• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > ようこそ知事室へ > プロフィール【ようこそ知事室へ】 > 知事対談・鼎談対談【ようこそ知事室へ】

ここから本文です。

更新日:令和2年6月3日

知事対談・鼎談対談

丸1令和元年度知事対談・鼎談対談

対談年月 タイトル 対談者 対談時の写真
令和元年11月 「静岡知図」をつくり、次代を拓く。 濱下 武志 氏
(静岡県立大学グローバル地域センター長)
令和元年8月 ラグビー交流を遺産に ポール・カバナ 氏
(駐日アイルランド大使)
知事対談令和元年8月

 

丸1平成30年度知事対談・鼎談対談

対談年月 タイトル 対談者 対談時の写真
平成30年12月 学び合う 高め合う
~静岡とインドネシア~
アリフィン・タスリフ 氏
(駐日インドネシア大使)
平成30年11月 「見立て」の日本と風土学 オギュスタン・ベルク 氏
(フランス国立社会科学高等研究院教授)
平成30年9月 スポーツで強い絆 ポール・マデン 氏
(駐日英国大使)
平成30年9月 生命化時代を作る
~文化力、生命力を高め、オンリーワンのふじのくにへ~
李 御寧 氏
(韓中日比較文化研究所理事長)
平成30年7月 多様な存在を受け入れる「情緒」という感性
~文明世界の袋小路に挑戦する日本の「総合」人類学とは~
尾本 恵市 氏
(東京大学名誉教授)
平成30年5月 人口史から読み解くこれからの日本と静岡県
~富国有徳の“ふじのくにづくり”と静岡県立大学の役割~
鬼頭 宏 氏
(静岡県立大学学長)
平成30年4月 日本と朝鮮の平和的関係を再構築した朝鮮通信使
~静岡が果たした歴史的な意義とは何か~
ロナルド・トビ 氏
(イリノイ大学名誉教授)

 

丸1平成29年度知事対談・鼎談対談

対談年月 タイトル 対談者 対談時の写真
平成30年3月 文明観光学は世直しの学び。
~これからの世界で大学が果たす役割とは~
横山 俊夫 氏
(静岡文化芸術大学学長)
平成29年8月 日韓つなぐ自治体交流 李 俊揆 氏
(駐日韓国大使)

 

丸1平成28年度

対談年月 タイトル 対談者 対談時の写真
平成29年2月 ふじのくにから世界へ
日印友好交流年対談
スジャン・チノイ 氏
(駐日インド大使)
平成28年10月 「ことば」異文化の扉を開く鍵
~言葉と文化交流で友好関係の強化を~
劉 徳有 氏
(中華人民共和国文化部元副部長)
平成28年5月 アジアと太平洋の未来について ラジモハン・ガンジー 氏
(平和活動家・歴史家・元上院議員)
矢野 弘典 氏
((公社)国際IC日本協会会長)

 

丸1平成27年度

対談年月 タイトル 対談者 対談時の写真
平成28年3月 これからの日本がなすべき美的な文化力の涵養と発信 大橋 良介 氏
(哲学者・日独文化研究所長)
東郷 和彦 氏
(京都産業大学世界問題研究所長、静岡県補佐官(対外関係担当))
平成28年3月 地域総がかりで静岡の美しい景観を未来につなぐ 武内 和彦 氏
(東京大学教授)
平成28年1月 食とスポーツが結ぶ日伊の絆 ドメニコ・ジョルジ 氏
(駐日イタリア大使)
平成27年12月 静岡県とスイス連邦
「世界の宝」を守り、活かしていくために
ウルス・ブーヘル 氏
(駐日スイス特命全権大使)
平成27年11月 世界の戦いが静岡で
~ラグビーワールドカップ2019日本大会に向けて~
清宮 克幸 氏
(ヤマハ発動機ジュビロ監督)
松井 純 氏
(静岡県ラグビーフットボール協会名誉会長)
平成27年9月 日本文化に根ざした「平和」の発信 梅原 猛 氏
(国際日本文化研究センター顧問)

役職は対談・鼎談当時

平成26年度以前の対談・鼎談はこちらをご覧ください

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?