• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 組織別情報 > くらし・環境部 > 環境局 > 廃棄物リサイクル課 > 産業廃棄物関係,不法投棄撲滅対策関係 > 愛鷹山麓産業廃棄物不法投棄事案

ここから本文です。

更新日:平成31年3月19日

愛鷹山麓産業廃棄物不法投棄事案

1.事案の概要

(1)概要

  • 不法投棄の原因者は、平成4年から同地で中間処分業(焼却)を営んでいたが、平成12年1月頃から16年11月までの間、受け入れた産業廃棄物を沼津市愛鷹山麓に不法に埋め立てた。
  • 現場には、廃プラスチック類、木くず、紙くずなど約23万立方メートルが埋め立てられ、平成18年1月までに約2,400立方メートルが撤去されたのみであった。

(2)不法投棄場所

(3)不法投棄量

約23万立方メートル(ボーリング調査等による推定量)

(4)不法投棄が行われた時期

平成12年1月頃から16年11月まで

2.生活環境保全上の支障等

(1)概要

  • 平成16年度、緊急安全対策調査を実施。
  • 平成20年度、生活環境保全上の支障及び支障除去の工法に係る委託調査を実施。
  • 平成21年11月に廃棄物や地盤工学等の専門家を委員とする「愛鷹山麓産業廃棄物不法投棄支障評価・対策検討委員会」(以下「対策検討委員会」)を設置。
  • 平成21年から平成23年度にかけて、対策検討委員会からの求めで、追加調査を実施。
  • 平成23年11月2日、「現場南側に斜面崩落のおそれがある」等の指摘と「廃棄物の除去により斜面の崩落を防ぐ」対策等をとるように、県に対して提言がなされた。
  • 平成25年1月22日、行政代執行による産業廃棄物不法投棄支障除去工事に着手し、平成26年2月28日までにすべて終了。
  • また、残存する廃棄物による周辺環境への影響を把握するため、平成25年7月30日に廃棄物や水質等の専門家を委員とする「愛鷹山麓産業廃棄物不法投棄モニタリング検討委員会」を設置し、水質検査等のモニタリングを実施している。

(2)調査結果概要(ファイルにリンク)(PDF:107KB)

(3)対策検討委員会による報告書(ファイルにリンク)(PDF:3,018KB)

(4)対策検討委員会による提言(ファイルにリンク)(PDF:119KB)

3.原因者に対する責任追及

  • 不法投棄の原因者5名に対し、廃棄物の処理及び清掃に関する法律(廃棄物処理法)に基づき措置を命じた。
  • しかし、被命令者5名は、命令に定める期日を過ぎても着手しないことから、崩落等の「生活環境保全上の支障が生じまたは生ずるおそれ」を除去するため、行政代執行を実施。

4.対策(行政代執行による産業廃棄物不法投棄支障除去工事の実施)

(1)工事概要

  • 現場南側の斜面崩落防止のため、斜面安定化工事を実施した(法面勾配1時02分.4)
  • 掘削後に廃棄物を選別し、場外に搬出・処分した。
  • 雨水の浸透や侵食を防止するため、排水路を設置した。
  • ガスを大気中に放散するため、ガス抜き管を設置した。
  • 計画平面図、計画断面図(ファイルにリンク)(PDF:400KB)
工種区分とその概要

区分

数量

概要

掘削工 31,100立方メートル 南側斜面の崩落防止のため、斜面上部を排土。
選別工 43,500立方メートル 掘削による廃棄物混じりの土砂をふるい機で分別。
盛土工 5,300立方メートル 選別により生じた土砂を現場北側に盛土・整形。
覆土工 6,500立方メートル 掘削箇所の廃棄物露出を防ぐために覆土。
法面工 5,390平方メートル 掘削箇所及び盛土箇所の整形及び植生。
発生ガス対策工 4箇所 ガスを大気中に放散するため、ガス抜き管を設置。
雨水排水工 1,971メートル 雨水による地表侵食を防止するため、場内に排水路を敷設。
産業廃棄物処分 13,405立方メートル 選別後の廃棄物の運搬及び処分。

 

5.モニタリングの状況について

(1)概要

  • 対策検討委員会による提言に基づき、残存する廃棄物による周辺環境への影響を把握するため、モニタリングを実施している。
  • モニタリングの実施に当たっては、第三者委員会を設置し、モニタリングの項目、頻度等を決定するとともに、実施結果について評価を行っている。

(平成25年7月30日に廃棄物や水質等の専門家を委員とする「愛鷹山麓産業廃棄物不法投棄モニタリング検討委員会」を設置)

  • 平成25年度にモニタリングを開始し、これまでに生活環境保全上の支障またはそのおそれが認められる水質汚染や有害ガスの発生は認められていない。

(2)委員(ファイルにリンク)(PDF:64KB)

(3)モニタリング結果

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

くらし・環境部環境局廃棄物リサイクル課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-3810

ファックス番号:054-221-3553

メール:hai@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?