• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 産業・雇用 > 日本平山頂シンボル施設建築工事設計業務公募型プロポーザルの審査過程及び講評について

ここから本文です。

更新日:平成28年4月7日

日本平山頂シンボル施設建築工事設計業務公募型プロポーザルの審査過程及び講評について

静岡県・静岡市では、日本平山頂シンボル施設建築工事に伴う基本設計及び実施設計の施行者を選定するため、平成28年1月22日から公募型プロポーザルを開始し、県・市検討会及び、審査委員会での審査を経て、最優秀者及び優秀者を特定しました。

ここに以下の項目を公表します。

最終審査で特定した最優秀者及び優秀者の応募者名とその提案書

最優秀者

【受付番号38】

応募者名吾建:(株)隈研築都市設計事務所

(38提案書) (PDF:2,335KB)

 

優秀者(次点)

【受付番号46】

応募者名:(株)土屋辰之助アトリエ

(46提案書)(PDF:2,862KB)

優秀者(第三位)

【受付番号53】

応募者名:MAMM&NEY設計共同企業体

(MAMM DESIGN一級建築士事務所)((株)ネイ&パートナーズジャパン)

(53提案書) (PDF:1,841KB)

県・市検討会で選定した応募者名とその提案書(上記以外、受付番号順)

【受付番号8】

応募者名:長谷川逸子・建築計画工房(株)

(8提案書) (PDF:1,307KB)

 

【受付番号36】

応募者名:UID・大瀧建築設計共同体

(UID一級建築士事務所)((株)大瀧建築事務所)

(36提案書)(PDF:4,381KB)

 

【受付番号39】

応募者名:(株)日建設計 名古屋オフィス

(39提案書)(PDF:3,975KB)

審査の過程

 

年月日

内容

平成28年1月 13日

 

第1回審査委員会

公募型プロポーザル募集要項について審議

平成28年1月22日

プロポーザル公募開始

平成28年3月2日

 

 

県・市検討会(審査対象者の選定)

提案書による評価

応募者46者のうちから6者を選定

平成28年3月11日

 

 

第2回審査委員会(審査)

プレゼンテーション及び提案書等による評価

最優秀者、優秀者の特定について審議

平成28年3月17日

最優秀者、優秀者の特定

平成28年3月17日

最優秀者の公表

 

 

審査委員会構成メンバー

役職

氏名

職名

委員長

遠山敦子

公益財団法人トヨタ財団理事長

委員

芳賀

静岡県立美術館館長

委員

中村昌生

京都工芸繊維大学名誉教授、福井工業大学名誉教授

委員

石川幹子

中央大学理工学部教授

委員

難波喬司

県・市行政関係者(静岡県副知事)

 

審査講評

(講評)(PDF:94KB)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

文化・観光部観光交流局観光政策課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2534

ファックス番号:054-221-3627

メール:kankou2@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?