• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 県政情報 > 県政総合 > ようこそ副知事室へ > 副知事 難波喬司 > 難波副知事コラム > 第71回『「静岡産オリーブオイル』

ここから本文です。

更新日:平成30年12月25日

左ナビゲーションバーをスキップして本文へ

ここから本文です。

難波副知事コラム

第71回『「静岡産オリーブオイル』

皆さん、静岡産のオリーブオイルが“すごい”のをご存知でしょうか。

私は大のオリーブオイル好きです。料理好きで、定番はオリーブオイルを使う白身魚のポワレ(でした)。福岡勤務時代に、アラ(クエ)のポワレ(軽く塩をふった切り身に、スプーンでオリーブオイルをかけながら焼く)にはまりました。しかし、最近は、掃除が面倒なので、油の加熱はしないことに。そこで、最近の定番は、刺身をオリーブオイルで。たとえば、ホタテを極く薄く切って平皿に敷つめ、それにオリーブオイルをかけるだけ。ここで大事なのは、オリーブオイルの質。ここに、驚愕のオリーブオイルが出現しました。「静岡産エキストラバージンオイル2018ノンフィルター(無濾過)」です。

この商品は、静岡市内にある「CREA FARM(クレアファーム)」という会社のもの。代表取締役社長の西村やす子さんは、新たな農林水産業のビジネスモデルで地域に新しい価値を創り、地域を活性化しようとの思いから、3年前に会社を設立。特に力を入れているのが、静岡県をオリーブの一大産地にと、生産者・地域企業などと一緒になって取り組んでいるオリーブプロジェクトです。

こちらのオリーブオイルは、オリーブの栽培から搾油、充填まですべてを静岡で行っている、「純静岡産」のエキストラバージンオリーブオイル。富士山と駿河湾を一望する静岡市日本平地区にある農園のオリーブをひとつひとつ手摘みし、すぐに搾油・ボトリングされているから鮮度も抜群です。これで、薄切りの刺身を食べると最高(しかも簡単で調理・後片付け不要)。

 


色が出ていませんが、見事な緑色です。

 

 

もう一つの定番は、写真のデザート。ある三ツ星レストランの定番を、素人の私でも簡単にできるようにしたもの。水切りしたヨーグルトにオリーブオイルとはちみつをかけ、ドライフルーツをトッピングしたもの。新鮮なオリーブオイルの香りと風味、ヨーグルトの食感と酸味、はちみつの甘みと風味の最高のマッチングとなります。

 

静岡県で作られた、このシーズンだけでしか味わえない特別なオリーブオイル、価格がまだ高いので、普段使いとはいきませんが、それだけの価値はあります。数年先には、静岡がオリーブの聖地になっているでしょう。

「医者がすすめる食べ物」はいろいろありますが、オリーブオイルだけは、すべてのお医者さんがおすすめです。動脈硬化、心疾患予防などよいことづくめ。健康寿命世界一、美しいふじのくに静岡県にぴったりの食材と言えます。

 

 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?