• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 組織別情報 > くらし・環境部 > 環境局 > 環境ふれあい課 > 環境ふれあい課緑化班

ここから本文です。

更新日:令和2年11月13日

ここから本文です。

ようこそ環境ふれあい課緑化班へ

緑化班では、花と緑にあふれる魅力ある美しい暮らし空間の創造を目指し、県土の緑化を推進しています。

静岡県緑化推進計画の策定

「静岡県緑化推進計画」(平成30年3月策定)を基に、花と緑にあふれる魅力ある美しい暮らし空間の創造を目指し、県土の緑化を推進しています。

静岡県緑化推進計画(分割版)
表紙、目次(PDF:795KB)
序章(PDF:3,230KB)
第1章その1(PDF:2,572KB)その2(PDF:3,169KB)その3(PDF:3,035KB)その4(PDF:2,385KB)その5(PDF:2,959KB)
第2章(PDF:3,258KB)
第3章、参考資料(PDF:3,574KB)

静岡県緑化推進計画の進捗評価

計画の実効性を高めるため、学識経験者等からなる「静岡県緑化推進有識者会議」を設置して進捗状況の評価を行っています。
静岡県緑化推進計画の進捗評価のページ

花と緑の地域シンボル創造 

静岡県では、世界各地からの訪問者へ本県の魅力をアピールするため、駅前や観光地など多くの人々が行き交う場所に、地元の特性を活かした「花と緑の地域シンボル」を整備する地域を、平成30年度から公益財団法人静岡県グリーンバンクを通じて支援しています。(平成30年度は「花と緑のおもてなし空間整備」として実施。)

これまでに、平成30年度4箇所、令和元年度3箇所、令和2年度1箇所、計8箇所の整備を支援しました。

令和2年度新規整備箇所

韮山時代劇場周辺花壇
韮山時代劇場周辺(伊豆の国市)
(実施主体:花咲く伊豆の国推進協議会)

令和元年度新規整備箇所

大門橋東詰花壇
国道414号大門橋東詰(伊豆の国市)
(実施主体:花咲く伊豆の国推進協議会)

小山町オリンピックコース沿い花壇
オリンピック・ロードコース沿い(小山町)
(実施主体:東京2020オリンピック・パラリンピック小山町開催支援協議会)

修善寺駅北口モニュメント
修善寺駅北口(伊豆市)
(実施主体:伊豆市花と緑のおもてなし空間整備事業推進協議会)

平成30年度新規整備箇所

伊豆の国市おもてなし花壇全景
国道136号線反射炉入口交差点(伊豆の国市)
(実施主体:花咲く伊豆の国推進協議会)

三島市トピアリー
愛染院跡地(三島市)
(実施主体:三島市緑化運動推進協議会)

新富士駅フラワータワー
新富士駅富士山口(富士市)
(実施主体:みどりいっぱい富士市民の会)

修善寺駅ハンギング
修善寺駅南口(伊豆市)
(実施主体:伊豆市花と緑のおもてなし空間整備事業推進協議会)

 

1.緑化関係団体の活動支援

公益財団法人静岡県グリーンバンク

公益財団法人静岡県グリーンバンクは、静岡県の各地域に緑を増やすための資材(花苗、苗木等)の提供や、緑化のボランティアを育てる”緑の応援団”です。

公益財団法人静岡県グリーンバンク公式HP(外部サイトへリンク)

公益社団法人静岡県造園緑化協会

公益社団法人静岡県造園緑化協会は、造園・緑化樹木の整備、育成技術の研鑽に努め、公益法人として、様々な活動を行っています。
また、生垣についての情報発信や相談も行っています。

公益社団法人静岡県造園緑化協会公式HP(外部サイトへリンク)

2.芝生文化創造プロジェクト

静岡県では、平成24年1月に芝草検討委員会から出された『芝生文化創造プロジェクトのための提言』を受け、県民生活に芝生を取り入れ、“ふじのくに”の芝生文化の創造を図る『芝生文化創造プロジェクト』に平成24年度から取り組んでいます。プロジェクトは、「芝生緑化の促進」と「研究調査」の両輪により、県内に芝生地の拡がりを目指すこととしています。

芝生文化創造プロジェクトの主な事業

静岡県芝草研究所

“ふじのくに”発芝生文化創造プロジェクトのための提言
~芝生を活用した魅力ある“ふじのくに”の形成を目指して~

概要版(PDF:1,894KB)

全文(目次(PDF:504KB)本文(PDF:2,867KB)

誰にでもできるバミューダグラスによる園庭・校庭の芝生管理マニュアル 

芝草研究所の研究成果として「誰にでもできるバミューダグラスによる園庭・校庭の芝生管理マニュアル」を作成しました。

このマニュアルは、静岡県における幼稚園・保育所の園庭、学校の校庭を芝生化するにあたり、できる限り未知の部分をなくし、経験や勘に頼ることなく誰もが管理できることを願って作成したものです。少しでも多くの園庭・校庭が芝生化されること、そして、せっかく作った芝生がなくなってしまうのを防ぐためにお役立てください。

概要版(PDF:1,095KB)

全文(PDF:2,199KB)

日陰になりやすい場所でも成育する芝生の活用

芝生緑化では多くの場合「コウライシバ」や「バミューダグラス」が使われていますが、これらの芝種は日照要求量が比較的多いことから、日当たりの悪い場所では徐々に衰退してしまいます。

しかし、「セントオーガスティングラス」という芝種は耐陰性が高く、通常は芝生が育たない日光のほとんど当たらない場所でも生育できるという特長があるため、木陰や中庭など、日陰になりやすい場所での芝生化に活用することができます。

静岡県では、この日陰になりやすい場所でも生育できる特長を活用して「芝生休憩地」を整備する地域を、令和元年度から公益財団法人静岡県グリーンバンクを通じて支援しています。
令和元年度は2箇所(ふるさと体験の森ゆうゆうらんど(牧之原市)、長嶋茂雄ランニングロード(伊豆の国市))の整備を支援し、令和2年度は1箇所の支援を予定しています。

整備事例(ふるさと体験の森ゆうゆうらんど(牧之原市))

セントオーガスティン植栽直後
植栽直後(令和元年8月)
(点線より右)日陰になりやすい部分にセントオーガティングラスを植栽
(点線より左)残り部分にバミューダグラスを植栽

セントオーガスティン植栽1年後
植栽1年後(令和2年8月)
点線より右の日陰になりやすい部分もセントオーガティングラスで芝生に。

3.桜で彩る富士の景観づくり

静岡県では、「桜で彩る富士の景観づくり構想(平成21年1月)」に基づき、伊豆半島から富士山麓地域を新しい桜の名所に育て、交流人口の増大と地域振興を図るため、緑化関係団体と連携し、市町、地域住民等との協働により進めてきました。名所の整備については、平成24年度に終了し、現在は、維持管理に務めています。

桜で彩る富士の景観づくり構想

目次(PDF:111KB)

第1章~第2章(PDF:1,269KB)

第3章~第4章(PDF:6,435KB)

ぐるり富士・伊豆桜道

No.1~No.3(PDF:6,335KB)No.4~No.6(PDF:6,331KB)

No.7~No.9(PDF:8,153KB)No.10~No.12(PDF:2,878KB)

資料編

地域の桜名所(地図(PDF:3,763KB)桜名所情報(PDF:6,510KB)

その他資料(PDF:6,168KB)

4.県の木・県の花

県の木

県の花

5.緑化関係団体リンク

公益財団法人静岡県グリーンバンク(外部サイトへリンク)

公益社団法人静岡県造園緑化協会(外部サイトへリンク)

静岡県さくらの会

静岡県花の会連合会(外部サイトへリンク)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

くらし・環境部環境局環境ふれあい課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2849

ファックス番号:054-221-2940

メール:fureai@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?