• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 組織別情報 > 危機管理部 > 静岡県地震防災センター > 知る・学ぶ > 災害図上訓練DIG > DIGってなあに? > 「災害を知る」「まちを知る」「人を知る」

  • 地震防災センター トップ
  • トピックス
  • 知る・学ぶ
  • 調べる
  • 施設案内
  • アクセスマップ
  • サイトマップ

知る・学ぶ

知る・学ぶ

開館情報

開館時間 9時00分~16時00分
休館日 月曜日・年末年始
入館料 無料

ここから本文です。

更新日:平成28年12月26日

「災害を知る」「まちを知る」「人を知る」

ディグのトップページへ

DIG(ディグ)ってなあに DIG(ディグ)の準備 オリエンテーション DIG(ディグ)をやってみよう 初級編 DIG(ディグ)をやってみよう 中級編 DIG(ディグ)をやってみよう 応用編 DIG(ディグ)を発展させよう 事例を見てみよう 資料 Q&A リンク

前のページへ進むボタン 次のページへ進むボタン

DIGの効果として、「災害を知る」「まちを知る」「人を知る」という3つが挙げられます。
DIGをやってみると、わがまちに起こりえる災害の姿をより具体的にイメージできてきます。また、意外なほど自分の住むまちのことを知らなかったことに気づくことでしょう。そして、DIGのワークショップを通じて、参加者どうしの距離がいつの間にか近づいているという、まちづくりをする上でもっとも大切な人と人の関係が育まれていきます。

ディグの様子

DIGで災害を知る

防災を考える上でまず必要なのが、自分の地域で起こりえる災害の様相を認識することです。
「どこで、どのような規模で、どういう被害の発生が予想されるのか」
自分で地図に書き込んでいくうちに、災害をより具体的にイメージできるようになるはずです。

DIGでまちを知る

普段の生活の中で地図と接する機会はそんなに多くはありません。でも、地図にはさまざまな情報があります。
「自然条件はどうなっているのか」
「まちの構造はどうなっているのか」
「対策に必要なものはどこにあるのか」
地図に具体的な要素を書き込んでいくにつれて、自然と地域を見直し、自分の住むまちがどのようなまちなのかを理解できるようになってきます。そして、自分のまちの災害に対する強さや弱さがより身近なものとして感じられてきます。DIGが「わがまち再発見」といわれるのはこのためです。

DIGで人を知る

DIGでは
「いざという時に頼りになる人はどこにいるのか?」
「近所に手助けが必要な人はいないか?
などの情報を地図に書き込んでいきます。この人的な要素の書き込み作業は、まちの「財産目録」を作ることになります。
それに加え、しかめ面ではなく、「わいわい、がやがや」とみんなで災害救援について熱く語り合っているうちに連帯感が生まれ、信頼関係が育まれます。また、DIGの準備のための共同作業も、地域の防災ネットワークづくりに最適です。

前のページへ進むボタン 次のページへ進むボタン

お問い合わせ

静岡県地震防災センター

〒420-0042 静岡市葵区駒形通5丁目9番1号

電話番号:054-251-7100

ファックス番号:054-251-7300

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?