• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > くらし・環境 > 防災・安全・防犯 > 危機管理部原子力安全対策課 > 浜岡原子力発電所の津波対策工事の点検(記録)

ここから本文です。

更新日:令和4年7月5日

浜岡原子力発電所の津波対策工事の点検(記録)

(2022年度分)

2022年6月22日

福島第一原子力発電所事故の際、直流電源喪失により計装設備が使用不能となり、原子炉の状況把握ができず、正確な判断ができませんでした。そのため、

新規制基準では重大事故時に計装設備が使用不能になる場合に備え、代替設備を用意することが求められています。

今回はその代替設備として、可搬型計測器44台の配備が完了したことから、書類点検と配備状況等について確認を行いました。

点検の結果、上記については、中部電力の計画どおり実施されていることを確認しました。

可搬型計測器について説明を受ける 可搬型計測器の接続手順等を確認

2022年4月26日

原子炉施設で重大な事故が発生し、炉心の著しい損傷が発生した場合に、原子炉の下部に落下した高温の溶融炉心に注水し、冷却するために、必要な配管・弁を設置しています。

今回は、これらの設置工事について、書類点検と据付け状況等について確認を行いました。

点検の結果、上記については、中部電力の計画どおり実施されていることを確認しました。

設置工事について説明を受ける。 配管の設置状況等を確認

(2021年度分)

2022年3月29日

原子炉施設において溢水が発生した場合、設備の機能に支障が生じる恐れや放射性物質を含む

液体が外部へ漏洩する恐れがあります。このため、施設内では重要設備や放射線管理区域への

溢水伝播防止対策等を実施しています。

今回は、その内、空調ダクトに施工された浸水防止ダンパの設置工事について、書類点検と据付け

状況等について確認を行いました。

点検の結果、上記については、中部電力の計画どおり実施されていることを確認しました。

11921 11922

 

2022年1月24日

重大事故発生時においては、炉心の冷却状態を把握することが重要であり、

原子炉圧力容器内の水位を計測する水位計等により監視を行っています。

この水位計は、原子炉圧力容器側の配管(炉側配管)の水圧と凝縮槽側配管の水圧との差を基に

水位を計測しています。福島第一原発の事故では、凝縮槽側の水が蒸発して正確な水位が

測定できなくなったと考えられています。そのため、凝縮槽側の水が蒸発しておらず、

水位計が正常に機能していることを確認できるよう、凝縮槽や配管に温度計を設置しました。

今回は、この温度計について書類点検と現場確認を行いました。

点検の結果、上記については、中部電力の計画どおり実施されていることを確認しました。

温度計の設置について説明を受ける 設置状況等を確認

2021年12月23日

プラント運転中に重大事故等が発生した場合は、主蒸気逃し安全弁(SRV)を開弁し、原子炉で

発生した蒸気をタービンではなく圧力抑制室に貯めてある水の中に逃す仕組みになっています。

このSRVは、通常は電磁弁の開閉により窒素ガスを供給して作動させますが、電磁弁が動作しなく

なった場合等の対策として、別系統で窒素ガスを供給する設備(代替高圧窒素ガス系)を整備しています。

今回、代替高圧窒素ガス系の設置工事について、書類点検と現場確認を行いました。

点検の結果、上記については、中部電力の計画どおり実施されていることを確認しました。

代替高圧窒素ガス系の設置工事について説明を受ける 設置状況等を確認

 

2021年11月25日

炉心溶融事故が発生し、原子炉格納容器内に注水した場合、長期にわたり原子炉格納容器の

安定状態を維持するためには、格納容器内の水位監視が必要となります。

水位の上昇・減少を連続的に監視できる水位計(低水位確認用及び高水位確認用)の設置について、

書類点検と現場確認を行いました。

点検の結果、上記については、中部電力の計画どおり実施されていることを確認しました

水位計等の機能について説明を受ける 低位水位計の設置状況等を確認

2021年8月4日

本日、浜岡原子力発電所の津波対策工事ほか追加工事の第105回現場点検を実施しました。

炉心の損傷により原子炉格納容器内の温度・圧力が上昇した際に、水素や水蒸気を格納容器外へ

放出(ベント)すると、中央制御室にも放射性物質が流れ込むことが想定されます。この場合において、

運転員が待避して、その被ばく量を低減することができる待機所の設置(4号機)について、書類点検

と現場確認を行いました。

点検の結果、上記については、中部電力の計画どおり実施されていることを確認しました。

運転員の実効線量が7日間で100mSvを超えないように、遮蔽扉設置、高気密性等の対策を実施

4867new 4874 

2021年6月23日

本日、浜岡原子力発電所の津波対策工事ほか追加工事の第104回現場点検を実施しました。

今回、浜岡原子力発電所4号機の燃料プールスプレイ系で用いる設備の一部(屋外分の可搬ホース類

及びポンプ車等)について、書類点検と配備状況等の現場確認を行いました。

点検の結果、上記については、中部電力の計画どおり実施されていることを確認しました。

燃料プールの水位が低下し、使用済燃料が露出する様な重大事故が発生した場合において、

水を使用済燃料に直接スプレイすることで燃料損傷の進行を緩和する設備

 燃料スプレイポンプ車について、担当者から説明を受ける 可搬ホースの接続を確認

2021年5月25日

本日、浜岡原子力発電所の津波対策工事ほか追加工事の第103回現場点検を実施しました。

今回、浜岡原子力発電所4号機の使用済燃料プール上部空間線量計の設置工事について、

書類点検と据付状況等の現場確認を行いました。

点検の結果、上記については、中部電力の計画どおり実施されていることを確認しました

使用済燃料プールの冷却・注水機能が喪失した際に、重大事故等の過酷な状況でも機能する

放射線量測定装置を設置。

担当者から説明を受ける。写真中央に測定装置がある。 図面を見ながら確認。

2021年4月28日

本日、浜岡原子力発電所の津波対策工事ほか追加工事の第102回現場点検を実施しました。

今回、標記に係る浜岡原子力発電所4号機の緊急時窒素封入系について、書類点検と現場確認を行いました。

なお、第98回(令和2年12月23日)の現場点検においては、緊急時窒素封入系のうち可搬型窒素ガス発生設備の

整備状況を確認しています。

本日は窒素ガス注入口、建屋内常設配管及び遠隔手動装置(ユニハンドラー弁)等の整備状況等について書類

点検と現場確認を行いました。

点検の結果、上記については、中部電力の計画どおり実施されていることを確認しました

重大事故(炉心損傷)の発生時に可燃性ガスによる爆発を防止するため、原子炉格納容器内等へ窒素ガスを

注入して可燃性ガスの占める割合を下げるもの。

担当者からの説明を聞き確認ユニハンドラー弁の状況を確認

 

(2020年度分)

2021年3月19日

本日、浜岡原子力発電所の津波対策工事ほか追加工事の第101回現場点検を実施しました。

今回、浜岡原子力発電所4号機の安全施設である非常用ガス処理系及び中央制御室換気空調系※※が故障した際、

短時間での修復を可能とするための予備フィルタ等の予備品確保が完了したため、書類点検と現場確認を行いました。

点検の結果、上記については、中部電力の計画どおり確保されていることを確認しました

事故時に原子炉建屋内の放射能濃度を、フィルタを通して低減するための装置

※※事故時に運転員が中央制御室に留まることができるよう、外気を遮断し、室内の空気を内部循環させることにより

運転員の被ばくを低減させるための装置

予備フィルタの確保状況を確認担当者から説明を受ける

 

2021年2月19日

本日、浜岡原子力発電所の津波対策工事ほか追加工事の第100回現場点検を実施しました。

今回、浜岡原子力発電所4号機原子炉建屋内における内部溢水の漏えい検知器の設置について、書類点検と現場確認を行いました。

点検の結果、上記については、中部電力の計画どおり実施されていることを確認しました。

また、点検終了時の会合に同席した栁澤重雄御前崎市長から、これまで100回に上る

「津波対策工事ほか追加工事現場点検」について静岡県及び中部電力株式会社に対し謝辞がありました。

配管の破損等により溢水が発生したときに、施設の機能が損なわれないように素早く確実に検知する機器。

漏えい検知器の設置状況を確認担当者から説明を受ける

 

2021年1月27日

本日、浜岡原子力発電所の津波対策工事ほか追加工事の第99回現場点検を実施しました。

今回、緊急時ガスタービン発電機建屋の免震用オイルダンパー設備について、

工事が完了したため、書類点検と現場確認※※を行いました。

点検の結果、上記の工事は、中部電力の計画どおり実施されていることを確認しました。

重大事故等により外部電源や非常用ディーゼル発電機が使用できない状況に備え、ガスタービン発電設備を

高台に配置しているが、地震の際に機能を維持できるよう建屋の基礎付近にオイルダンパーを設置している。

※※本設備については、平成27年2月17日に現場点検を実施済みであるが、免震用オイルダンパーの

製造メーカーによる性能検査データの改ざんが判明し、設置した全てのオイルダンパーを取り替える工事が実施

(令和2年10月16日完了)されたため、改めて現場点検を行った。

緊急時発電機タービン建屋全景免振用オイルダンパーを確認

 

2020年12月23日

本日、浜岡原子力発電所の津波対策工事ほか追加工事の第98回現場点検を実施しました。

今回、4号機の可搬型窒素ガス発生設備について、書類点検と現場確認を行いました。

点検の結果、上記については、中部電力の計画どおり実施されていることを確認しました。

(※)窒素ガス発生設備は、重大事故(炉心損傷)の発生時に水素爆発を防止するため、原子炉格納容器内等へ窒素ガスを注入して

水素の占める割合を下げるもの。

窒素ガス発生設備の稼働状況を確認接続する可搬耐圧ホースを展開して確認

 

2020年11月30日

本日、浜岡原子力発電所の津波対策工事ほか追加工事の第97回現場点検を実施しました。

今回、4号機の使用済燃料プールの水位・水温監視装置の設置工事について、書類点検と据付状況等の現場確認を行いました。

点検の結果、上記の工事は、中部電力の計画どおり実施されていることを確認しました。

(※)重大事故等により使用済燃料プールの冷却・注水機能が喪失した際には、燃料プールの状態を把握することが重要となります。

このため、通常の監視装置に加え重大事故等の過酷な状況でも機能する装置を設置するものです。

据付状況の説明を受ける窓越しに据付状況を確認

 

2020年11月11日

本日、浜岡原子力発電所の津波対策工事ほか追加工事の第96回現場点検を実施しました。

今回、耐震性を強化した再循環ポンプトリップ装置※の設置工事が完了したため、書類点検と据付状況等の現場確認を行いました。

点検の結果、上記の工事は、中部電力の計画どおり実施されていることを確認しました。

(※)原子炉では、再循環ポンプにより水をジェットポンプに送り強制的に循環させ、流量を変えることにより原子炉出力を調整しています。

この再循環ポンプは、異常発生したにもかかわらず原子炉が緊急停止しない場合に、自動的に停止(トリップ)して原子炉水の流量を減少させ、

核分裂連鎖反応を抑制する機能を備えています。

耐震型再循環ポンプトリップ装置を確認据付状況等を確認

 

 

2020年7月29日

本日、浜岡原子力発電所の津波対策工事ほか追加工事の第95回現場点検を実施しました。

原子炉格納容器には、地震時に原子炉圧力容器等に生じる荷重を原子炉建屋へ

伝達するための支持構造物が設置されています。

この支持構造物の一部である「原子炉格納容器シヤラグ」について、耐震性の確保を目的に補強板及び補強リブを設置する工事が完了したため、

寸法検査記録等の書類点検と据付状況等の現場確認を行いました。

点検の結果、上記の工事は、中部電力の計画どおり実施されていることを確認しました。

原子炉格納容器内からシヤラグ(写真左上)を臨む補強リブ等の据付状況等を確認

2020年6月25日

本日、浜岡原子力発電所の津波対策工事ほか追加工事の第94回現場点検を実施しました。

点検の内容は、緊急事態発生時等に安全上重要な情報(原子炉圧力・水位等)

を原子力規制委員会のシステム(ERSS)に対し常時伝送する設備(SPDS)の設置についてです。

耐震性を確保した記録・保存システムの設置(サーバ等機器の据付・固定状況確認、モニター等表示装置の確認)及び多様化・多重化した伝送ルートの

確保(無線設備等の確認)について、書類点検と現場確認を行いました。

点検の結果、上記の工事は、中部電力の計画どおり実施されていることを確認しました。

耐震性を確保した記録・保存システムの設置について確認モニター・パソコン等表示装置の確認

(以下、過去の点検記録です)

2011年11月28日

本日、御前崎市長の立会いを得て、報道機関に公開の下、浜岡原子力発電所の津波対策工事の第一回点検を実施しました。

点検に先立ち、交通基盤部より防波壁設置工事の点検方針を、危機管理部より防波壁設置工事以外の29項目の津波対策の点検方針を中部電力に伝達し、その後、現在施工中の防波壁の基礎部の工事について、下記の点検を実施しました。

(1)基礎部掘削状況及び出来形の確認
(2)基礎部の骨組となる鉄筋の組立状況の確認
(3)材料(鉄筋、コンクリート)の品質の確認

点検の結果、点検の基準を満足しており、問題点は認められませんでした。
なお、中部電力には、現場の安全管理に十分留意し、予定どおり工事が完了するよう努力していただきたい旨を伝えました。

2012年1月24日

本日、報道機関に公開の下、浜岡原子力発電所の津波対策工事(防波壁建設等)の第2回現場点検を実施しました。点検の内容は、次のとおりです。

1防波壁設置工事

(1)基礎部掘削状況及び出来形の確認
(2)基礎部の骨組となる鉄筋の組立状況の確認
(3)材料(鉄筋、コンクリート)の品質の確認

2その他の津波対策

以下の3項目について、実施内容、運用体制等を確認しました。
(1)災害対策用発電機
(2)可搬式動力ポンプ
(3)ブルドーザ等の重機

点検の結果、防波壁設置工事については、点検の基準を満足していることを確認しました。その他の津波対策についても、計画どおり整備されていることを確認しました。中部電力には、現場の安全管理に十分留意し、予定どおり工事が完了するよう努力していただきたい旨を伝えました。

2012年2月21日

本日、報道機関に公開の下、浜岡原子力発電所の津波対策工事(防波壁建設等)の第3回現場点検を実施しました。点検の内容は、次のとおりです。

1防波壁設置工事

(1)基礎部掘削状況の確認
(2)基礎部の骨組となる鉄筋の組立状況の確認
(3)材料(鉄筋、コンクリート)の品質の確認

2その他の津波対策

以下の2項目について、実施内容、運用体制等を確認しました。
(1)格納容器ベント弁操作用窒素ボンベの設置
(2)海水取水ポンプエリアの防水壁設置(3号機(B)系、4号機(A)系)

点検の結果、防波壁設置工事については、点検の基準を満足していることを確認しました。その他の津波対策についても、計画どおり整備されていることを確認しました。中部電力には、現場の安全管理に十分留意し予定どおり工事が完了するよう努力していただきたい、窒素ボンベの操作について慣熟訓練に一層努めていただきたい、旨を伝えました。

2012年3月14日

本日、報道機関に公開の下、浜岡原子力発電所の津波対策工事(防波壁建設等)の第4回現場点検を実施しました。点検の内容は、次のとおりです。

1防波壁設置工事

(1)西側端部(鋼管矢板)の出来形確認
(2)基礎部の骨組となる鉄筋の組立状況の確認
(3)材料(鉄筋、コンクリート)の品質の確認

2その他の津波対策

以下の項目について、保管状況、運用体制等を確認しました。
(1)原子炉機器冷却海水系の予備品

点検の結果、防波壁設置工事については、点検の基準を満足していることを確認しました。その他の津波対策についても、計画どおり整備されていることを確認しました。中部電力には、転落事故等が発生しないよう現場の安全管理に十分留意し予定どおり工事が完了するよう努力していただきたい旨を伝えました。また、予備品の交換について訓練を通じて一層習熟を図るとともに、余震を考慮した作業手順を検討するよう要請しました。

2012年4月26日

本日、報道機関に公開の下、浜岡原子力発電所の津波対策工事(防波壁建設等)の第5回現場点検を実施しました。点検の内容は、次のとおりです。

1防波壁設置工事

(1)地中壁出来形の点検
(2)地中壁鉄筋籠(基礎の骨組となる鉄筋の組立状況)の点検
(3)材料(鉄筋、コンクリート)の品質の確認

2その他の津波対策

(1)移動式変圧器の配備状況
(2)建屋外壁の防水構造扉の設計

点検の結果、防波壁設置工事については、点検の基準を満足していることを確認しました。その他の津波対策についても、計画どおり整備されていることを確認しました。
中部電力には、現場の安全管理に十分留意すること、また、設備の維持管理の適切な実施、及び、緊急時のケーブル接続における十分な人員確保と定期的な訓練の実施、並びに、3月31日に示された南海トラフの想定地震及び津波の影響評価を適切に実施することを要請しました。

2012年5月30日

本日、報道機関に公開の下、浜岡原子力発電所の津波対策工事(防波壁建設等)の第6回現場点検を実施しました。点検の内容は、次のとおりです。

1防波壁設置工事

(1)地中壁出来形の点検
(2)鋼管部出来形の点検
(3)放水路部基礎(深礎杭)の点検
(4)壁部出来形の点検
(5)材料(鉄筋、コンクリート)の品質の確認

2その他の津波対策

(1)ガスタービン発電機の設計等
(2)緊急時海水取水設備の設計等
(3)災害対策用発電機の移設状況
(4)移動式変圧器の社内検査実施状況

点検の結果、防波壁設置工事については、点検の基準を満足していることを確認しました。その他の津波対策についても、計画どおり整備されていることを確認しました。
中部電力には、現場の安全管理や工程管理に留意し計画どおり工事を進めること、また、緊急時海水取水設備(EWS)などの関連施設・機器等及びガスタービン発電機(設置予定の高台敷地の背後斜面を含む)の耐震安全性評価結果、及び災害対策用発電機へのケーブル接続訓練等の計画及び実施記録について次回以降の検査時に説明するよう要請しました。

2012年6月21日

本日、報道機関に公開の下、浜岡原子力発電所の津波対策工事(防波壁建設等)の第7回現場点検を実施しました。点検の内容は、次のとおりです。

1防波壁設置工事

(1)地中壁出来形の点検
(2)鋼管部出来形の点検
(3)放水路部基礎(深礎杭)の点検
(4)壁部出来形の点検
(5)材料(鉄筋及び鋼管・鋼材、コンクリート)の品質の確認

2その他の津波対策

(1)水密扉の追加設置、補強の確認


点検の結果、防波壁設置工事については、点検の基準を満足していることを確認しました。その他の津波対策についても、計画どおり整備されていることを確認しました。
中部電力には、現場の安全管理や工程管理に留意し計画どおり工事を進めること、また、以下の事項について、次回以降の検査時に説明するよう要請しました。
(1)水密扉の枠を固定するアンカーボルトの埋込み深さの検査方法を再確認し、必要に応じて検査結果の記録方法を見直すこと
(2)水密扉のパッキンの経年劣化を考慮した保全計画を策定すること
(3)水密扉は、敷地内の浸水想定を海抜15mとして設計しているので、国が南海トラフの巨大地震に関する詳細な津波高等のデータを発表次第、想定される津波高に対する対策として十分なものか再評価すること
また、今回の点検項目に係る工事において、6月12日に作業員が負傷するという事故があったことから、必要に応じて作業工程を見直し、現場の安全管理に万全を期していただくようお願いしました。

2012年7月26日

本日、報道機関に公開の下、浜岡原子力発電所の津波対策工事(防波壁建設等)の第8回現場点検を実施しました。点検の内容は、次のとおりです。

1防波壁設置工事

(1)地中壁出来形の点検
(2)放水路部基礎(深礎杭)の点検
(3)壁部出来形の点検
(4)材料(鉄筋及び鋼材、コンクリート)の品質の確認

2その他の津波対策

(1)建屋外壁の防水構造扉の信頼性強化
(2)水密扉の追加設置、補強
(3)予備蓄電池の確保

点検の結果、防波壁設置工事については、点検の基準を満足していることを確認しました。その他の津波対策についても、中部電力が公表している計画どおり整備されていることを確認しました。
中部電力には、現場の安全管理や工程管理に留意し計画どおり工事を進めること、また、以下の事項について、次回以降の点検時に説明するよう要請しました。
(1)防水構造扉の閉止状態を確認する手順を明確にすること
(2)防水構造扉のパッキンの経年変化を考慮した保全計画を策定すること
(3)防水構造扉は、敷地内の浸水想定を海抜15mとして設計しているので、国が南海トラフの巨大地震に関する詳細な津波高等のデータを発表次第、想定される津波高に対する対策として十分なものか再評価すること
(4)移動式変圧器の構内設置訓練の反省点等を踏まえた手順の見直し及び機器の整備を確実に行うこと
(5)予備蓄電池の切り替えにおけるスイッチの操作をマニュアル化すること

2012年9月5日

本日、報道機関に公開の下、浜岡原子力発電所の津波対策工事(防波壁設置等)の第9回現場点検を実施しました。点検の内容は、次のとおりです。

1防波壁設置工事

(1)地中壁出来形の点検
(2)放水路部基礎(深礎杭)の点検
(3)壁部出来形の点検
(4)材料(鉄筋及び鋼材、コンクリート)の品質の確認

2その他の津波対策

(1)建屋外壁の防水構造扉の信頼性強化
(2)水密扉の追加設置、補強
(3)高圧注水系空冷式熱交換器の設置
(4)外部電源の信頼性確保

点検の結果、防波壁設置工事については、点検の基準を満足していることを確認しました。その他の津波対策についても、中部電力が公表している計画どおり整備されていることを確認しました。
中部電力には、現場の安全管理や工程管理に留意し計画どおり工事を進めること、また、以下の事項について、次回以降の点検時に説明するよう要請しました。
(1)佐倉、地頭方及び御前崎変電所の津波被害による一般高圧配電線からの供給への影響を確認すること
(2)空冷式熱交換器の除熱の熱量計算を示すこと
(3)8月29日に国が示した南海トラフの巨大地震に関する津波高等の推計結果を踏まえ、現在の津波対策の妥当性を再検証すること

2012年10月11日

本日、報道機関に公開の下、浜岡原子力発電所の津波対策工事(防波壁設置等)の第10回現場点検を実施しました。点検の内容は、次のとおりです。

1防波壁設置工事

(1)放水路部基礎(深礎杭)出来形の点検
(2)壁部出来形の点検
(3)西側端部(コンクリート被覆)出来形の点検
(4)材料(鉄筋及び鋼材、コンクリート)の品質の確認

2その他の津波対策

(1)建屋外壁の防水構造扉の信頼性強化
(2)水密扉の追加設置、補強
(3)原子炉機器冷却海水系等の予備品確保(書類点検のみ)
(4)水源の多様化(書類点検のみ)

点検の結果、防波壁設置工事については、点検の基準を満足していることを確認しました。その他の津波対策についても、中部電力が公表している計画どおり整備されていることを確認しました。
中部電力には、現場の安全管理や工程管理に留意し計画どおり工事を進めること、また、12月末完成予定の防水構造扉等について、緊急時における開閉状態の確認手順を明確にし、その運用の周知徹底を図るよう改めて要請しました。

2012年10月31日

本日、報道機関に公開の下、浜岡原子力発電所の津波対策工事(防波壁設置等)の第11回現場点検を実施しました。点検の内容は、次のとおりです。

1防波壁設置工事

(1)放水路部基礎(深礎杭)出来形の点検
(2)壁部出来形の点検
(3)材料(鉄筋及び鋼材、コンクリート)の品質の確認

点検の結果、点検の基準を満足していることを確認しました。
中部電力には、現場の安全管理や工程管理に留意し計画どおり工事を進めるよう要請しました。

2012年11月26日

本日、報道機関に公開の下、浜岡原子力発電所の津波対策工事(防波壁設置等)の第12回現場点検を実施しました。点検の内容は、次のとおりです。

1防波壁設置工事

(1)壁部出来形の点検
(2)材料(鋼材及びコンクリート)の品質の確認

2その他の津波対策

(1)海水取水ポンプエリアへの防水壁の設置(現場及び書類点検)
(2)取水槽への漂流物流入防止対策(書類点検)

点検の結果、防波壁設置工事については、点検の基準を満足していることを確認しました。その他の津波対策についても、中部電力が公表している計画どおり整備されていることを確認しました。
中部電力には、現場の安全管理や工程管理に留意し計画どおり工事を進めること、また、取水層への漂流物防止対策に関し、以下の事項について、次回以降の点検時に説明するよう要請しました。
(1)既設の整流装置における漂流物に対する健全性
(2)漂流物流入防止ネットの設計における引き波の水圧、流速に対する健全性

2013年2月1日

本日、報道機関に公開の下、浜岡原子力発電所の津波対策工事(防波壁設置等)の第13回現場点検を実施しました。点検の内容は、次のとおりです。

1防波壁設置工事

(1)放水路横断部出来形の点検
(2)材料(鋼材及びコンクリート)の品質の確認

2その他の津波対策

(1)放水ピット等の開口部閉止による溢水対策(現場点検)
(2)建屋外壁の防水構造扉の信頼性強化(現場点検)

点検の結果、防波壁設置工事については、点検の基準を満足していること及び防波壁(T.P.+18m)の本体工事が適切に施工されたことを確認しました。その他の津波対策についても、中部電力が公表している計画どおり整備されていることを確認しました。
中部電力には、以下の事項について、次回以降の点検時に説明するよう要請しました。
(1)嵩上げ等の工事について工程計画等を作成すること。
(2)防水構造扉のパッキンの経年劣化を考慮した保全計画を策定すること。(第8回において要請済)
(3)防水構造扉の開閉状態の確認に係る暫定運用手順を定めているが、有効性について検証し必要に応じて見直しを図ること。
(4)定期検査等において放水ピット等の鋼製蓋を一定期間開けることがあるとのことだが、開放数、開放期間等について溢水量に影響を与えないような運用手順とすること。

2013年3月27日

本日、報道機関に公開の下、浜岡原子力発電所の津波対策工事の第14回現場点検を実施しました。点検の内容は、次のとおりです。

1取水槽への漂流物流入防止対策

2地下配管ダクト点検口、入口扉等閉止措置

点検の結果、中部電力が公表している計画どおり整備されていることを確認しました。

2013年6月3日

本日、報道機関に公開の下、浜岡原子力発電所の津波対策工事の第15回現場点検を実施しました。点検の内容は、緊急時海水取水設備の設置です。

点検の結果、中部電力が公表している計画どおり整備されていることを確認しました。
中部電力には、以下の事項について、次回以降の点検時に説明するように要請しました。
・緊急時海水取水設備の稼動に係る運用手順及び訓練計画を策定すること。また、実際に機能することを適宜稼動させて示すこと。

2013年7月18日

本日、報道機関に公開の下、浜岡原子力発電所の津波対策工事の第16回現場点検を実施しました。点検の内容は、取水源の多様化です。

点検の結果、中部電力が公表している計画どおり整備されていることを確認しました。
中部電力には、以下の事項について、次回以降の点検時に説明するように要請しました。
・緊急用移動式大容量送水システムを実際に運用するときの具体的な手順及び運転訓練の計画

2013年8月20日

本日、報道機関に公開の下、浜岡原子力発電所の津波対策工事の第17回現場点検を実施しました。点検の内容は、水密扉の追加設置・補強です。

点検の結果、中部電力が公表している計画どおり整備されていることを確認しました。
中部電力には、以下の事項について、次回以降の点検時に説明するように要請しました。
(1)基準地震動が定まった時に、水密扉の耐震性を再検討すること

(2)水密扉のパッキンの経年変化について、目視による保守点検だけでなく、客観的な数値で評価する方法を検討すること

水密扉

2013年10月11日

本日、報道機関に公開の下、浜岡原子力発電所の津波対策工事の第18回現場点検を実施しました。点検の内容は、5号機受電回路の増設です。点検の結果、中部電力が公表している計画どおり整備されていることを確認しました。

2013年12月24日

本日、報道機関に公開の下、浜岡原子力発電所の津波対策工事の第19回現場点検を実施しました。点検の内容は、防波壁設置、4号機緊急時海水取水設備です。点検の結果、中部電力が公表している計画どおり整備されていることを確認しました。

2014年1月30日

本日、報道機関に公開の下、浜岡原子力発電所の津波対策工事の第20回現場点検を実施しました。点検の内容は、防波壁設置、3号機緊急時海水取水設備、5号機海水取水ポンプエリアへの防水壁の設置です。点検の結果、中部電力が公表している計画どおり整備されていることを確認しました。
中部電力に対しては、現場の安全管理や工程管理に留意し計画どおり工事を進めるとともに、緊急時海水取水設備については、今後の試験や点検をしっかり行い、運転に支障がないことを確認するよう要請しました。

2014年3月4日

本日、報道機関に公開の下、浜岡原子力発電所の津波対策工事の第21回現場点検を実施しました。点検の内容は、防波壁設置です。点検の結果、中部電力が公表している計画どおり整備されていることを確認しました。

2014年4月24日

本日、報道機関に公開の下、浜岡原子力発電所の津波対策工事の第22回現場点検を実施しました。点検の内容は、防波壁設置です。点検の結果、中部電力が公表している計画どおり整備されていることを確認しました。

tsugikabe.jpg

2014年5月23日

本日、報道機関に公開の下、浜岡原子力発電所の津波対策工事の第23回現場点検を実施しました。点検の内容は、防波壁設置です。点検の結果、中部電力が公表している計画どおり整備されていることを確認しました。

1060270.jpg

2014年6月24日

本日、報道機関に公開の下、浜岡原子力発電所の津波対策工事の第24回現場点検を実施しました。点検の内容は、防波壁設置及び4号機建屋貫通部止水対策です。点検の結果、中部電力が公表している計画どおり整備されていることを確認しました。また、中部電力に対し、現場の安全管理や工程管理に留意して計画どおり工事を進めること、津波対策工事が工事計画どおりに実施され、所期の性能を有することを、施工事業者だけに委ねることなく、中部電力の責任において確実に確認し、記録を残しておくよう要請しました。

260624.1260624.2

2014年7月29日

本日、報道機関に公開の下、浜岡原子力発電所の津波対策工事の第25回現場点検を実施しました。点検の内容は、防波壁設置及び電源盤の高台への設置です。点検の結果、中部電力が公表している計画どおり整備されていることを確認しました。中部電力に対し、現場の安全管理や工程管理に留意して計画どおり工事を進めること、また、電源盤についてはガスタービン発電機や緊急時変圧器の接続などの工事についても計画どおりに施工することを要請しました。

津波対策点検0729の2津波対策点検0729

2014年8月26日

本日、報道機関に公開の下、浜岡原子力発電所の津波対策工事の第26回現場点検を実施しました。点検の内容は、防波壁設置及び空冷式熱交換器設置です。点検の結果、中部電力が公表している計画どおり整備されていることを確認しました。中部電力に対し、現場の安全管理や工程管理に留意して計画どおり工事を進めることを要請しました。

0826-10826-2

2014年9月24日

本日、報道機関に公開の下、浜岡原子力発電所の津波対策工事の第27回現場点検を実施しました。点検の内容は、防波壁設置及び4、5号機海水熱交換器建屋の構造強化です。点検の結果、中部電力が公表している計画どおり整備されていることを確認しました。中部電力に対し、現場の安全管理や工程管理に留意して計画どおり工事を進めることを要請しました。

27no1.jpg27no2.jpg

2014年10月17日

本日、浜岡原子力発電所において、津波対策工事ほか追加工事の第28回現場点検を実施しました。点検の内容は、一般高圧配電線からの電源供給対策、及び緊急時対策所の居住性強化(緊急時対策所内の酸素濃度計及びエリア放射線モニタの設置)です。点検の結果、中部電力が公表している計画どおり整備されていることを確認しました。一般高圧配電線からの電源供給対策については、発災時に緊急の対応ができるよう、常日頃からの訓練実施を中部電力に対し要請しました。

201441017a201441017b

2014年10月24日

本日、浜岡原子力発電所において、津波対策工事ほか追加工事の第29回現場点検を実施しました。点検の内容は、原子炉建屋ベント設備設置、及び原子炉建屋水素濃度計設置です。点検の結果、中部電力が公表している計画どおり整備されていることを確認しました。また、本設備は自治体が行う災害対応にも関係していくものであるため、パネルの開放手順や関係者への連絡等の運用について、十分に検討するよう要請しました。

20141024a20141024b

2014年10月28日

本日、報道機関に公開の下、浜岡原子力発電所の津波対策工事ほか追加工事の第30回現場点検を実施しました。点検の内容は、防波壁設置及び水源の多様化(緊急時淡水貯槽の設置)に係る緊急時淡水供給設備です。点検の結果、中部電力が公表している計画どおり整備されていることを確認しました。中部電力に対し、現場の安全管理や工程管理に留意して計画どおり工事を進めることを要請しました。

20141028a20141028b

2014年11月7日

本日、浜岡原子力発電所の津波対策工事ほか追加工事の第31回現場点検を実施しました。点検の内容は、海水取水ポンプなどのポンプ及び電動機の予備品確保です。点検の結果、中部電力が公表している計画どおり整備されていることを確認しました。中部電力に対し、訓練を通じて予備品の交換作業の習熟を図るとともに、緊急時を想定して交換作業の手順や予備品の保管方法を工夫することを要請しました。

20141107a20141107b

2014年11月20日

本日、浜岡原子力発電所の津波対策工事ほか追加工事の第32回現場点検を実施しました。点検の内容は、機器室貫通部からの浸水防止(シール性向上)対策です。点検の結果、4号機建屋等の機器室の貫通部(排水枡)について、閉止器具又は逆流防止器具の取り付けによる浸水防止対策が、中部電力の計画どおり施工されていることを確認しました。中部電力に対し、閉止した貫通部を開放したときには再度閉止したことを必ず確認するなど、保守管理の徹底を要請しました。

1120

2014年11月28日

本日、報道機関に公開の下、浜岡原子力発電所の津波対策工事ほか追加工事の第33回現場点検を実施しました。点検の内容は、防波壁設置及び補給水系などの注水配管の追設です。点検の結果、防波壁設置については、点検の基準を満足していることを確認しました。また、注水配管の追設については、3号機復水サージタンクから淡水を4号機に送水するための注水配管が、溶接部を含め、中部電力が公表している計画どおり施工されていることを確認しました。中部電力に対し、現場の安全管理や工程管理に留意して計画どおり工事を進めることを要請しました。

1128b1128a

2014年12月19日

本日、浜岡原子力発電所の津波対策工事ほか追加工事の第34回現場点検を実施しました。点検の内容は、3号機建屋外壁の給排気口(開口部)からの浸水防止対策です。点検の結果、津波の敷地内浸水時における3号機海水フィルタ室建屋外壁の給排気口からの浸水防止対策として、鋼管ダクトが中部電力が公表している計画どおり設置されていることを確認しました。

20141219

2014年12月22日

本日、報道機関に公開の下、浜岡原子力発電所の津波対策工事ほか追加工事の第35回現場点検を実施しました。点検の内容は、防波壁設置及び可搬設備の確保です。点検の結果、防波壁設置については、点検の基準を満足していることを確認しました。また、可搬設備の確保については、可搬型注水ポンプ車及び可搬型取水ポンプ車の配備が、中部電力の計画どおり進められていることを確認しました。中部電力に対し、現場の安全管理や工程管理に留意して工事を進めること、今後予定する他の可搬設備(ホース車・直流電源車等)の配備や敷地内の東西2箇所の保管庫の設置等についても計画どおり進めることを要請しました。

1222a1222b

2015年1月23日

本日、報道機関に公開の下、浜岡原子力発電所の津波対策工事ほか追加工事の第36回現場点検を実施しました。点検の内容は、防波壁設置及び配管サポートの耐震補強工事です。点検の結果、防波壁設置については、点検の基準を満足していることを確認しました。また、配管サポートの耐震補強工事が、中部電力の計画どおり進められていることを、4号機原子炉建屋非常用ディーゼル発電機室等において確認しました。中部電力に対し、現場の安全管理や工程管理に留意して工事を進めること、配管サポートの工事件数は多数あり、その工事の確実な実施と確認を要請しました。

201501232

2015年2月17日

本日、報道機関に公開の下、浜岡原子力発電所の津波対策工事ほか追加工事の第37回現場点検を実施しました。点検の内容は、防波壁設置、及び、ガスタービン発電機の高台設置のうちガスタービン発電機建屋の免震装置です。点検の結果、防波壁設置については、点検の基準を満足していることを確認しました。また、ガスタービン発電機建屋のオイルダンパー、積層ゴム等の免震装置の設置が、中部電力の計画どおり進められていることを確認しました。中部電力に対し、現場の安全管理や工程管理に留意して工事を進めること、また、ガスタービン発電機は重大事故対策として重要な施設であるので、発電機の据付など、今後の工事の確実な実施を要請しました。

0217a0217b

2015年3月19日

本日、報道機関に公開の下、浜岡原子力発電所の津波対策工事ほか追加工事の第38回現場点検を実施しました。点検の内容は、漏えい油拡大防止対策です。点検の結果、原子炉機器冷却水ポンプなどの油を内包する機器から油が漏えいしたときに、漏えいが拡大しないように漏えい油の油受けや堰などを設置する工事が、中部電力の計画どおり進められていることを確認しました。中部電力に対し、今後さらに設置する漏えい油拡大防止の設備についても、適切に工事を進めるよう要請しました。

20150319

2015年4月23日

本日、報道機関に公開の下、浜岡原子力発電所の津波対策工事ほか追加工事の第39回現場点検を実施しました。点検の内容は、防波壁設置及び格納容器フィルタベント設備の設置のうちベントフィルタの据付工事です。点検の結果、防波壁設置については、点検の基準を満足していることを確認しました。また、ベントフィルタが、中部電力の計画どおり据付けられていることを確認しました。中部電力に対し、格納容器フィルタベント設備は、重大事故対策として重要な施設であるので、今後の配管工事など、工事の確実な実施を要請しました。

bouhahekibento

2015年5月20日

本日、報道機関に公開の下、浜岡原子力発電所の津波対策工事ほか追加工事の第40回現場点検を実施しました。点検の内容は、防波壁設置及び電源盤などの上層階並びに高台への設置工事です。点検の結果、防波壁設置については、点検の基準を満足していることを確認しました。また、原子炉建屋上層階の電源切替盤等が、中部電力の計画どおり据え付けられていることを確認しました。中部電力に対し、緊急時に電力を供給する設備は、重大事故対策に用いられる重要な施設であり、残りの電源盤据付工事や電気工事など、今後の工事の確実な実施を要請しました。

防波壁電源盤

2015年6月25日

本日、報道機関に公開の下、浜岡原子力発電所の津波対策工事ほか追加工事の第41回現場点検を実施しました。点検の内容は、防波壁設置及びガスタービン発電機の高台設置工事です。点検の結果、防波壁設置については、点検の基準を満足していることを確認しました。また、ガスタービン発電機の本体及び燃料配管が、中部電力の計画どおり据え付けられていることを確認しました。

防波壁ガスタービン

2015年7月27日

本日、報道機関に公開の下、浜岡原子力発電所の津波対策工事ほか追加工事の第42回現場点検を実施しました。点検の内容は、防波壁設置及び建屋外壁扉への自動閉止装置の設置等です。点検の結果、防波壁設置については、点検の基準を満足していることを確認しました。また、建屋外壁扉への自動閉止装置等が、中部電力の計画どおり行われていることを確認しました。

扉外壁

 

2015年8月25日

本日、報道機関に公開の下、浜岡原子力発電所の津波対策工事ほか追加工事の第43回現場点検を実施しました。点検の内容は、防波壁設置及び受電用変圧器の高台設置です。点検の結果、防波壁設置については、点検の基準を満足していることを確認しました。また、受電用変圧器が、中部電力の計画どおり高台に設置され、外部電源から受電できることを確認しました。

受電用防波壁

2015年9月18日

本日、報道機関に公開の下、浜岡原子力発電所の津波対策工事ほか追加工事の第44回現場点検を実施しました。点検の内容は、防波壁設置及び緊急時淡水貯槽の設置です。点検の結果、防波壁設置については、点検の基準を満足していることを確認しました。また、淡水貯槽の高台への設置、貯槽内の淡水の確保及び送水ポンプの性能が中部電力の計画どおりであることを確認しました。

tansuibouhaheki

2015年10月28日

本日、報道機関に公開の下、浜岡原子力発電所の津波対策工事ほか追加工事の第45回現場点検を実施しました。点検の内容は、防波壁設置並びに海水ポンプ軸受注水の無注水起動対策及び原子炉建屋竜巻対策です。点検の結果、防波壁設置については、点検の基準を満足していることを確認しました。また、海水ポンプ軸受注水の無注水起動対策については、海水ポンプの軸受の取替え等が中部電力の計画どおり実施され、取替え後の海水ポンプが起動することを確認しました。原子炉建屋竜巻対策については、原子炉建屋の天井面及び壁面への竜巻防護ネットが中部電力の計画どおり設置されていることを確認しました。

mutyuusuibouhaheki

2015年11月20日

本日、報道機関に公開の下、浜岡原子力発電所の津波対策工事ほか追加工事の第46回現場点検を実施しました。点検の内容は、防波壁設置及び軽油タンクの地下化です。点検の結果、防波壁設置については、点検の基準を満足していることを確認しました。また、軽油タンクの地下化については、軽油タンクが地下のタンク室に中部電力の計画どおり据付けられていることを確認しました。

keiyutannkubouhaheki

2015年12月21日

本日、報道機関に公開の下、浜岡原子力発電所の津波対策工事ほか追加工事の第47回現場点検を実施しました。点検の内容は防波壁の設置並びに4号機循環水系からタービン建屋内への溢水防止対策(隔離機能の追加)及び低耐震クラス機器の耐震補強です。点検の結果、防波壁設置については、点検の基準を満足していることを確認しました。また、4号機タービン建屋の海水系配管に溢水防止対策として耐水型電動弁及び配管サポートを設置する工事が、中部電力の計画どおり進められていることを確認しました。

issuibousibouhaheki151222

2016年1月21日

本日、報道機関に公開の下、浜岡原子力発電所の津波対策工事ほか追加工事の第48回現場点検を実施しました。点検の内容は防波壁の設置並びに4号機取水槽地盤改良等工事及び電路類サポートの耐震補強工事です。点検の結果、防波壁設置については、点検の基準を満足していることを確認しました。また、4号機取水槽周辺の地盤改良工事及び電路類サポートの耐震補強工事が、中部電力の計画どおり実施されていることを確認しました。

なお、2015年12月末で中部電力による防波壁設置の工事が終了し、今回で防波壁設置関係の計画されている点検は全て完了となりますが、現在、原子力規制委員会の審査が継続中であり、今後追加工事が必要となる可能性もあることから、防波壁設置関係の点検は、一時休止扱いとなります。

zibankairyoubouhaheki0121

2016年2月4日

本日、報道機関に公開の下、浜岡原子力発電所の津波対策工事ほか追加工事の第49回現場点検を実施しました。点検の内容は、可搬型設備の確保についてです。重大事故時における放射性物質の敷地外への拡散を抑制することを目的として、可搬型原子炉建屋放水設備である大容量送水ポンプ車や可搬型海洋拡散抑制設備であるシルトフェンスなどを配備するものです。点検の結果、可搬型設備が中部電力の計画どおり配備されていることを確認しました。また、中部電力に対し、可搬型設備を災害時に確実に使用できるよう、運用方法を検討し、訓練を実施するよう要請しました。

放水シルト

2016年3月1日

本日、浜岡原子力発電所の津波対策工事ほか追加工事の第50回現場点検を実施しました。点検の内容は、敷地斜面補強工事についてです。3号機、4号機北側斜面に埋設されている緊急時ケーブルについて、地震による斜面の表層崩壊から防護し、その機能が損なわれないようにするため、斜面を補強する工事等を行なうものです。点検の結果、中部電力の計画どおり対策工事が実施されていることを確認しました。

斜面斜面工事

2016年3月23日

本日、浜岡原子力発電所の津波対策工事ほか追加工事の第51回現場点検を実施しました。点検の内容は、4号機建屋開口部自動閉止装置の設置についてです。当装置は、建屋外壁の高所(T.P.+15~+22.8m)における空調開口部からの建屋への浸水を防止するため、敷地浸水の水位が上昇した場合に、倒伏していた扉体が浮上起立して、空調開口部を自動的に閉止する装置であります。点検の結果、中部電力の計画どおり実施されていることを確認しました。

ruubaa

2016年4月28日

本日、浜岡原子力発電所の津波対策工事ほか追加工事の第52回現場点検を実施しました。点検の内容は、取水槽からの溢水対策及び避雷設備の設置です。溢水対策は、取水槽からの発電所敷地内への津波浸水を防止するため、取水槽の周囲を囲む溢水防止壁を設置する対策です。避雷設備の設置は、改正されたJIS規格(建築物の避雷設備)に基づき海水熱交換器建屋等の安全施設に新たに避雷設備を設置するものです。点検の結果、取水槽の溢水対策及び避雷設備の設置工事が中部電力の計画どおり実施されていることを確認しました。

issuihirai

2016年5月12日

本日、浜岡原子力発電所の津波対策工事ほか追加工事の第53回現場点検を実施しました。点検の内容は、(1)補給水系などの注水配管の追設(格納容器代替スプレイ系の注水配管等の追設)(2)4号機取水槽スクリーン室及びポンプ室にかかる耐震補強工事(3)地下配管ダクト点検口、入口扉等閉止工事についてです。点検の結果、上記(1)(2)(3)の工事ともに、中部電力の計画どおり実施されていることを確認しました。

tennkenntobiratekkinn

2016年5月31日

本日、浜岡原子力発電所の津波対策工事ほか追加工事の第54回現場点検を実施しました。点検の内容は、水密扉の追設・補強及び被水防護カバーの設置についてです。水密扉は建物内に溢水が発生した場合に、安全施設の機能が損なわれないようにするため設置されます。また、被水防護カバーは機器の近くに敷設されている配管が破損した場合に、被水による機器機能喪失を避けるため設置されます。点検の結果、上記の工事ともに、中部電力の計画どおり実施されていることを確認しました。

160531_1160531_2

2016年6月14日

本日、浜岡原子力発電所の津波対策工事ほか追加工事の第55回現場点検を実施しました。(1)免震構造物への地震観測装置設置(2)送電鉄塔の支持がいし(鉄塔の配電線を支えると共に、鉄塔と電線とを絶縁する部品)の取替(3)建屋内照明確保のための電源内蔵非常用照明追設についてです。点検の結果、上記(1)(2)(3)の工事ともに、中部電力の計画どおり実施されていることを確認しました。

160614_2160614_1160614_3

2016年6月30日

本日、浜岡原子力発電所の津波対策工事ほか追加工事の第56回現場点検を実施しました。点検の内容は、竜巻対策及び変圧器の1相開放対策装置の設置についてです。竜巻対策は、竜巻によって発生する飛来物から、屋外に設置されている原子炉機器冷却海水ポンプ等を防護するため、鉄板、金網等から校正される構造物が設置されます。また、変圧器の1相開放対策装置の設置では、3相交流の電源経路において、3相のうち1相の開放(断線等)が生じた場合に、安全上重要な施設への電力供給停止を防止するため、1相開放故障の検知装置が設置されます。点検の結果、上記の工事ともに、中部電力の計画どおり実施されていることを確認しました。

tatumakihenatsuki

2016年7月20日

本日、浜岡原子力発電所の津波対策工事ほか追加工事の第57回現場点検を実施しました。点検の内容は、4号機における長期冷却用の可搬型代替熱交換器の配備と建屋内配管の設置及び海水ポンプ軸受注水の無注水起動化対策です。可搬型代替熱交換器については、常設機器による原子炉の冷却機能を喪失した場合でも、長期冷却を継続できるようにするために配備するものです。また、海水ポンプ軸受注水の無注水起動化対策は、合成ゴム製の軸受をテフロンゴム製へ取替えることにより、海水冷却機能ポンプ起動時に注水を不要とさせる対策工事です。点検の結果、上記の工事ともに、中部電力の計画どおり実施されていることを確認しました。

160720_1160720_2

2016年8月8日

本日、浜岡原子力発電所の津波対策工事ほか追加工事の第58回現場点検を実施しました。点検の内容は、浜岡原発敷地における防火帯の設置と、防波壁の東側・西側盛土の嵩上げについてです。浜岡原発敷地周辺で森林火災が発生した場合において、安全上重要な施設付近に延焼し安全機能を損なわないようにするため、幅21m・総延長3.1kmの防火帯を設置します。また、盛土の嵩上げについては、基準津波の浸水を防ぐため、防波壁の東西両側に改良土主体の盛土(T.P.+24m)を設置する工事です。点検の結果、上記の工事ともに、中部電力の計画どおり実施されていることを確認しました。

160808_1160808_2

2016年9月13日

本日、浜岡原子力発電所の津波対策工事ほか追加工事の第59回現場点検を実施しました。点検の内容は、可搬型気象観測装置の設置と、竜巻対策及び変圧器の1相開放対策装置の設置についてです。可搬型気象観測装置は、重大事故等の発生により常設の気象観測設備が機能喪失した場合の代替設備として設置される装置です。竜巻対策と変圧器の1相開放対策装置については、2016年6月30日の現場点検時に工事中であった箇所が工事完了したことに伴い、点検を実施しました。点検の結果、上記の工事すべて、中部電力の計画どおり実施されていることを確認しました。

160913_1160913_2160913_3

2016年10月14日

本日、浜岡原子力発電所の津波対策工事ほか追加工事の第60回現場点検を実施しました。点検の内容は、ガスタービン発電機の高台設置と、被水防護カバーの設置についてです。ガスタービン発電機は、緊急時に必要な機器に電力を供給する設備です。先の現場点検(第41回2015年6月25日)にガスタービン発電機の据付状況を確認しており、今回は実際に発電して原子炉建屋の安全施設を作動させることができることを確認しました。中部電力に対し、ガスタービン発電機は緊急時に使用するものであり、複数号機にまたがる連携など、訓練を通じて確実な対応ができるようにすることを要請しました。

161014_1161014_2

2016年10月25日

本日、浜岡原子力発電所の津波対策工事ほか追加工事の第61回現場点検を実施しました。点検の内容は、4号機取水槽補強工事と、取水槽他の溢水対策についてです。4号機取水槽は、補強鉄筋による耐震性の補強工事を確認しました。溢水対策は、取水槽からの発電所敷地内への津波浸水を防止するため、取水槽の周囲を囲む溢水防止壁を設置する対策です。第52回(2016年4月28日)時点では工事途中であった3~5号機取水槽の溢水防止壁について、完工した状況を確認しました。点検の結果、上記の工事すべて、中部電力の計画どおり実施されていることを確認しました。

161025_1161025_2

2016年11月18日

本日、浜岡原子力発電所の津波対策工事ほか追加工事の第62回現場点検を実施しました。点検の内容は、取水槽海水レベル計の耐震性向上工事と、取水槽他の溢水対策についてです。取水槽海水レベル計については、基準地振動や基準津波に対して津波監視設備としての機能を保持できるようにするため、耐震性向上や水位測定範囲拡大等を行う工事を実施しました。取水槽他の溢水対策については、津波時に取水設備及び放水設備等から敷地内への溢水を防ぐため、1・2号取水槽の海水流入量を抑制する閉塞コンクリートの設置、構内排水路のフラップゲートの設置、3・4号放水ピットの頂版の補強工事を実施しました。点検の結果、上記の工事すべて、中部電力の計画どおり実施されていることを確認しました。

161118_1161118_2

2016年11月25日

本日、浜岡原子力発電所の津波対策工事ほか追加工事の第63回現場点検を実施しました。点検の内容は、重大事故等の収束に必要な淡水の水源として、高台に貯水槽を設置する工事についてです。淡水を送るために設置されたポンプ等を稼動させ、実際に原子炉建屋まで送水されることを確認しました。点検の結果、上記の工事は、中部電力の計画どおり実施されていることを確認しました。

161125_1161125_2

2016年12月22日

本日、浜岡原子力発電所の津波対策工事ほか追加工事の第64回現場点検を実施しました。点検の内容は、4号機の重大事故防止に必要な原子炉隔離冷却系及び補給水系の制御盤について、基準地震動に対して機能を喪失しないよう、装置の改造や交換により耐震性を強化する工事を確認しました。点検の結果、上記の工事は、中部電力の計画どおり実施されていることを確認しました。

161222_1161222_2

2017年2月23日

本日、浜岡原子力発電所の津波対策工事ほか追加工事の第65回現場点検を実施しました。点検の内容は、水密扉の追設・補強及び溢水経路の形成工事についてです。これらの工事は、原子炉施設内部で溢水が発生したときに、安全施設の機能が損なわれないようにするため、また放射性物質を含む液体が管理区域外へ漏えいすることを防止するため行われました。点検の結果、上記の工事は、中部電力の計画どおり実施されていることを確認しました。

161222_1161222_2

2017年3月29日

本日、浜岡原子力発電所の津波対策工事ほか追加工事の第66回現場点検を実施しました。点検の内容は、常設モニタリングポストの電源強化と可搬型モニタリングポストの配備についてです。常設モニタリングポストの電源を喪失した場合に備えて、代替電源として4号機非常用所内電源又は緊急時ガスタービン発電機から常設モニタリングポストに給電できるように工事が行われました。また、常設モニタリングポストが重大事故発生時に被災して機能喪失した場合に備えて、代替設備として12台の可搬型モニタリングポストが配備されました。点検の結果、上記の工事は、中部電力の計画どおり実施されていることを確認しました。

170329_1170329_2

2017年4月28日

本日、浜岡原子力発電所の津波対策工事ほか追加工事の第67回現場点検を実施しました。点検の内容は、(1)可搬型設備の保管場所確保(2)アクセスルート整備(3)可搬型設備用燃料充填装置の設置(4)緊急時用資機材倉庫の高台設置についてです。点検の結果、上記の工事は、中部電力の計画どおり実施されていることを確認しました。

170428_1170428_2

2017年6月14日

本日、浜岡原子力発電所の津波対策工事ほか追加工事の第68回現場点検を実施しました。点検の内容は、原子炉建屋の外に水素を排出する原子炉建屋ベント設備のうち、ベントパネルの開放装置を設置する工事と、中央制御室に原子炉建屋内の水素濃度を監視する水素濃度計設備の指示計を設置する工事についてです。点検の結果、上記の工事は、中部電力の計画どおり実施されていることを確認しました。

170614_1170614_2

2017年8月10日

本日、浜岡原子力発電所の津波対策工事ほか追加工事の第69回現場点検を実施しました。点検の内容は、格納容器を除熱・減圧する格納容器ベント設備における、格納容器ベント弁の遠隔操作化と手動操作化等を行う工事と、水密扉の追設・補強工事についてです。点検の結果、上記の工事は、中部電力の計画どおり実施されていることを確認しました。

170810_1170810_2

2017年9月13日

本日、浜岡原子力発電所の津波対策工事ほか追加工事の第70回現場点検を実施しました。点検の内容は、海上用放射線計測器(マルチコプター)の配備と、海水系統からタービン建屋内への溢水防止対策工事についてです。重大事故等発生時に浜岡原発周辺海域のモニタリングを可能とするために、海上用放射線計測器を搭載したマルチコプターが配備されました。また、4号機のタービン建屋内の各所に溢水検知器が設置され、弁を自動的に閉止して破損した海水系配管を隔離する機能(インターロック回路)が追加されたことを確認しました。

170913_1170913_2

2017年10月19日

本日、浜岡原子力発電所の津波対策工事ほか追加工事の第71回現場点検を実施しました。点検の内容は、循環水ポンプ周辺の溢水防止対策工事についてです。循環水ポンプの破損による発電所敷地への海水流入を防止するため、循環水ポンプの取付ボルトを、ステンレス材質から高強度合金材質に交換し、耐震補強が行われたことを確認しました。

291019-1291019-2

2017年12月5日

本日、浜岡原子力発電所の津波対策工事ほか追加工事の第72回現場点検を実施しました。点検の内容は、原子炉建屋喚起空調系開口部の竜巻対策についてです。竜巻発生に起因する飛来物が原子炉建屋喚起空調系の開口部から侵入し、安全上重要な設備を損傷することを回避するため、防護鉄板や防護金網が設置されたことを確認しました。

291205_1291205_2

2018年2月2日

本日、浜岡原子力発電所の津波対策工事ほか追加工事の第73回現場点検を実施しました。点検の内容は、発電所敷地への森林火災の延焼を感知するカメラの設置工事と、津波などの自然現象等を原子炉制御室から把握するカメラの設置工事についてです。点検の結果、上記の工事は、中部電力の計画どおり実施されていることを確認しました。

180202_1180202_2

2018年3月20日

本日、浜岡原子力発電所の津波対策工事ほか追加工事の第74回現場点検を実施しました。点検の内容は、放射線遮蔽対策等の機能強化を図った耐震構造の緊急時対策所の設置工事と、緊急時対策所の放射性物質流入を制御する空調設備設置工事についてです。点検の結果、上記の工事は、中部電力の計画どおり実施されていることを確認しました。

180320_1180320_2

2018年4月20日

本日、浜岡原子力発電所の津波対策工事ほか追加工事の第75回現場点検を実施しました。点検の内容は、(1)外部電源喪失時に緊急時対策所へ給電する非常用ディーゼル発電機の設置工事、(2)緊急時における通信連絡設備の設置工事、(3)緊急時対策所における酸素濃度計の設置工事についてです。各工事が中部電力の計画どおり実施されていることを確認し、非常用ディーゼル発電機においては実際に発電機を起動させ、起動可能であることを確認しました。

180420_1180420_2

2018年6月6日

本日、浜岡原子力発電所の津波対策工事ほか追加工事の第76回現場点検を実施しました。点検の内容は、原子炉建屋喚起空調系開口部の竜巻対策についてです。第72回(2017年12月5日)に続き、竜巻発生に起因する飛来物が原子炉建屋屋上の扉等から侵入し、安全上重要な設備を損傷することを回避するため、防護鉄板や防護金網が設置されたことを確認しました。

180606_2180606_1180606_3

2018年7月13日

本日、浜岡原子力発電所の津波対策工事ほか追加工事の第77回現場点検を実施しました。点検の内容は、非常用ディーゼル発電機用の軽油タンクについて、火災や竜巻等の自然現象から防護するため、地下式の軽油タンクを設置する工事についてです。点検の結果、上記の工事は、中部電力の計画どおり実施されていることを確認しました。

20180713_120180713_2

2018年9月13日

本日、浜岡原子力発電所の津波対策工事ほか追加工事の第78回現場点検を実施しました。点検の内容は、使用済燃料プールの冷却・注水機能喪失や漏えいによる水位の低下を監視する赤外線監視カメラの設置工事と、原子炉冷却材再循環系の配管破断事故の際、原子炉底部から破断箇所につながる配管の途中に設置されているボトムドレン弁を電動化する工事についてです。点検の結果、上記の工事は、中部電力の計画どおり実施されていることを確認しました。

20180913_120180913_2

2018年11月7日

本日、浜岡原子力発電所の津波対策工事ほか追加工事の第79回現場点検を実施しました。点検の内容は、循環水ポンプ周辺の溢水防止対策工事と、油内包機器からの漏えい拡大防止対策工事についてです。循環水ポンプ周辺の溢水防止対策工事では、循環水ポンプの取付ボルトを、ステンレス材質から高強度合金材質に交換し、耐震補強が行われたことを確認しました。油内包機器からの漏えい拡大防止対策工事では、機器から漏えいした油による火災の発生を防ぐため、油を集めて溜めおくドレンポッドを設置したことを確認しました。点検の結果、上記の工事は、中部電力の計画どおり実施されていることを確認しました。

20181107_120181107_2

2019年1月29日

本日、浜岡原子力発電所の津波対策工事ほか追加工事の第80回現場点検を実施しました。点検の内容は、重大事故環境に対する計装監視機能強化工事についてです。本工事では、重大事故時にも原子炉格納容器内の温度、水位等の値を計測できるよう、高温、高圧及び高放射線量の環境下でも動作し、十分な計測範囲を持った温度計、水位計及び水素濃度計を原子炉格納容器内に設置する工事です。点検の結果、上記の工事は、中部電力の計画どおり実施されていることを確認しました。

300129_1300129_2

2019年2月26日

本日、浜岡原子力発電所の津波対策工事ほか追加工事の第81回現場点検を実施しました。点検の内容は、共用施設の溢水対策工事についてです。本工事では、4号機の共用施設から放射性物質を含む液体が溢れ出た場合において、配管やケーブルトレイの貫通部を通じて当該施設の外に漏出しないよう、鋼材、シール材等により溢水防止処置を施す工事です。点検の結果、上記の工事は、中部電力の計画どおり実施されていることを確認しました。

310226_1310226_2

2019年3月28日

本日、浜岡原子力発電所の津波対策工事ほか追加工事の第82回現場点検を実施しました。点検の内容は、電源盤などの上層階等への設置工事と、緊急時海水取水設備の設置工事についてです。これらは、全交流電源喪失時に、緊急時ガスタービン発電機から重大事故等対処設備に電力を供給することができるよう、原子炉建屋内上層階等に電源盤などを設置する工事と、原子炉機器冷却海水ポンプが使用不可となっても、冷却用の海水を確保できるよう、緊急時海水取水設備を設置する工事です。今回は、緊急時海水取水設備が、緊急時の電源系統により、実際に運転できることを確認しました。点検の結果、上記の工事は、中部電力の計画どおり実施されていることを確認しました。

82緊急時海水取水設備182緊急時海水取水設備2

2019年4月24日

本日、浜岡原子力発電所の津波対策工事ほか追加工事の第83回現場点検を実施しました。点検の内容は、4号機の原子力格納容器フィルタベント設備の工事についてです。先の現場点検(第39回)において、ベントフィルタ(フィルタベント設備の本体)の据付状況を確認しており、今回は、格納容器からベントフィルタまで及びベントフィルタから排気筒までの配管の据え付け状況について確認しました。点検の結果、上記の工事は、中部電力の計画どおり実施されていることを確認しました。

83syasin-183syasin2

2019年6月11日

本日、浜岡原子力発電所の津波対策工事ほか追加工事の第84回現場点検を実施しました。点検の内容は、4号機の原子力格納容器フィルタベント設備pH測定装置の設置についてです。先の現場点検(第39回及び第83回)において、ベントフィルタ(フィルタベント設備の本体)等を確認しており、今回は、ベントフィルタ内のスクラビング水のpH測定装置の設置について確認しました。点検の結果、上記の工事は、中部電力の計画どおり実施されていることを確認しました。

84syasin184syasin2

2019年7月30日

本日、浜岡原子力発電所の津波対策工事ほか追加工事の第85回現場点検を実施しました。点検の内容は、4号機の緊急時高圧炉心スプレイ機器冷却設備(EHPCCW)についてです。先の現場点検(第26回)において、EHPCCWの設置状況を確認しており、今回は、実際に運転したときの状況について確認しました。点検の結果、上記の工事等は、中部電力の計画どおり実施されていることを確認しました。

85syasin185syasin2

2019年8月27日

本日、浜岡原子力発電所の津波対策工事ほか追加工事の第86回現場点検を実施しました。点検の内容は、4号機の格納容器pH制御装置の設置についてです。格納容器pH制御装置は、重大事故発生時に、原子炉格納容器内の保有水に水酸化ナトリウム水溶液を注入して塩基性を保つことで放射性ヨウ素の揮発を抑制し、放射性ヨウ素の外部への漏えいを防止する設備です。点検の結果、上記の工事は、中部電力の計画どおり実施されていることを確認しました。

86syasin186syasin2

2019年9月10日

本日、浜岡原子力発電所の津波対策工事ほか追加工事の第87回現場点検を実施しました。点検の内容は、長期冷却のための代替熱交換器用配管の設置及び可搬設備の確保(代替熱交車)についてです。先の現場点検(第57回)において、代替熱交換器等の可搬設備、常設配管及び送水接続口について確認しており、今回は、可搬ホース、媒介金具及びユニハンドラーについて確認しました。点検の結果、上記の工事は、中部電力の計画どおり実施されていることを確認しました。

87syasin187syasin2

2019年10月9日

本日、浜岡原子力発電所の津波対策工事ほか追加工事の第88回現場点検を実施しました。点検の内容は、フィルタベント放射線監視強化対策についてです。今回は、格納容器フィルタベント設備の排出経路の放射線物質濃度を監視するベントフィルタ出口放射線モニタの設置を確認しました。点検の結果、上記の工事は、中部電力の計画どおり実施されていることを確認しました。

88syasin188syasin2

2019年11月19日

本日、浜岡原子力発電所の津波対策工事ほか追加工事の第89回現場点検を実施しました。点検の内容は、サプレッションチェンバボックスサポート耐震補強についてです。サプレッションチェンバは、原子炉格納容器内に放出された蒸気を水中に導き凝縮することで圧力上昇を抑制し、原子炉格納容器の破損を防止する役割を持ちます。今回は、サプレッションチェンバのボックスサポート耐震補強工事について確認しました。点検の結果、上記の工事は、中部電力の計画どおり実施されていることを確認しました。

89syasin189syasin2

2019年12月25日

本日、浜岡原子力発電所の津波対策工事ほか追加工事の第90回現場点検を実施しました。点検の内容は、蓄電池容量の増強のうち常設代替直流電源設備についてです。常設代替直流電源設備は、電源喪失により重大事故等が発生した場合において、炉心の著しい損傷の防止に必要な機器への電力供給を行うための設備です。今回は、SA直流主母線盤、充電器及び蓄電池等の設置について確認しました。点検の結果、上記の工事は、中部電力の計画どおり実施されていることを確認しました。

90syasin190syasin2

2020年1月31日

本日、浜岡原子力発電所の津波対策工事ほか追加工事の第91回現場点検を実施しました。点検の内容は、フィルタベント出口配管への水素濃度計の設置についてです。水素濃度計は、格納容器フィルタベント設備内のガス中の水素濃度が可燃限界以下に維持されていることを監視するものです。今回は、フィルタベント出口配管への水素濃度計の設置について確認しました。点検の結果、上記の工事は、中部電力の計画どおり実施されていることを確認しました。

91syasin191syasin2

2020年2月19日

本日、浜岡原子力発電所の津波対策工事ほか追加工事の第92回現場点検を実施しました。点検の内容は、蓄電池容量の増強のうち高圧炉心スプレイ系蓄電池容量の増強についてです。今回は、高圧炉心スプレイ系蓄電池等の設置について確認しました。高圧炉心スプレイ系は、高圧で高温の状態の原子炉に注水して、原子炉を冷却し、炉心の著しい損傷等を防止する設備です。高圧炉心スプレイ系蓄電池は、高圧炉心スプレイ系の機器の制御等に必要な直流電源を供給するものです。点検の結果、上記の工事は、中部電力の計画どおり実施されていることを確認しました。

92syasin192syasin2

2020年3月24日

本日、浜岡原子力発電所の津波対策工事ほか追加工事の第93回現場点検を実施しました。点検の内容は、復水器水室固定サポート耐震補強についてです。タービン建屋において、復水器が地震により破損し、海水が溢水する事態の発生を防ぐため、固定サポートを追設する耐震補強について確認しました。点検の結果、上記の工事は、中部電力の計画どおり実施されていることを確認しました。

93syasin193syasin2

 

お問い合わせ

危機管理部原子力安全対策課 

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2088

ファックス番号:054-221-3685

メール:antai@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?