• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > くらし・環境 > 自然・環境 > 静岡の自然を学ぼう > 静岡の自然を学ぼう/鳥類

ここから本文です。

更新日:平成27年6月23日

静岡の自然を学ぼう
背景枠 背景枠

鳥類

駿河湾から日本最高峰の富士山まで、静岡県にはさまざまな自然が残されていて、多くの鳥が確認されています。

日本全国で確認されている鳥は約550種ですが、1998年発行された「静岡県の鳥類」では378種類の鳥が静岡県内で確認されています。この数は本州で記録されている鳥のほとんどにあたり、他県とくらべても多いと思われます。

この中で県内だけにすんでいる鳥はいませんが、ライチョウは世界の南限にあたり、ヒメアマツバメやコシジロイソヒヨは日本ではじめて県内で記録されたものです。

鳥類

  •  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページのトップへ戻る

 

お問い合わせ

文化・観光部文化局ふじのくに地球環境史ミュージアム

〒422-8017 静岡市駿河区大谷5762

電話番号:054-260-7111

ファックス番号:054-238-5870

メール:museum-gakugei@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?