• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 組織別情報 > くらし・環境部 > 環境局 > 環境政策課 > リニア中央新幹線建設工事に伴う環境への影響に関する対応

ここから本文です。

更新日:令和元年8月6日

リニア中央新幹線建設工事に伴う環境への影響に関する対応

南アルプス

大井川上流の西俣川

概要(これまでの経緯)

リニア中央新幹線は、国民生活及び経済社会を支える大動脈となるとともに、大規模災害時における防災力の強化に大きく寄与するものです。しかし、地質構造が類を見ないほど複雑で、大井川の源流となる南アルプスにおける、大深度での大規模トンネル工事は、水資源や自然環境への深刻な影響を与えるおそれがあり、多くの県民から不安の声が寄せられております。このため、静岡県では、環境影響評価における環境保全措置の内容等を検証する「中央新幹線環境保全連絡会議」を設置しました。「中央新幹線環境保全連絡会議」では、有識者等を委員とする2つの専門部会を設け、科学的根拠に基づき、大井川水系の水資源の確保及び自然環境の保全等に関してJR東海と対話を行ってきました。

平成30年12月28日、県からJR東海に対し、専門部会委員をはじめ利水者や関係市町等の質問事項をまとめた「水資源の確保及び自然環境の保全等に関する質問書」を提出いたしました。その後、質問事項に対するJR東海の回答について、専門部会を8回開催するなどして、JR東海との対話を行ってきました。

平成31年4月末をもって、質問事項に関する議論が一巡したことから、環境へのリスク評価や保全措置が不明確又は内容が十分ではない点について、県は令和元年6月6日に、「中央新幹線建設工事における大井川水系の水資源の確保及び水質の保全等に関する中間意見書」を取りまとめ、JR東海に提出を致しました。

静岡県としては、JR東海から誠意ある回答の提出がありましたら、速やかに専門部会において対話を再開してまいります。

(JR東海から提出された回答案に対する質問を令和元年7月30日にJR東海へ送付しました。)

リニア中央新幹線事業への対応状況について

リニア中央新幹線に関する静岡県の対応(PDF:1,325KB)

中央新幹線建設工事における大井川水系の水資源の確保及び水質の保全等に関する中間意見書(2019年6月6日)(PDF:250KB)

「中央新幹線建設工事における大井川水系の水資源の確保及び水質の保全等に関する中間意見書」に対する回答案(2019年7月12日)(PDF:1,059KB)

・静岡県中央新幹線環境保全連絡会議地質構造・水資源専門部会委員からの質問(令和元年7月30日)(PDF:116KB)

・静岡県中央新幹線環境保全連絡会議生物多様性部会委員からの質問(令和元年7月30日)(PDF:108KB)

・大井川利水関係協議会からの質問(令和元年7月30日)(PDF:153KB)

リニア中央新幹線事業に対する本県の組織体制

中央新幹線事業に対する“オール静岡”の組織体制(PDF:227KB)

リニア中央新幹線整備に係る大井川の水資源減少問題

リニア中央新幹線整備に係る大井川の水資源減少問題について

静岡県中央新幹線環境保全連絡会議

県中央新幹線環境保全連絡会議の過去の議事録は以下をご参照ください。

【環境保全連絡会議】

リニア中央新幹線事業に係る環境影響評価手続情報

【リニア中央新幹線事業に係る環境影響評価手続情報】




お知らせ

中央新幹線建設工事における大井川水系の水資源の確保及び水質の保全等に関する中間意見書に対する回答案に関する質問(令和元年7月30日)を掲載しました。(令和元年8月6日)


Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

くらし・環境部環境局環境政策課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2421

ファックス番号:054-221-2940

メール:kankyou_seisaku@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?