインの取組は、主に一般の方とは色の見え方に差がある方々への配慮が中心となりますが、同チームは、国内初の取組として、白内障などで見え方が異なる高齢者に対しても配慮したカラーユニバーサルデザインを取り入れたり、新聞にUDフォントを導入するなどの工夫を行い、より幅広い方を対象としたユニバーサルデザインに取り組んでいます。

また、NPO法人メディア・ユニバーサル・デザイン(MUD)協会の監修を受けてMUDガイドブックを作成し、グループ企業全体で使用しているほか、同協会の教育検定合格者が、制作現場等において、常時メディアとしての適正な表現になっているかどうかのチェックを行っています。

両社のユニバーサルデザインの取組については、UD特派員第1期生の田形友里恵さんが取材を行い、公式フェイスブックページ「ふじのくにUD特派員」に平成27年1月26日から30日にかけて記事が投稿されています。県のホームページでも同じ記事を紹介していますので、ぜひご覧ください。

静岡県では、これからも県内におけるユニバーサルデザインの取組を積極的に支援していきます。

内閣府バリアフリー・ユニバーサルデザイン功労者表彰賞状

内閣府発表:http://www8.cao.go.jp/souki/barrier-free/h28hyoushou/jusyosha.html(外部サイトへリンク)

静岡新聞社・静岡放送「メディア・ユニバーサルデザインの取組について」:http://www.at-s.com/info/mud/(外部サイトへリンク)

「ふじのくにUD特派員」公式フェイスブックページ:http://www.facebook.com/fujinokuniUD(外部サイトへリンク)

田形友里恵特派員取材記事「静岡新聞社・静岡放送のメディアユニバーサルデザイン」:http://www.pref.shizuoka.jp/ud/tokuhain/report/26/sbs1.html

 

【目次に戻る】

お問い合わせ

くらし・環境部県民生活局県民生活課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-3153

ファックス番号:054-221-2642

メール:shohi@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?