• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > くらし・環境 > 自然・環境 > 静岡の自然を学ぼう > 静岡の自然を学ぼう/魚類

ここから本文です。

更新日:平成23年4月7日

静岡の自然を学ぼう
背景枠 背景枠

魚類

静岡県の淡水域にはおよそ32科110種あまりの魚が生息しています。河川に見られる魚類相は県内のどこでも同じではなく、地域によってかなりちがっています。特に、ひとつの川に見られる魚類について、一生を淡水域だけですごす純淡水魚の種数を見ると、西から東に向って少なくなっていきます。

南北にのびる山塊の障害があるところでは、そこを境界としてその東側では純淡水魚の種数が急に減少します。そういったところとして、南アルプスの赤石山脈から大井川の西岸にそって牧ノ原台地から御前崎へと結ぶ線と、天守山脈から富士川の東岸ぞいに駿河湾にいたる線があります。これらふたつの線の東西では純淡水魚の種類がかなりちがっていて、この淡水魚類の分布から静岡県をおおまかに西部、中部、東部・伊豆の3つの地域に区分できます。

魚類

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページのトップへ戻る

お問い合わせ

文化・観光部文化局ふじのくに地球環境史ミュージアム

〒422-8017 静岡市駿河区大谷5762

電話番号:054-260-7111

ファックス番号:054-238-5870

メール:museum-gakugei@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?