• 携帯電話向けページ
  • Other language
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • リンク集
  • サイトマップ
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 組織別情報 > くらし・環境部 > 環境局 > 自然保護課 > 自然保護課/野生生物 > 静岡県の鳥「サンコウチョウ」

ここから本文です。

更新日:平成24年1月27日

 

静岡県の鳥「サンコウチョウ」

静岡県の鳥「サンコウチョウ」

制定の動機

昭和38年3月に「鳥獣保護及狩猟ニ関スル法律(旧鳥獣保護法)」が制定され、その中で各都道府県で作成することとなった「鳥獣保護事業計画」の中で「県民鳥獣の指定」をすることが定められました。

制定の経過

静岡県では昭和39年2月から「県民鳥」指定に着手しました。
まず、鳥獣行政の諮問機関であった「静岡県鳥獣審議会」の委員や県内の野鳥の会、野鳥専門家等の学識経験者に意見を求め、日本全国に生息する約436種の中から、県民鳥としてふさわしい5種類の候補鳥を選定しました。

〈選定した5種類の候補鳥〉
サンコウチョウ、ヤマドリ、セキレイ、ヒバリ、オシドリ

これら5種類の候補鳥について、昭和39年7月1日~15日の間、新聞・ラジオ・テレビ等の報道機関を通じて県民に広報し、県民鳥の公募をしたところ、サンコウチョウが第1位となりました。
この結果を受け、「静岡県鳥獣審議会」の各委員に諮ったところ、全員の承認により、最も公募数の多かった「サンコウチョウ」が、静岡県の県民鳥として、昭和39年10月2日に決定されました。

サンコウチョウの形態と説明

分類
スズメ目カササギヒタキ科
生態
大きさはスズメくらいですが、雄鳥の尾の一部が特に長く、約30センチほどあります。
目の周囲とくちばしが美しいコバルト色をしています。
鳴き声が「月、日、星(つき、ひ、ほし)ほいほいほい」と聞こえることから、「三つの光の鳥」からサンコウチョウ(三光鳥)の名がついています。
習性
4月下旬頃に南方から渡来し、主に本州中部以西で繁殖します。
標高400~800メートル程度の山麓を好み、5~7月頃にやや薄暗い森林の中の地上2~6メートルくらいの三又・二又の枝の上に、木の皮や細い根などクモの糸で固めた逆円錐形の巣を作ります。
生息状況
開発による生息環境改変により、生息数減少の恐れがあります。
静岡県版レッドデータブックでは、準絶滅危惧種に位置づけられています。
越冬地である東南アジアの森林伐採の影響も心配されます。

県内の生息場所

平成6年から平成8年にかけて生息調査を行った結果は次のとおりでした。

中西部
標高の低い地域に集中、小笠山、浜名湖北側から天竜川、安倍川、大井川流域で確認されました。
富士山麓
低地から標高1,000メートル以上まで広く分布し、愛鷹山にも多くいました。
伊豆半島
海岸部分に分布しており、半島中央ではほとんど見られませんでした。

 

線

 

野生生物のページにもどる

自然保護課のトップページにもどる


 
   

お問い合わせ

くらし・環境部環境局自然保護課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2719

ファックス番号:054-221-3278

メール:shizenhogo@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?